国際規格

ISO 21047:2009「国際標準テキストコード」が刊行される

国際標準化機構(ISO)が2009年3月9日、ISO 21047:2009「国際標準テキストコード(International Standard Text Code:ISTC)」を公式に刊行しました。これは、テキスト作品をユニークに、永続的に識別するためのもので、同一の内容だが媒体等が異なるもの(例:印刷版と電子書籍版)などをグルーピングするものとして付与されます。桁数は16桁で、登録機関が管理用に用いるエレメント(3桁)、登録年エレメント(4桁)、作品エレメント(8桁)、チェックディジット(1桁)からなります。

ISO 21047:2009 - Information and documentation -- International Standard Text Code (ISTC)
http://www.iso.org/iso/iso_catalogue/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=41603

International Organization for Standardization Formally Publishes International Standard Text Code Standard

IFLAのFRANARワーキンググループ、国際標準典拠データ番号(ISADN)の「見送り」を勧告

国際図書館連盟(IFLA)の書誌コントロール部会に属している「典拠レコードの機能要件と典拠番号(Functional Requirements and Numbering of Authority Records: FRANAR)ワーキンググループ」がこのほど、これまで検討を続けてきた国際標準典拠データ番号(International Standard Authority Data Number: ISADN)の実現可能性に関するレポートを発表し、「現状ではIFLAとしてISADNのアイデアを追求すべきではない」とISADNの見送りを勧告しました。あわせて、他の主体による関連の試みである、

・ISO/CD 27729 「国際標準名称識別子(ISNI)」
・米国、ドイツ、フランスの国立図書館やOCLCによる「ヴァーチャル国際典拠ファイル(VIAF)」

E843 - デジタル画像・写真のメタデータ標準に関するガイドライン<文献紹介>

JPEGやTIFFをはじめとするデジタル画像・写真フォーマットには,メタデータを格納するフィールドが設けられており,現在のところ,デジタルカメ ラで使用されている電子情報技術産業協会(JEITA)が規格化したメタデータ“Exif”規格,新聞社や通信社で使用されている国際新聞電気通信評議会 (IPTC)が制定したメタデータ“IPTC-IIM”規格,アドビシステムズ(Adobe)社が策定した“XMP”規格などが使用されている。これら複 数の規格によるメタデータは,メタデータグループごとに画像・写真ファイル内に格納することで,併存させることが可能であるが,各規格間の互換性は必ずし も保たれていない。そのためアプリケーションやデバイスごとに,各メタデータへの対応,非対応が分かれており,対応しないメタデータの表示,検索,記述の 追加や削除が不可能であったり,場合によってはソフトウェアやハードウェアに対応しないメタデータが消去されてしまったりする,などの可能性がある。その ため,メタデータの互換性向上に向けた取り組みが求められていた。...

E846 - ISO11620図書館パフォーマンス指標の改訂版が発行される

2003年以降,ISO/TC46/SC8(国際標準化機構/情報とドキュメンテーション技術委員会/統計と評価分科委員会)は,図書館パフォーマンス指 標ISO11620“Information and documentation- Library performance indicators”の改訂作業行ってきたが(E101E652参照),2008年8月に第2版を発行した。

NISO/BISGの電子リソース規格・識別子に関するフォーラム(米国)

米国図書館協会(ALA)2008年年次大会の中で開催された米国書籍産業研究グループ(BISG:Book Industry Study Group)と米国情報標準化機構(NISO)によるジョイントフォーラムの講演資料が公開されています。

電子ブックを中心とした電子リソースの検索や発見の向上に向けた技術、規格、識別子など(actionable ISBN、ISTC(International Standard Text Code)、ISNI(International Standard Name Identifier)、Institutional Identifiers、KBART、ONIX-PL、ERMI、SERU)について現在の検討状況が報告されています。

CA1653 - ISO/TR28118 「国立図書館のためのパフォーマンス指標」制定の動き / 徳原直子

国際規格に、図書館のサービスや業務の有効性、効率性などの品質を評価するための手段となる指標を規定したISO11620「図書館パフォーマンス指標(Library performance indicators)」があるが(1)、ISO11620の改定に責任をもつ国際標準化機構/情報とドキュメンテーション技術委員会(ISO/TC46)の統計・評価分科委員会(SC8)において、「国立図書館のためのパフォーマンス指標(Performance indicators for National Libraries)」というテクニカルリポート(TR)を制定するための作業が行われている。…

DPC、電子情報保存の標準としての“JPEG2000”に関するレポートを発表

デジタル保存連合(Digital Preservation Coalition: DPC)は2008年2月、電子情報を保存する標準としての“JPEG2000”の可能性について検討した技術観察レポート、“JPEG2000- a Practical Digital Preservation Standard?”を発表しました。

JPEG2000- a Practical Digital Preservation Standard?
http://www.dpconline.org/docs/reports/dpctw08-01.pdf

E658 - ISO/TC46 スペイン大会,開催される<速報版>

国際標準化機構/情報とドキュメンテーション技術委員会(ISO/TC46)の国際会議が2007年5月7日から11日までスペインのサンチアゴ・デ・コンポステーラで開催された。2003年ローマ大会以来の大規模なTC46会議となった今回のスペイン大会では,TC46の運営にかかわる決議を行うTC46全体総会,新規の…

E652 - 図書館パフォーマンス指標,ISO/TC46における改定作業進む

2007年2月,日本工業規格JIS X 0812「図書館パフォーマンス指標」が改定された。これは,2003年に国際標準規格ISO 11620“Library performance indicators”に追補版(Amd 1: 2003“Additional performance indicators for libraries”)が制定されたのを受け,これを反映させたものである。 この改定と同時に,図書館パフォ…

国立図書館向け活動評価指標(IFLA)

国際図書館連盟(IFLA)が「国立図書館向け活動評価指標」案(Performance Indicators for National Libraries)を公表しています。図書館活動の評価に関する国際規格のひとつであるISO11620(JIS X 0812)に修正を加えたものだそうです。今回公表されたものは第一草案(簡略版)で、今後さらに修正を加えた草…

ページ