情報検索

「あのひと検索SPYSEE2」公開

2016年8月17日、株式会社オーマが、ウェブ上の情報から人物間のつながり等を可視化する検索エンジン、「あのひと検索SPYSEE2」を公開しました。2008年に公開された「あのひと検索SPYSEE」の新バージョンです。

同サービスでは著名人の氏名等で検索すると、その人物と関係する人物の相関図や、プロフィール、関連キーワード等を閲覧することができます。インターネット上での共起関係に基づく独自アルゴリズムに、機械学習・人工知能技術を加えて、人物同士のつながりの強さや人物とキーワードのつながりの強さを算出しているとのことです。

あのひと検索SPYSEE2
http://spysee2.jp/

有名人の人間関係が丸分かり!? AI搭載の人物検索「あのひと検索SPYSEE2」公開(ITmediaニュース、2016/8/17付け)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/17/news065.html

トロント公共図書館のウェブサイトでの検索状況を表示する“Search Dashboard”(記事紹介)

2016年7月20日付の、Torontoistの記事などで、カナダのトロント公共図書館が、“Search Dashboard”というウェブサイトを開設したことが報じられています。

“Search Dashboard”は、Google analyticsのAPIを活用し、同館のウェブサイト(torontopubliclibrary.ca)で検索されている言葉が、、使用されるブラウザのアイコンとともに表示されるというもので、同館のIan Strang氏によって開発されました。

Search Dashboard(Toronto Public Library)
http://dashboard.tpllabs.ca/index.html

You Can See What Toronto Library Patrons Are Searching For In Real Time(Torontoist, 2016/7/20)
http://torontoist.com/2016/07/what-toronto-public-library-patrons-search-for-in-real-time/

国立国会図書館サーチ、J-STAGEのメタデータのAPI提供を開始

国立国会図書館サーチに収録されているJ-STAGEのデータについて、外部提供インタフェース(API)により、データの検索とハーベストが可能となりました。

データの検索は、SRU、SRW、OpenSearch、Z39.50、ハーベストは、OAI-PMHの各APIで可能です。また、対象となるデータ件数は約250万件、OAI-PMHでのデータの起点日(datestamp)は2016年6月23日です。

ただし、定期的なデータの更新は、2016年度下半期に開始する予定です。 

「J-STAGE」メタデータのAPI提供を開始しました(2016年6月27日)(国立国会図書館サーチ, 2016/6/27)
http://iss.ndl.go.jp/information/2016/06/27_announce_1/

参考:
国立国会図書館サーチ、全国書誌データのOAI-PMH形式での提供を開始
Posted 2014年3月26日
http://current.ndl.go.jp/node/25770

国立国会図書館の「NDL新着図書情報」、API(OAI-PMH)による提供を開始
Posted 2011年7月4日
http://current.ndl.go.jp/node/18579

E1759 - NDL,技術文書「OAI-PMHの要点」を公開

世界のデジタル化美術史関係資料へのアクセスプラットフォーム“Getty Research Portal”が4周年を迎え、リニューアル

2016年6月14日付のゲティ財団のブログで、世界のデジタル化美術史関係資料へのアクセスプラットフォームである“Getty Research Portal”がリニューアルされたことが発表されています。

デザインを使いやすくしたほか、
・デジタル化されたテキストそれぞれに固有のページを設け、リンクを共有できるように
・レスポンシブウェブデザインに(携帯電話やタブレットに対応)
・追加コンテンツを強調表示
・日付や言語などによるフィルターを追加
・図書の版を詳細化

といった改善が加えられたようです。

米国シカゴ美術館のライヤーソン & バーナム図書館、イタリアのヘルトツィアーナ図書館、ドイツのヴォルフェンビュッテルにあるHerzog August図書館、米国ヒューストンにあるメニル・コレクションのメニル図書館など、6機関がポータルに加わったことも発表されています。

ポータルは開設から4周年を迎えており、現在10万点以上が利用可能となっていることが発表されています。

Getty Research Portal
http://portal.getty.edu/

『インターネットで文献探索』2016年版が公開

図書館資料に関連するウェブサイトやデータベースの情報をまとめた『インターネットで文献探索』の2016年版(2016年5月出版)が、実践女子大学所属の伊藤民雄氏によるウェブサイト「図書・雑誌探索ページ」で公開されています。

インターネットで文献探索 2016年版
http://biblioguide.net/inet2016/

図書・雑誌探索ページ
http://biblioguide.net/index.html

参考:
『インターネットで文献探索』2013年版がプレ公開
Posted 2013年5月1日
http://current.ndl.go.jp/node/23437

