貴重書

トリニティ・カレッジ・ダブリン図書館、同館スタッフの選定した貴重資料コレクションのオンライン展示“Director's Choice Uncut”を開催中(アイルランド)

2020年12月18日、アイルランドのトリニティ・カレッジ・ダブリン図書館は、同館の貴重資料コレクションに関するオンライン展示“Director's Choice Uncut”を開催していることを発表しました。

同展示は、トリニティ・カレッジ・ダブリン図書館の図書館員・アーキビストであるシェントン(Helen Shenton)氏の著作“The Library of Trinity College, Dublin : Director's Choice”の刊行を受けて開催されます。シェントン氏が同館スタッフとともに、代表的なものからあまり知られていないものまで、約4世紀に渡って同館が収集した貴重資料コレクションを選定し、各コレクションの内容や背景等を紹介する企画です。

同館のお知らせでは、次のような資料を取り上げていることを紹介しています。

多摩市、「多摩市デジタルアーカイブ」を1月25日から公開:活用法についての講座も開催

2021年1月5日、多摩市が、1月25日から「多摩市デジタルアーカイブ」の公開を開始すると発表しました。

公益財団法人図書館振興財団「提案型助成事業」の助成を受けて、多摩市の所蔵する地域資料や貴重資料をデジタル化し、インターネット上で公開するものです。主な資料としては、1997年刊行の『多摩市史』の一部の画像や全文データ、3D撮影された出土遺物等が挙げられています。

また、2月6日には、同デジタルアーカイブの活用講座「多摩市を知ろう!学ぼう!使ってみよう!デジタルアーカイブ」が、多摩市立図書館で開催されます。

多摩市デジタルアーカイブ1月25日(月曜日)より始まります!(多摩市, 2021/1/5)
http://www.city.tama.lg.jp/0000012377.html

琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ、みんなで翻刻との連携を開始:琉球・沖縄関係の資料を翻刻するプロジェクト「琉球・沖縄の世界を翻刻する」を実施

2021年1月6日、琉球大学附属図書館は、同館が運営する「琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ」と「みんなで翻刻」とが連携を開始したと発表しています。

同デジタルアーカイブに搭載されている琉球・沖縄関係の資料を翻刻するプロジェクト「琉球・沖縄の世界を翻刻する」を行うもので、現在、「ハワイ大学所蔵阪巻・宝玲文庫」や「仲原善忠文庫」からの資料143点の画像が翻刻対象資料として提供されています。

翻刻されたテキストデータは、同デジタルアーカイブで活用する予定としています。

みんなで翻刻との連携を開始しました!(琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ,2021/1/6)
https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/news/2021-01-06

【イベント】琉球沖縄歴史学会2020年度1月例会「琉球沖縄歴史とデジタルアーカイブ−課題と展望−」(1/9・オンライン)

2021年1月9日、琉球沖縄歴史学会の2020年度1月例会「琉球沖縄歴史とデジタルアーカイブ−課題と展望−」が、オンラインで開催されます。

非会員でも参加可能であり、参加を希望する場合は事前の申し込みが必要です。なお、会員の場合は、申し込み不要です。

当日の主な内容は以下の通りです。

●報告
・琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブについて
冨田千夏氏(琉球大学附属図書館)

・南城市におけるデジタルアーカイブについて
新垣瑛士氏(南城市教育委員会文化課)

・県教育庁文化財課史料編集班におけるデジタルアーカイブについて
山田浩世氏、城間恒宏氏(沖縄県教育庁文化財課)

・読谷村教育委員会「沖縄戦後教育史・復帰関連資料」について
村岡敬明氏(明治大学)

●コメント
伊集守道氏(那覇市歴史博物館)、小野百合子氏(沖縄県公文書館)

●総合討論「デジタルアーカイブを用いた琉球沖縄の歴史研究を考える」
司会:麻生伸一氏

【イベント】東京大学経済学図書館創設120年、アダム・スミス文庫寄贈100年記念オンライン講演会「知の継承(バトン)」(12/19・オンライン)

2020年12月19日、東京大学経済学図書館創設120年、アダム・スミス文庫寄贈100年記念オンライン講演会「知の継承(バトン)」がオンラインで開催されます。

2020年が、1900年に創設された同館の前身である経済統計研究室や、1920年に新渡戸稲造より寄贈を受けたアダム・スミスの旧蔵書の一部である「アダム・スミス文庫」の、各々創設120年、寄贈100年の節目に当たることを記念して開催されるものです。講演の間には、同館の貴重書収蔵庫内を実況するオンライン見学も予定されています。

