アジア

E465 - アジアの発展途上国の著作権法と知識へのアクセスの保障状況

発展途上国にとって,知識へのアクセス(A2K;E378参照)は発展に不可欠な要素である。世界115か国250団体超の横断的組織である国際消費者機構(Consumers International)は,2月20日,ブータン,カンボジア,インドネシアなどアジアの発展途上国11か国の著作権法がA2Kをどの程度保障しているかを調…

CA1570 - インド洋大津波による図書館,文書館被害と今後の課題 / 坂本勇

1. 図書館,文書館資料の命運 営々と築かれてきた図書館,文書館の貴重で多様な収蔵品群。これらの貴重な収蔵品群が2004年12月に発生したインド洋大津波(E282参照)で目の前から消え去ってしまった。州立図書館(旧国立地方図書館)に寄贈されたばかりの新しい図書館巡回バスも流されてし…

CA1540 - フィリピン・ライブラリアンシップ法−専門職の法による確立− / 北村由美

はじめにフィリピンでは,1990年9月の共和国法第6966号によって,司書が専門職として定義され,司書の職務内容が法制化された。その結果,新規採用の司書は,図書館情報学分野の学位取得と国家試験合格が義務になり,司書職は他の専門職と同列に扱われるようになった。通称フィリピン・ラ…

<p>

CA1532 - アジア諸国におけるインターネットの普及と諸要因 / 池田功一

1. はじめに1997年に0.5%にも満たなかったアジアのインターネット普及率は,2000年には3.1%,2004年には6.7%と順調な伸びを見せている。また,インターネットの利用者数が北米やヨーロッパを超えるとするデータもあり,アジアでのインターネットの普及は,世間一般に言われる通り,近年目…

CA1310 - アフガニスタンの図書館事情 / 熊谷尚子

アフガニスタンは1978年の軍事クーデター以降,ソ連の侵攻,ゲリラ組織の対立を経て1996年にタリバーンが支配権を握るまで,長い間混乱が続いた。社会・経済は破綻し国内外に300万もの難民を出している。そうした状況を反映して図書館も公共・私立を問わず深刻なダメージを受けた。以下,…

CA1256 - アジア・オセアニア地域国立図書館への窓口−CDNLAO Website− / 枝松栄

かねがねオーストラリア国立図書館のホートン(W. Horton)館長が地域内の活動を活性化すべく提唱していたアジア・オセアニア地域国立図書館長会議(Conference of Directors of National Libraries in Asia and Oceania,以下CDNLAO)のウェブサイト(使用言語は英語)が公開された。昨年11月,パプアニューギニア…

CA1208 - バングラデシュの図書館学教育 / 鈴木康之

1947年に英領インドがインドとパキスタンに分離独立したとき,ベンガル地方の東部は,東パキスタンとしてパキスタンの一部となった。しかし,英領インドにおける図書館活動の中心であったカルカッタをはじめとする,工業化の進んだ西ベンガル地方がインド領となったため,独立当初の東パ…

CA1084 - 香港中央図書館建設計画 / 岡村志嘉子

香港の公共図書館整備計画の一環として,1999年に香港中央図書館を完成させる計画が,このほど市政局から発表された。銅鑼湾摩頓台(コーズウェイ・ベイ・モートン・テラス)に建設が予定されている香港中央図書館の総工費は5億3000万香港ドル(約76億円),12階建,延床面積3万3800m2という…

E451 - キルギス国立図書館に対する各国・機関からの支援

キルギス国立図書館は2005年12月25日,日本からのODA無償資金37万ドル(約4,400万円)によって購入した機材を元に,マイクロ化センターおよびマイクロ資料室を開設した。同館は学位論文,発明・特許の目録など約13万点のマイクロ資料を所蔵しているが,歴史的に重要な文書遺産の保存と,広範…

CA1005 - 中国語文献データベース国際セミナー / 西田元子

1995年2月27日から3月4日まで,中国広州の中山大学で中国語文献データベース国際セミナーが開催された。中国国家教育委員会文化文献情報センター,中山大学,OCLCの三者が主催し,広東省中山図書館,広州図書館,深■[■は土偏に川]大学図書館,深■図書館が共催,アメリカの嶺南基金会の…

ページ