古典籍

E2360 - East Asia Digital Library(EADL)β版公開と今後の展望

East Asia Digital Library(EADL)は,東アジアの文化・学術資源を対象とするポータルサイトである。韓国国立中央図書館(NLK)が主体となって構築・運営しており,国立国会図書館(NDL)は参加館として協力している。本稿では,2020年12月17日にβ版を公開したEADLの構築に至る背景,構築体制,機能概要,今後の展望について紹介する。

米国議会図書館(LC)アジア部所蔵の日本古典籍に関するデジタル画像コレクション“Japanese Rare Book Digital Collection”(記事紹介)

2021年2月17日付で、米国議会図書館(LC)が、同館の地域研究(Area Studies)に関する4部門が運営するブログ“4 Corners of the World”において、2020年12月に公開を開始した“Japanese Rare Book Digital Collection”の紹介記事を掲載しています。

“Japanese Rare Book Digital Collection”は、LCのアジア部が所蔵する日本古典籍のデジタル画像コレクションです。2021年2月時点で、『源氏物語』の写本、奈良絵本の4作品、日本で作成され研究者による序や注釈を一部含む漢籍の写本など、大半が江戸時代以前に成立し希少性の高い日本古典籍35作品を収録しています。ブログ記事は、コレクションのオンライン公開に当たって新たに25作品がデジタル化されたことに触れながら、収録作品の特徴・背景等を紹介する内容です。

E2353 - みんなで翻刻:歴史資料の市民参加型翻刻プラットフォーム

新しい知識・情報の創造という図書館・ライブラリーが果たす役割を実現していることや,古文書を読める世代を失いつつある結果,それらを死蔵しかねない状況の図書館にとって存在意義が大きいとしてLibrary of the Year 2020 の大賞を受賞した『みんなで翻刻』は,インターネットを通じて誰もが参加できる歴史資料の翻刻プラットフォームである。「翻刻」とは歴史学の用語で,古文書や古典籍など歴史文献資料に書かれた文字を活字に起こし,史料集として刊行したり,データベース化してオンライン公開したりする作業のことを指す。日本には江戸時代以前から伝来する大量の文献資料が保存されており,近年はこれら資料のデジタル化も急速に進められている。しかしテキスト化された歴史資料は全体のごく一部に過ぎないため,全文検索が適用できないなど効果的な利活用が困難な状況にある。『みんなで翻刻』は,多数の参加者の協力を募ることでこれら文献資料の大規模なテキスト化を実現し,歴史資料の利活用促進につなげることを目的としたプロジェクトである。翻刻されたテキストはCC BY-SAライセンスで公開され,出典を明示すれば自由に利用できる。

北里大学東洋医学総合研究所、「漢方テキスト複合検索データベース」を公開

2021年2月9日、北里大学東洋医学総合研究所(東京都港区)は、同研究所の医史学研究部が「漢方テキスト複合検索データベース」を公開したことを発表しました。

「漢方テキスト複合検索データベース」は、同研究所の星野卓之研究員を研究代表者とする科学研究費助成事業(基盤研究(C))「写本群電子テキストを用いた日本漢方独自化についての研究」の研究成果です。同研究では、江戸期以前の本草書・中国医書の写本について、年代・医派に分けた内容分析・引用解析・テキスト化などが行われ、研究対象としたテキストを複数語で検索可能な同データベースが構築されました。

新着情報(北里大学東洋医学総合研究所)
https://www.kitasato-u.ac.jp/toui-ken/new/index.html
※2021年2月9日欄に「医史学研究部「漢方テキスト複合検索データベース」を公開しました。」とあります。

慶応義塾大学附属研究所斯道文庫、デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」内の「全文影像データベース」をIIIF版に移行したと発表

2021年2月4日、慶応義塾大学附属研究所斯道文庫が、デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」内の「全文影像データベース」をIIIF版に移行したと発表しています。

ただし、一部の書目(宋版大蔵経・同大般若波羅蜜多経)については、2021年度中の移行を予定しているとしています。

また、移行に伴い、画像の利用許諾条件の表示内容を変更したと説明されています。

デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」の改修について(斯道文庫,2021/2/4)
http://www.sido.keio.ac.jp/info/index.php#132

宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧―― 書誌書影・全文影像データベース ――
http://db.sido.keio.ac.jp/kanseki/T_bib_search.php

