多文化・多言語サービス

【イベント】日比谷図書文化館等、世界の図書館シリーズ第4回「図書館での教育活動とは何か?―これからの公共図書館の課題、マンハイム市立図書館の実例に即して―」を開催(6/18・東京)

2015年6月18日、千代田区立千代田図書館、日比谷図書文化館、ドイツ文化センターは、「世界の図書館シリーズ第4回<ドイツ>」として、「図書館での教育活動とは何か? これからの公共図書館の課題、マンハイム市立図書館の実例に即して」の講演会を実施します。ドイツのマンハイム市立図書館長のベルント・シュミット-ルーエ氏による講演とのことです。

マンハイム市立図書館は、特に市民教育活動、多言語対応、読書支援などに力を入れ、学校と密接に協力して活動していて、かつ子どもや若者向けの向けの多文化プログラムを年間通して実行しているとのことで、同館館長がその取組みと将来の展望を語り、参加者とともに図書館での教育活動について意見交換をする、という内容になるようです。

マンハイム市立図書館長講演会「図書館での教育活動とは何か?」(千代田区立千代田図書館)
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20150512-16331/
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/files/event/germany_library_leaflet.pdf
※2つ目のリンクはイベントに関するパンフレットです。

催し物カレンダー(東京ドイツ文化センター)

国立国会図書館のアジア情報室通報、「オーストラリアの図書館における多文化サービス--ニュー・サウス・ウェールズ州を例に」「中華圏の図書館のオンラインレファレンス」等の記事を掲載

国立国会図書館(NDL)は、「アジア情報室通報」の第13巻第1号(2015年3月号)をウェブサイトに掲載しました。本号では、、「オーストラリアの図書館における多文化サービス--ニュー・サウス・ウェールズ州を例に」と題する記事、レファレンスツール紹介37として「中華圏の図書館のオンラインレファレンス」と題する記事が掲載されています。

オーストラリアの図書館における多文化サービス--ニュー・サウス・ウェールズ州を例に(アジア情報室通報 13巻1号)
https://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin13-1-1.php

中華圏の図書館のオンラインレファレンス(レファレンスツール紹介37)(アジア情報室通報 13巻1号)
https://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin13-1-2.php

Pew Research Center、米国におけるヒスパニック系住民による図書館利用に関する調査報告書を公表

2015年3月17日、米国調査機関Pew Research CenterのPew Internet & American Life Projectが、米国におけるヒスパニック系住民による図書館利用に関する調査報告書“Public Libraries and Hispanics”を公表しました。

この報告書は、2013年7月18日から9月30日にかけて実施された、739人のヒスパニック系住民を含む、16歳以上の米国在住者6,224人を対象とした電話調査のデータを利用しているとのことです。

Public Libraries and Hispanics(Pew Research Center, 2015/3/17)
http://www.pewhispanic.org/2015/03/17/public-libraries-and-hispanics/

Public Libraries and Hispanics(PDF:38ページ)
http://www.pewhispanic.org/files/2015/03/2015-03-17_hispanics-libraries_FINAL.pdf

参考:
E1519 - 米国民はどれほど公共図書館に価値を置いているのか
No.251 2013.12.26

IFLA、“IFLA/UNESCO Multicultural Library Manifesto Toolkit”を公開

国際図書館連盟(IFLA)が、“IFLA/UNESCO Multicultural Library Manifesto Toolkit”を公開しました。図書館が「IFLA/UNESCO多文化図書館宣言」を適用するために必要な実践的アプローチを提供する、2014年に作成されたツールキットとのことです。

IFLA/UNESCO Multicultural Library Manifesto ToolKit(IFLA, 2015/1/4)
http://www.ifla.org/node/9284

What is the IFLA/UNESCO Multicultural Library Manifesto and Toolkit?(IFLA)
http://www.ifla.org/node/8975

IFLA/UNESCO 多文化図書館宣言(日本語訳)(PDF)
http://www.ifla.org/files/assets/library-services-to-multicultural-populations/publications/multicultural_library_manifesto-ja.pdf

参考:
IFLA、多文化図書館マニフェストを制定
Posted 2008年5月2日

世界の情報リテラシーに関する情報源をまとめたレポートの第2版が公表

ユネスコ(UNESCO)による、世界の情報リテラシーに関する情報源をまとめたレポート“Overview of information literacy resources worldwid”の第2版が公表されています。2013年の初版では42種類の言語、第2版では、その2倍以上の数の言語毎に、情報リテラシーに関する図書や雑誌、ウェブサイト等の情報源がまとめられています。

Overview of information literacy resources worldwid
http://albertkb.nl/mediapool/60/608240/data/UNESCO_Composite_Document_-_FINAL_-_2.compressed.pdf
※第2版

via:
New Online: Second Edition of “Overview of Information Literacy Resources Worldwide” (Free Publication)(infoDOCKET, 2014/10/8)

