人工知能

日本経済新聞社、人工知能を活用した「決算サマリー」配信開始

2017年1月25日、日本経済新聞社は、人工知能(AI)を使い、決算の要点を自動で文章として配信する「決算サマリー」サービスを始めたと発表しています。

このサービスは、言語理解研究所と東京大学の松尾豊研究室、日経のエンジニアの共同で開発されたものです。

適時開示情報サイトでの決算公表後、数分で売上高や利益などのデータとその背景や理由などをまとめて、「日本経済新聞電子版」や「日経テレコン」のコンテンツとして配信しています。企業の開示資料から文章を作成し配信するまで、システムが完全自動で実施しています。当面はベータ版の位置づけであるとのことです。

AIを活用した「決算サマリー」配信スタート(日本経済新聞社のプレスリリース、2017/1/25)
http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/news/press/394.html

日経、ILU、東大共同研究 完全自動「決算サマリー」
http://pr.nikkei.com/qreports-ai/

参考:
人工知能が作成した詩や小説を載せるウェブサイト“CuratedAI”
Posted 2016年7月28日
http://current.ndl.go.jp/node/32233

【イベント】第2回CODHセミナー くずし字チャレンジ 〜機械の認識と人間の翻刻の未来〜(2/10・東京)

2017年2月10日、国立情報学研究所(NII)で、第2回CODHセミナー「くずし字チャレンジ 〜機械の認識と人間の翻刻の未来〜」が開催されます。

くずし字を読むというチャレンジに対して機械によるアプローチと人間によるアプローチを用いた研究について、研究者がこれまでの研究の紹介と今後の展望について語ります。

参加費は無料、定員は約40名です。事前の申込が必要です。

13:00-13:25
NIJL-NWプロジェクト―くずし字読解への課題と期待
山本 和明、国文学研究資料館

13:25-13:50
日本古典籍字形データセットの公開と活用への期待
北本 朝展、人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所

13:50-14:15
電子くずし字字典データベースにおける現状と展望
山田 太造、東京大学史料編纂所

14:15-14:40
木簡文字への文字認識技術の応用
耒代 誠仁、桜美林大学

14:40-15:05
くずし字の学習支援と市民参加翻刻
橋本 雄太、京都大学

15:05-15:20
全体討論
全員

第2回CODHセミナー くずし字チャレンジ 〜機械の認識と人間の翻刻の未来〜(CODH)

【イベント】産総研第11回AIセミナー” Biomedical Text Mining: impact, challenges and applications”(12/19、東京)

2016年12月19日、産業技術総合研究所(産総研)臨海副都心センターにおいて、第11回AIセミナー” Biomedical Text Mining: impact, challenges and applications”が開催されます。

生命科学分野では膨大な文献情報について、効率良く解析、抽出し、有用な知識として活用するために、自然言語処理(NLP)技術やテキスト・マイニングが必要不可欠となっています。今回のセミナーでは、英国マンチェスター大学National Centre for Text Mining(NacTEM)からSophia Ananiadou教授及びRiza Theresa Batista-navarro博士、米国の国立医学図書館(NLM)からDina Demner-Fushman博士を招き、NLPとテキスト・マイニングの生命科学分野での応用例についての講演を行うとのことです。

なお、講演は英語で行われ、通訳は付かないとされています。

2016年12月19日 第11回AIセミナー「Biomedical Text Mining: impact, challenges and applications」(産総研人工知能研究センター)
http://www.airc.aist.go.jp/seminar/seminar_011.html

JST・AIPネットワークラボ主催、理研AIPセンター共催で、JST・NSF国際連携シンポジウム―ビッグデータ、人工知能、IoT、サイバーセキュリティが創る新たな社会―を開催(11/30・東京)

2016年11月30日10時から17時まで、ベルサール六本木において、科学技術振興機構(JST)AIPネットワークラボ主催、理化学研究所革新知能統合研究センター(AIPセンター)共催で、JST・NSF国際連携シンポジウム―ビッグデータ、人工知能、IoT、サイバーセキュリティが創る新たな社会―が開催されます。

このシンポジウムでは、ビッグデータ、人工知能、IoT、サイバーセキュリティに関連する日米の研究者が一堂に会し、これらの技術活用の先端動向や社会インパクトを紹介し、未来社会とその技術基盤について議論が行われます。

JST・NSF国際連携シンポジウム―ビッグデータ、人工知能、IoT、サイバーセキュリティが創る新たな社会―
http://www.jst.go.jp/kisoken/sympo/bigdata-core/index.html
https://form.jst.go.jp/enquetes/NSF-Sympo2016

関連:
AIPネットワークラボが始動(JST News 2016年11月号)
http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/pdf/2016_11/2016_11_p10-11.pdf

理化学研究所革新知能統合研究センター
http://www.riken.jp/research/labs/aip/

E1856 - ロボット図書館職員Pepperから見えてくる未来の図書館。

山中湖情報創造館に日本で初めて人型ロボットを職員として採用して一年が経つ。この一年間,ロボットと一緒に図書館サービスを提供しながら感じた事をまとめてみたい。...

