人工知能

【イベント】NISTEP講演会「AIとオープンサイエンスが拓く日本のアカデミア発スタートアップ(仮)」(2/14・東京)

2019年2月14日、文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)(東京都千代田区)において、講演会「AIとオープンサイエンスが拓く日本のアカデミア発スタートアップ(仮)」が開催されます。

学術論文の要約をAIにより自動生成するサービス「Paper Digest」のプロジェクトメンバーである高野泰朋氏を講師に迎え、日本のアカデミア発ベンチャーや産学連携施策への話題提供、今後の政策作りに役立てる議論を行う内容です。

参加には事前の申込みが必要です。

NISTEP講演会(フォーサイト・セミナー)「AIとオープンサイエンスが拓く日本のアカデミア発スタートアップ(仮)」(2月14日)開催の御案内(NISTEP)
http://www.nistep.go.jp/archives/39656

韓国・大統領所属図書館情報政策委員会、「第3次図書館発展総合計画(2019-2023)」を発表

2019年1月24日、韓国の大統領所属図書館情報政策委員会が「第3次図書館発展総合計画(2019-2023)」(1月23日付)をウェブサイトで公表しました。

以下の4大戦略((1)~(4))・13の中心課題([1]~[13])のもと、36の推進課題が提案されています。

(1)個人の可能性を発見する図書館
[1]市民の能力を育成する文化サービスの拡大
[2]利用者の情報アクセスの利便性拡大
[3]ライフサイクルにあわせた図書館サービスの強化

(2)コミュニティの能力を育成する図書館
[4]分権型図書館運営体制の構築
[5]コミュニティの記憶を保存・共有・拡散
[6]交流協力のプラットホームとしての機能強化

(3)社会的包摂を実践する図書館
[7]積極的な情報福祉の実現
[8]空間の開放性拡大
[9]既存の枠組みを超えたサービス連携

(4)未来を開くための図書館の革新
[10]図書館運営体制の質的向上
[11]図書館協力体制の強化
[12]情報資源の共有基盤構築
[13]図書館インフラ(基盤施設)の拡大

北米の都市図書館協議会(ULC)、人工知能(AI)の潜在的リスク回避や公益のための同技術の最大化に対して公共図書館が寄与するための議論を行なうイニシアチブの開始を発表

2019年1月16日、北米の都市図書館協議会(ULC)が、人工知能(AI)の潜在的リスク回避や、公益のための同技術の最大化に対して、公共図書館が寄与するための議論を行なうイニシアチブの開始を発表しました。

ULC及びイニシアチブへの参加館は、図書館がAIに関する情報や教育への公正なアクセスのための信頼における公共施設となるため、AIの定義、用語、枠組みを開発します。

また、ULCでは、同イニシアチブで集められた優良事例や知見を共有するため、新しいツールや教育プログラムの開発を行ないます。

Elsevier社がAI対応のデータサイエンスプラットフォーム”Entellect”を公開

2018年11月14日、Elsevier社はAIに対応したライフサイエンス分野のデータサイエンスプラットフォーム”Entellect”を公開しました。

Entellectはクラウドベースのサービスで、利用者は自身の持つデータと、Elsevierのデータやオントロジーを結び付けて分析することができます。主としてライフサイエンス分野の企業による利用を想定して開発されたもののようです。

【イベント】情報と人をつなぐ じょいんと懇話会「AIの基本と失敗しないために知っておきたいこと」(11/30・大阪)

2018年11月30日、大阪市中央公会堂において、一般社団法人情報科学技術協会(INFOSTA)、インフォ・スペシャリスト交流会共催のイベント「情報と人をつなぐ じょいんと懇話会」が開催されます。

「AIの基本と失敗しないために知っておきたいこと」をテーマとして、木村情報技術株式会社の橋爪康知氏による講演が行われます。

参加費は、懇親会費込みで3,500円ですが、一部の人は2,000円となります。事前の申込が必要で、定員は40名(先着順)です。

AIを利用して論文の要約を自動生成するサービス“Paper Digest”がDigital Science社の“Catalyst Grant Award”を受賞

2018年10月9日、Digital Science社は、AIを利用して論文の要約を自動生成するサービス“Paper Digest”を最新の“Catalyst Grant award”に選出したと発表しています。

“Paper Digest”は、オープンアクセスの論文を対象に、3分以下で読める要約をシングルページで生成するサービスです。2018年10月16日現在、同サービスのウェブサイトで公開されているベータ版は無償で使用することができます。