参加には事前の申し込みが必要です。

内容は以下の通りです。

英国図書館(BL)、17世紀に作成された詩人ジョン・ダンによる『メルフォード・ホール手稿』を蔵書として受入:デジタル化画像の公開も実施

2020年12月7日、英国図書館(BL)は、チューダー朝からスチュアート朝初期の英国における代表的な詩人ジョン・ダンによる130点以上の作品を収録した『メルフォード・ホール手稿(Melford Hall Manuscript)』を同館蔵書として受入したことを発表しました。

『メルフォード・ホール手稿』は、2018年にサフォーク州のメルフォード・ホールで発見された資料です。17世紀初めに作成されたことが推定され、約400ページ相当の手稿には、ダンの代表的な詩が収録される一方、これまで十分な研究が進められていない作品も多数含まれ、英国の文化遺産として重要な価値を持っていることを紹介しています。

2019年に英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)は、約46万ポンドで競売にかけられていた同資料について、英国内で保存する必要性から海外への輸出を一時的に禁止する通告を発表しています。BLによる同資料の受入は、National Heritage Memorial Fund(NHMF)等の基金による資金援助の結果として実現しました。

『メルフォード・ホール手稿』の内容はデジタル化され、BLがオンライン上で公開しています。また、2021年には閲覧室で研究者が現物を利用可能となる予定です。

E2331 - 日本古典籍研究国際コンソーシアムの設立について

2020年11月1日,国内外58機関(国内28,海外30)の参加を得て,日本古典籍(19世紀までの日本で作られた書物の総称)を対象とした世界初のコンソーシアムである「日本古典籍研究国際コンソーシアム」(英名Global Consortium for Japanese Textual Scholarship)が設立された。

デジタル時代における特別コレクションとアーカイブのインパクト測定(文献紹介)

2020年11月28日付で、欧州研究図書館協会(LIBER)の季刊誌“LIBER QUARTERLY”の第30巻第1号(2020)掲載の論文“Measuring the impact of special collections and archives in the digital age: opportunities and challenges”が公開されました。

同論文は、特別コレクションに関する課題解決等を目的とした英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)のプロジェクト“Special Collections Programme(SCP)”の枠組みで実施された、特別コレクションやアーカイブのインパクト測定に関する調査をもとにしています。調査はオンラインで実施され、RLUK参加機関のうち英国やアイルランドの16の大学図書館・研究図書館から回答が寄せられました。データの集計および分析は、2018年6月から8月の間に行われました。

京都大学貴重資料デジタルアーカイブが公開3周年:蔵経書院文庫所収資料、谷村文庫猪苗代家本、菊池三渓自筆稿本等の画像も追加公開

2020年12月1日、京都大学図書館機構は、京都大学貴重資料デジタルアーカイブが2017年12月1日の正式公開から3周年を迎えたことを発表しました。

2017年12月1日時点の公開件数は3,719タイトル39万4,069画像でしたが、2020年12月1日時点では1万9,427タイトル161万3,314画像であり、150万画像を超える規模となっています。

同日には、以下の資料画像の追加公開についても発表されています。

・仏典・仏教関係コレクション「蔵経書院文庫」163タイトル
・谷村文庫猪苗代家本、菊池三渓自筆稿本等1,507タイトル

【図書館機構】京都大学貴重資料デジタルアーカイブ: 公開3周年、画像が150万件を超えました(京都大学図書館機構, 2020/12/1)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1387870

早稲田大学文化資源データベースの「バーチャルミュージアム」で早稲田大学図書館の貴重資料の紹介ページが公開

2020年11月30日、早稲田大学図書館が、早稲田大学文化資源データベース内の「バーチャルミュージアム」で、同館が所蔵する貴重資料の紹介ページが公開されたことを発表しました。

「図書館の貴重資料」として、「国宝・重要文化財」、「古典籍~さまざまな書物~」、「古文書~歴史を紡ぐ~」が掲載されています。

バーチャルミュージアムで図書館の貴重資料を紹介します(早稲田大学図書館, 2020/11/30)
https://www.waseda.jp/library/news/2020/11/30/9117/

バーチャルミュージアム
https://archive.waseda.jp/archive/vm-top.html?arg={%22vm_carousel_max%22:10}&lang=jp

ページ