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、人工知能に関する報告書を公開

2016年10月26日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、人工知能に関する以下2件の報告書を公表しました。

・第10回科学技術予測にみる人工知能・情報技術が切り拓く未来[調査資料-252]
・国際・国内会議録の簡易分析に基づく我が国の人工知能研究動向把握の試み[調査資料-253]

前者では、2016年1月閣議決定の第5期科学技術基本計画に先立って実施された第10回科学技術予測調査におけるシナリオと、2016年3月に有識者を招いて行ったミニワークショップで指摘された、15年から20年後に想定される情報技術を中心とした社会のあり方や、そのために必要な研究・技術の課題・論点についてまとめられています。

後者では、今後の人工知能研究の動向分析に向けた検討用資料の作成を目的に、人工知能の著名な国際会議の会議録における主要国別の発表数を把握することで、この分野における日本の存在感(参画度)が検討されています。また、これら会議の講演タイトルと、人工知能学会全国大会の会議録に掲載された講演タイトルとの比較分析から、日本と世界の研究動向の差異についても検討されています。

第10回科学技術予測にみる人工知能・情報技術が切り拓く未来[調査資料-252]の公表について(NISTEP、2016/10/26)

オンライン投稿・査読システムEditorial Manager、Meta社の人工知能技術を統合

2016年10月17日、Aries Systems社は、オンライン投稿・査読システムEditorial Managerに、Meta社の人工知能技術を統合したと発表しています。Meta社が開発したこの新技術は、初稿提出時に、人工知能が高い影響力を持つ原稿を割り出し、編集者は原稿を選別しランク付けすることができるとのことです。

Artificial Intelligence Integration Allows Publishers a First Look at Meta Bibliometric Intelligence(Aries Systems、2016/10/17)
http://www.ariessys.com/views-press/press-releases/artificial-intelligence-integration-allows-publishers-first-look-meta-bibliometric-intelligence/

Twitter(Meta、2016/10/17)
https://twitter.com/meta/status/788110847151185920

【イベント】情報と人をつなぐ じょいんと懇話会「人工知能と記号創発ロボティクス ~情報の意味とコミュニケーションについて考える~」(11/25・大阪)

2016年11月25日、大阪市中央公会堂大会議室において、情報科学技術協会(INFOSTA)西日本委員会企画、INFOSTA、インフォ・スペシャリスト交流会共催のイベント「情報と人をつなぐ じょいんと懇話会」が開催されます。

テーマは「人工知能と記号創発ロボティクス ~情報の意味とコミュニケーションについて考える~」と題し、立命館大学情報理工学部准教授の谷口忠大氏を講師に迎えるとのことです。

会員・非会員とも参加可能ですが、参加費3,500円(懇親会費含む)が必要になります。また、定員は40名(先着順)とのことです。

「じょいんと懇話会」開催ご案内(2016-11-25)(INFOSTA, 2016/9/27)
http://www.infosta.or.jp/posts/joint2016/

参考:
【イベント】情報と人をつなぐ じょいんと懇話会「聞く人にも、製作する人にもやさしい録音図書作成環境を目指して」(12/18・大阪)
Posted 2015年12月8日
http://current.ndl.go.jp/node/30169

人工知能を利用して作成した「きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ」の作品が公開される
Posted 2016年3月28日
http://current.ndl.go.jp/node/31138

人工知能が作成した詩や小説を載せるウェブサイト“CuratedAI”

2016年7月28日付の“Popular Science”に、人工知能が作成した詩や小説を掲載するウェブサイト“CuratedAI”が公開されたことが報じられています。

CuratedAIには、人工知能の開発者たちが投稿することができます。

Curated AI
http://curatedai.com/

Artificial Intelligences Are Writing Poetry For A New Online Literary Magazine(Popular Science, 2016/7/28)
http://www.popsci.com/ai-poetry-literary-magazine

電気通信大学、国立大学として初となる「人工知能先端研究センター」を設立

2016年7月1日、電気通信大学は、「人工知能先端研究センター」(Artificial Intelligence eXploration Research Center:AIX)を設立しました。

設立に関するプレスリリースでは、今後AIが急速に進化し社会実装される過程で、AIが人と共生するための核となる汎用人工知能の実現を目指して、企業とも積極的に連携し研究を推進していく、とされ、株式会社電通など5社がサポーター企業として参画しています。

国立大学では初のAIに関する研究センターとなります。

人工知能先端研究センター
http://aix.uec.ac.jp/

【メディアリリース】電気通信大学人工知能先端研究センター設立のお知らせ ~国立大学初のAI研究センター 人と共生する汎用人工知能の実現を目指す~(電気通信大学, 2016/6/30)
http://www.uec.ac.jp/news/announcement/2016/20160630-3.html
http://www.uec.ac.jp/about/publicity/media_release/pdf/20160630.pdf
※2つ目のリンクはプレスリリースの資料です。

人工知能先端研究センター設立のお知らせ(人工知能先端研究センター, 2016/6/30)

ページ