Europeana、検索語を6つの言語に自動翻訳する機能をリリース

2014年8月13日のEuropeanaのブログで、Europeanaの新しい検索機能が紹介されています。Europeanaのコンテンツは、欧州で使用されている30から40もの言語で記述されているとのことです。これまでは、英語の"Marc Antony"で検索しても、ドイツ語の"Marcus Antonius"で書かれたコンテンツはヒットせず、検索もれが発生していたとのことです。

そこで、Europeanaでは、検索語を最大で6つの言語に自動翻訳して検索する機能を追加したとのことです。この機能を有効にするには、Europeanaのサイトで、左上の"My Europeana"をクリックし、次いで"Language settings"をクリックして、言語設定ページを表示させ、検索時に入力する言語と検索語として自動翻訳される言語を6つまで指定し、設定を保存します。

検索結果には、検索に使用された自動翻訳の検索語も表示され、不要な検索語を削除することで、容易に検索結果を絞り込むことも可能なインタフェースとなっています。

人名、地名、主題やトピックの名称、歴史の年代名などの検索で有効に機能するとのことです。

Improving search across languages(Europeana blog, 2014/8/13)

【イベント】平成25年度 京都大学図書館機構 講演会 「大学のグローバル化における図書館の役割 -留学生サービスから考える」(12/11・京都)

2013年12月11日13時30分から17時まで、京都大学図書館機構の主催による京都大学図書館機構講演会「大学のグローバル化における図書館の役割 -留学生サービスから考える」が開催されます。

この講演会では、大学のグローバル化をめぐる昨今の変化と現状の課題を概観し、その中でも特に留学生に対する支援サービスについて考えるとのことです。

京都大学国際交流センター センター長である森眞理子教授ほかの基調講演に続き、東北大学附属図書館の横山美佳氏ほかによる東北大学の留学生協働による学習支援についての講演が行われ、次いで、基調講演の講演者に加えて京都大学の留学生等が参加するパネルディスカッションが開催されるとのことです。

場所は京都大学附属図書館3階ライブラリーホールで、参加費は無料ですが、参加にあたっては事前に申し込みが必要とのことです。

なお、当日講演会の映像は映像配信サービスUstreamで公開し、映像記録は京都大学OCWにて、資料記録は京都大学学術情報リポジトリKURENAIで保存・公開される予定とのことです。

図書館機構 : 平成25年度 京都大学図書館機構 講演会 「大学のグローバル化における図書館の役割 -留学生サービスから考える」

Acapela Group、サーミ語の音声変換の開発を開始

2013年11月21日、30以上の言語の音声変換を取り扱うAcapela Groupは、サーミ語のテキストの音声変換の開発を行うと発表しました。

サーミ語は、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンの北部で話される言語で、多くの方言がある中、Acapela Groupは、最も言語人口が多い北部サーミ語(20,000人)を選択し、音声変換の開発を行うとのことです。これは、少数言語であるサーミ語の保護のため、サーミ人の代表機関であるサーミ議会が主導するプロジェクトの一環であるとのことです。

2013年11月に音声変換システムの開発を開始し、2014年10月に製品がリリースされる予定とのことです。

Living spoken heritage: Acapela will add Sami to its language portfolio
http://www.acapela-group.com/living-spoken-heritage-acapela-will-add-sami-to-its-language-portfolio--2312-speech-synthesis.html

Your Voice expert(Acapela)

スイス国立図書館のデータベース“HelveticArchives”の検索インターフェースが4言語対応、同館のデータベースでは4つ目

スイス国立図書館が、同館のデータベースであるHelveticArchivesが4言語(ドイツ語、フランス語、イタリア語、英語)に対応したと発表しています。同館のデータベースとしてはこのレベルの4言語対応は、4つ目の事例となるようです。

このデータベースでは、同館のSwiss Literary Archivesのコレクションなどが検索できるようです。

HelveticArchives search interface now in four languages(スイス国立図書館、2013/7/22付け)
http://www.nb.admin.ch/aktuelles/03147/04266/04380/index.html?lang=en

HelveticArchives
https://www.helveticarchives.ch/suchinfo.aspx
※検索画面

国際図書館連盟(IFLA)がフランス語版ウェブサイトを公開

2013年7月8日に、国際図書館連盟(IFLA)が、フランス語版ウェブサイトを開設しました。

すでにIFLAのポリシーやガイドラインなどはIFLAが公式に採用している7か国語に翻訳されていますが、今回のフランス語版の作成は、主に既存の仏語翻訳コンテンツへのアクセスを改善するために行われたとのことです。

なお、IFLAの多言語アクセス化はフランス語に先立ち、すでにスペイン語で実施されています。

IFLA (フランス語版)
http://www.ifla.org/FR

IFLA launches French version of website (IFLA 2013/7/8付けの記事)
http://www.ifla.org/node/7871

参考:
国際図書館連盟(IFLA)がウェブサイトを多言語対応に まずはスペイン語から
http://current.ndl.go.jp/node/22970

ページ