Digital Science Announces New Catalyst Grant Winners(Digital Science,2018/10/9)
https://www.digital-science.com/press-releases/digital-science-announces-new-catalyst-grant-winners-2/

米・ロードアイランド大学、大学図書館にAIラボを開設

米・ロードアイランド大学が、2018年9月25日に、大学図書館内にAIラボを開設しました。

ラボは、学生・教員に対して、ロボット工学、ウェアラブル技術、スマートシティ等の研究をする機会を与えるもので、自然言語処理・スマートホーム・モノのインターネット(IoT)・ビッグデータに関する研究を、初心者から上級レベルまでの個別指導により実施することができます。また、人工知能(AI)に関する社会的・倫理的・経済的な課題についても取り組まれます。

主に学生や教員向けの施設ですが、ロードアイランド州の住民にも開放されます。

図書館やラボの職員は、学生・教員向けの個別指導・ワークショップの準備を行なっています。

「ホライズン・レポート」の2018年高等教育機関版が刊行

2018年8月16日、米国のNPO・EDUCAUSEが、今後5年間における高等教育機関での教育に変化をもたらす傾向や課題・技術の発展を解説する「ホライズン・レポート」(Horizon Report)の2018年高等教育機関版を公開しました。

今年初め、これまで同レポートを発行していたニューメディア・コンソーシアム(NMC)がEDUCAUSEに買収されたことにより、2018年版からEDUCAUSEが同レポートを公開しています。

高等教育機関での技術採用が加速される主な動向として、

短期:Measuring Learningへの注目の増加、学習空間の再設計
中期:オープンな教育資源(OER)の普及、学際研究の新しい形態の台頭
長期:イノベーション文化の進展、機関間・分野横断的な連携

高等教育機関での技術採用に影響を与える大きな課題として、

解決可能な課題:真正な学習(authentic learning)経験、デジタルリテラシーの向上
困難な課題:組織設計の将来の職業への適用、デジタルエクイティ(公平性)の向上
深刻な課題:経済的・政治的圧力、教育の役割の再考

高等教育にとって重要な技術発展として、

広島市立中央図書館、「記憶の解凍」ワークショップを開催:「ヒロシマ・アーカイブ」及び人工知能を使った「白黒写真のカラー化」の体験

2018年8月8日、広島市立中央図書館が、「記憶の解凍」ワークショップを開催します。

同館で7月7日から8月31日まで行われている平成30年度被爆体験継承事業企画展「ヒロシマを記録し伝えた人たちー未来への伝言ー」の関連行事で、企画展で展示されている「ヒロシマ・アーカイブ」の製作に携わった東京大学大学院の渡邉英徳教授を講師に、「ヒロシマ・アーカイブ」の体験と、専用ソフトを使った広島の白黒写真のカラー化を体験するものです。

参加者は、スマートフォンかタブレット端末、戦前から戦後の広島の白黒写真を持参することとなっています(端末類や写真がない人も参加可能とのことです)。

対象は小学生以上で、定員は20人(要申込・先着順)です。

平成30年度被爆体験継承事業 ワークショップ「記憶の解凍」―「ヒロシマ・アーカイブ」・人工知能を使った「白黒写真のカラー化」(広島市立中央図書館,2018/7/20)
http://www.library.city.hiroshima.jp/news/chuou/2018/07/1573.html

日販と富士通が書店向けのAIを活用した選書サービス「SeleBoo」を共同開発

2018年5月14日、日本出版販売株式会社(日販)と富士通株式会社が、書店向けにAIが選書を自動で行うサービス「SeleBoo」を共同開発したことを発表しました。

同サービスでは日販が持つ書籍情報や書店販売実績情報に、DBpediaやLod4allなどのオープンデータを組み合わせ、富士通のAIを活用したマーケティングサービスで分析することで、テーマや客層に合った本の選定・リスト化を行うとのことです。また、書店員が選書結果への評価をフィードバックすることで、機械学習を通じAIが選書能力を高めていくとされています。

2018年夏より、日販の取引書店向けにサービス提供が開始されます。当面はキーワード選書(キーワードに関する選書)、キーブック選書(指定した本と似た内容の選書)、地名選書(地域に関する選書)といった機能が提供されます。さらに今後、書店の特徴にあった本を探す書店カラー選書と、表紙の色や被写体から本を探す表紙選書といった機能も開発していく予定であるとのことです。

ページ