オーストラリア国立図書館の情報探索システム“Trove”とORCIDの連携開始から1年(記事紹介)

2016年5月31日、オーストラリア国立図書館(NLA)が、同館の情報探索システム“Trove”とORCIDの連携開始から1年が経過したことに際し、成果、改善点等をブログで紹介しています。

2015年にORCIDとの連携がはじまった当初は、Troveにおいて識別されていたオーストラリアの研究者は2,000名強であったものの、現在約1万2,000名にまで増加しているとされています。

まず、成果としては、従来、Troveにおける研究者のバイオグラフィーに追記することは難しかったものの、現在は、研究者がNLAに連絡をしてきた場合、ORCIDのプロフィールを作成、充実してもらうよう勧めており、ORCIDのレコードが数日後にTroveに反映されるようになっていること、また、2月にリリースされたTrove7.0の新機能である‘Related To’ のファセットによってORCIDのレコードを大学ごとに絞り込むことができるようになったことが紹介されています。

次に改善点として、人文学分野の研究者の識別(自然科学分野の研究者以外を識別するのが難しい現状にあること)、メルボルン大学のように、成果物のレコードにORCIDを含めることが、オーストラリア国内の他の大学でも始められることを期待していること、などが挙げられています。

米・ITHAKA S+R、教員の情報行動に関する定期調査報告(2015年版)を公開

2016年4月4日、米国のITHAKA S+Rが、米国の高等教育機関の研究者の情報行動の変化についての定期調査の2015年版を公開しました。

2000年に開始した同調査は、3年ごとに実施しており、今回の調査では、

・2012年の調査から反転し、研究者が調査を行なうに当たっての図書館のカタログやウェブサイトの重要性が高まっている
・学部学生が、調査、批評的分析、情報リテラシー能力を習得するのを助ける図書館の役割の重要性への認知度の大幅な増加
・教員は、彼らが所属する大学内外の他の組織からの支援よりも彼ら自身で自分が作成したデータを保存・管理できるツールを好む
・教員が単行書を利用する場合の多くは、電子フォーマットより紙媒体のものを好む

ということが明らかになったとのことです。

また、今回の調査では、初めて、医学部の教員を対象に含めたとのことで、時には、社会科学や物理学の研究者と同様の情報行動をとるが、しばしば、ユニークな方法で情報行動を行なうと指摘されています。

Tracking Trends in Faculty Research, Publishing, and Teaching
The Ithaka S+R US Faculty Survey Findings Released(ITHAKA S+R,2016/4/4)

学術文献を利用者はどのように発見しているのか

学術出版に関するコンサルティングを手掛ける英国のSimon Inger Consulting社が、学術文献を利用者はどのように発見しているのか、その行動の過去10年間の変遷をまとめたレポート”How Readers Discover Content in Scholarly Publications”を2016年3月付けで公開しています。レポートの著者は同社のTracy Gardner氏とSimon Inger氏です。

このレポートは2015年10~12月にかけて、学術文献の読者40,439名を対象に実施した学術論文や電子書籍の探索行動に関する質問紙調査の分析結果等を、2005年、2008年、2012年に実施した同様の調査の結果と比較しつつまとめたものです。調査の結果から、以下の点等が明らかになったとされています。

・文献を探す際に、まず抄録索引データベースを使う者の割合は未だ多いものの、大きく減少してきている。

・発見された学術論文の半数以上は無料で入手できる版になってきている。医学分野においてはPMCの影響が大きい。低所得国においては、ソーシャルメディアが無料の論文の入手手段となっている。

・コンテンツの発見におけるソーシャルメディアの役割が増してきている

J-GLOBALがリニューアル 機関IDの搭載、詳細検索機能の追加等がなされる

2016年3月28日、科学技術振興機構(JST)の科学技術情報探索サービス”J-GLOBAL”がリニューアルされました。

JSTの発表によれば、リニューアルの主な内容は「(1) 化学物質情報を日本化学物質辞書相当に拡充」、「(2) 資料情報をJST資料所蔵目録Web探索システム(OPAC)相当に拡充」、「(3) 著者の所属機関や特許出願機関を識別する機関IDを搭載」、「(4) 詳細検索(目的別検索)機能を追加」の4点です。

「J-GLOBAL」をリニューアル(JST、2016/3/28付け)
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1173/index.html

参考:
「JST資料所蔵目録」(JST-OPAC)、J-GLOBALへの移行は3月末
Posted 2016年2月12日
http://current.ndl.go.jp/node/30710

ページ