情報検索

E422 - OCLC,図書館の認知に関するレポートを発表

OCLCは,12月6日,『図書館と情報資源についての認知度』と題するレポートを公開した。このレポートは,『2003 OCLC Environmental Scan』(E177参照)を受けて,情報消費者(information consumers)の情報探索行動,図書館に対する意識を調査したもので,英語を公用語とする6か国約3,300人にオンラインでア…

CA1098 - 「分類」の新たな役割 / 中井万知子

長らく図書館の名脇役として並ぶところのなかったカード目録も早々に表舞台を去り,その裏方たち―整理技術のツール類も,新天地で新たな技を発揮できるかどうか,今曲がり角にいる。分類法も例外ではない。すでに2年前のことになるが,1994年10月,第36回アラートン集会(イリノイ大学図…

CA1077 - 商業ドキュメントデリバリーサービスと大学図書館 / 飯倉忍

近年,雑誌の購入価格は高騰を続けているのに対して,図書館の資料費は伸び悩み,結果として研究者が必要とする雑誌の購入が次第に困難になってきている。そのため資料費の高騰についていけない図書館では,より優れた図書館間貸出し(ILL)サービスやドキュメントデリバリーサービスへ…

CA1067 - 挑戦?むしろ好機である−中国における情報検索の情況− / 嶋田真智恵

中国は現在,情報検索(IR=Information Retrieval)の進歩にむけて,日々邁進しているように思われる。「中国での社会的流れは,IRの進歩・普及を促進する方向になっている」(Minzu, et al., p. 66)と述べられる様に中国では積極的にIRの開発を進めていこうという意気込みが感じられる。特に,第8次5…

E412 - 欧州図書館ポータルサイト,検索システムの課題

欧州図書館(TEL;CA1556,E312参照)は,5月から6月にかけてTELポータルサイトの利用者を対象としたアンケート調査を実施したが,先ごろ,TELおよび調査を請け負ったIRN Researchのプレスリリースにおいて,その結果が報告された。これによると,多くの回答者がTELの利便性を評価している一方,約4…

CA1003 - NAILDDプロジェクト:ILLの再構築に向けて / 竹内秀樹

米国研究図書館協会(ARL)情報資源アクセス委員会のもと,ILL(相互貸借)・文献提供サービスの再構築に向けて,NAILDDプロジェクト (North American Interlibrary Loan and Document Delivery Project)が進行している。ARL加盟館,文献提供業者,ベンダーなどが参加し,1993年に開始された。近年,資源共有の考…

E347 - 図書館のコンテンツへのナビゲーションをめぐる動き

米トムソン・ゲール社は,6月16日,図書館を通じた一般市民への電子コンテンツ提供サービスを試験的に開始すると発表した。これは,ウェブサイトAccessMyLibrary.comから,ゲール社が図書館と契約して提供している電子ジャーナルなどのコンテンツを検索できるようにしたサービスで,利用者は検…

E340 - Google Printの巻き起こす波紋

5月26日,書籍本文検索サービスGoogle Printが試験公開された。当初,出版社向けプログラムとして始まった同事業は,その後,Google Print for Librariesとして大規模な図書館蔵書のデジタル化計画(E285参照)を打ち出したことから,様々な波紋を呼び起こしている。Google Print for Librariesでは,著作権の…

CA954 - OPACにおける主題検索の現状と将来 / 谷口純子

国立国会図書館図書館研究所の調査研究プロジェクト「主題情報の組織化とユーザー・インターフェイス」のワークショップが,6月9日,OPACにおける主題検索の現状と将来をテーマに,60名の参加のもと開催された。平野美恵子主査によるプロジェクトの概要説明の後,研究班のメンバー3人が研…

E335 - Yahoo!が動画検索サービスを本格開始

ウェブ上の動画コンテンツには通常の検索エンジンでは探しきれないものもあるが,このサービスでは,Yahoo!が独自に進めるRSS2.0拡張規格“Media RSS”に対応した形式で配信されたメタデータとテキスト形式で入力された検索語とを照合することで検索を行う。動画を検索するサービスは,Google…

ページ