【イベント】みんなで翻刻サミット(2/15・オンライン)

2021年2月15日、「みんなで翻刻サミット」がオンラインで開催されます。

翻刻参加者、資料提供機関、システム開発者、研究者等、「みんなで翻刻」に関わるステークホルダーによる、取組や課題の共有、今後必要な取組やシステムについての議論が行われます。

参加を希望する場合は、事前の申し込みが必要です。

当日の主なプログラムは以下の通りです。

・MLAとみんなで翻刻
井上真実氏(皇學館大学附属図書館)
與那覇政輝氏(琉球大学附属図書館)
中村美里氏(東京大学総合図書館)
菊池信彦氏(関西大学アジア・オープン・リサーチセンター)
柳沢芙美子氏(福井県文書館)

・質疑応答・コメント・アイデア出し
コメント:岡本真氏(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)

・テクノロジーとみんなで翻刻
高橋菜々子氏(東京学芸大学附属図書館)
永崎研宣氏(人文情報学研究所)
カラーヌワット・タリン氏(人文学オープンデータ共同利用センター)

・開発者から
加納靖之氏(東京大学地震研究所)
橋本雄太氏(国立歴史民俗資料館)

関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)、『廣瀬本万葉集』の翻刻およびTEIマークアッププロジェクトの成果を公開

2021年1月29日、関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)が、『廣瀬本万葉集』の翻刻およびTEIマークアッププロジェクトの成果の公表を発表しました。

KU-ORCASの研究ユニット「古典籍の情報資源化」による、同大学総合図書館が所蔵する『廣瀬本万葉集』のデジタル化資料を用いたプロジェクトです。

2020年度の成果として、『廣瀬本万葉集』巻2に収録されている歌のうち、旧国歌大観番号85から140までのTEI/XMLデータが、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BYのもとKU-ORCASのGitHub上で公開されています。

『廣瀬本万葉集』の翻刻およびTEIマークアッププロジェクトの成果を公表しました(KU-ORCAS, 2021/1/29)
https://www.ku-orcas.kansai-u.ac.jp/news/20210129_758/

東京学芸大学附属図書館のデジタルアーカイブ「学びと遊びの歴史」、みんなで翻刻との連携を開始

2021年1月29日、東京学芸大学附属図書館は、同館のデジタルアーカイブ「学びと遊びの歴史」が「みんなで翻刻」に参加したと発表しました

「みんなで翻刻」のウェブサイト内に、「学びと遊びの歴史」搭載のデジタル画像データの翻刻プロジェクトを立ち上げたものです。

デジタル公開資料の解読を進めることに加え、同館の教育史を中心とした資料に広く親しんでもらう機会とすることを目的としたもので、今後も継続的に新規資料を掲載していく予定としています。

本学デジタルアーカイブ「学びと遊びの歴史」が「みんなで翻刻」に参加しました(東京学芸大学附属図書館,2021/1/29)
https://library.u-gakugei.ac.jp/notice/20210129.html

東京学芸大学「学びと遊びの歴史」を翻刻!(みんなで翻刻)
https://honkoku.org/app/#/projects/gakugei/info

琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ、みんなで翻刻との連携を開始:琉球・沖縄関係の資料を翻刻するプロジェクト「琉球・沖縄の世界を翻刻する」を実施

2021年1月6日、琉球大学附属図書館は、同館が運営する「琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ」と「みんなで翻刻」とが連携を開始したと発表しています。

同デジタルアーカイブに搭載されている琉球・沖縄関係の資料を翻刻するプロジェクト「琉球・沖縄の世界を翻刻する」を行うもので、現在、「ハワイ大学所蔵阪巻・宝玲文庫」や「仲原善忠文庫」からの資料143点の画像が翻刻対象資料として提供されています。

翻刻されたテキストデータは、同デジタルアーカイブで活用する予定としています。

みんなで翻刻との連携を開始しました!(琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ,2021/1/6)
https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/news/2021-01-06

E2331 - 日本古典籍研究国際コンソーシアムの設立について

2020年11月1日,国内外58機関(国内28,海外30)の参加を得て,日本古典籍(19世紀までの日本で作られた書物の総称)を対象とした世界初のコンソーシアムである「日本古典籍研究国際コンソーシアム」(英名Global Consortium for Japanese Textual Scholarship)が設立された。

ページ