国際協力

高麗大学民族文化研究所に国際敦煌プロジェクトソウルセンターが発足

2010年12月2日付け英国図書館(BL)のプレスリリースによると、高麗大学民族文化研究所は、2009年に英国図書館が中心となって進めている「国際敦煌プロジェクト」(Intertational Dunhuang Project:IDP)と提携を結び、2010年12月2日にIDPソウルセンターを発足したようです。

国際敦煌プロジェクト: シルクロード オンライン(日本語のページ)
http://idp.afc.ryukoku.ac.jp/idp.a4d

국제둔황프로젝트 서울센터 IDP SEOUL 출범식 (2010/11/29付け 고려대학교 민족문화연구원の記事)
https://riks.korea.ac.kr/root/?pg=P_b84c7f3bbe&wr_id=13

カナダのケベック州立図書館・文書館とニューヨークのクイーンズ図書館が提携

カナダのケベック州立図書館・文書館(Bibliothèque et Archives nationales du Québec)と米国ニューヨークのクイーンズ図書館(Queens Library)が協力関係を結ぶことで合意したようです。両館では、図書館サービスの向上のための情報交換や、それぞれの国の資料の購入支援等が行われるとのことです。クイーンズ図書館はこれまでにも、中国国家図書館や韓国国立図書館、フランス・パリのポンピドゥーセンター等とも提携を結んでいるようです。

BAnQ and Queens Library (New York) sign cooperation agreement(ケベック州立図書館・文書館のプレスリリース)
http://www.banq.qc.ca/nouvelles/banq_queens_library_entente.html?language_id=1

Queens Library and National Library & Archives of Québec sign cooperation agreement(クイーンズ図書館のプレスリリース)
http://www.queenslibrary.org/index.aspx?page_nm=Press+Releases

経済協力機構(ECO)加盟国の国立図書館長による会議が開催

経済協力機構(Economic Cooperation Organization:ECO)の加盟国の国立図書館長らによる会議が、トルコの首都アンカラにあるトルコ国立図書館で開かれたようです。イラン国立図書館長からは、協力関係の強化のために国際図書館連盟(IFLA)に対して会議の承認を要請することや、同館が構築した共通データベースとポータルサイトの充実化を図ることなどが提案されたようです。次回の会議は2012年に行われる予定とのことです。

Heads of ECO National Libraries Meet in Ankara(Journal of Turkish Weekly 2010/10/16付けの記事)
http://www.turkishweekly.net/news/108647/heads-of-eco-national-libraries-meet-in-ankara.html

長期デジタル保存を目指した非営利団体“Open Planets Foundation”が設立

欧州委員会主導の、デジタルコンテンツの保存と長期アクセスに関する4年間のプロジェクト“Planets”の完了に伴い、このほど長期的なデジタル保存を目指した非営利団体“Open Planets Foundation”が設立されたとのことです。Planetsプロジェクトの作業を発展させ、国際的なデジタル保存に関する共同体を構築することを目的としており、参加館に対して、技術や助言、オンラインサービス等を提供するとのことです。設立に際しては、英国図書館(BL)を中心に、オランダ王立図書館やデンマーク王立図書館、Microsoft Research等が資金提供を行ったようです。

Europe lays Foundation for preserving digital heritage(BLのプレスリリース)
http://www.bl.uk/news/2010/pressrelease20100806.html

国立国会図書館、米国議会図書館とのデジタル化共同事業を開始へ

国立国会図書館(NDL)は、米国議会図書館(LC)との共同事業として、LCの所蔵する戦前期日本語出版物のデジタル化を2010年度中に開始すると発表しています。

米国議会図書館とのデジタル化共同事業を開始します(NDLのニュースリリース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1189595_1531.html

英国図書館・大英博物館・V&A、インドの文化機関と提携

英国図書館(BL)が、大英博物館とV&A(ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館)と共に、インドの文化機関と提携を結んだと発表しています。両国の機関間で展示の共有や知識・スキルの交換等が図られるとのことです。一例として、BLは2010年9月にインドの文化機関の協力の下で“South Asians Making Britain, 1858-1950”と題する展示を予定しており、その展示は2011年にインドでも開催されるようです。

British Library, British Museum and V&A announce future plans with Indian Partner Institutions(BLのプレスリリース)
http://www.bl.uk/news/2010/pressrelease20100730.html

龍谷大学と英国図書館、「中央アジア資料デジタル化に係る共同プロジェクト」の覚書を締結

龍谷大学が、国際敦煌プロジェクト(International Dunhuang Project:IDP)における「中央アジア資料デジタル化に係る共同プロジェクト」の覚書を英国図書館(BL)と締結したと発表しています。このプロジェクトは、敦煌やシルクロード東部の古代遺跡から発掘された写本や絵画の画像や情報をインターネット上に公開する国際プロジェクトで、今回の覚書によりさらなる連携の強化が図られるとのことです。

大英図書館と共同研究の覚書を締結しました。【IDP国際敦煌プロジェクト】
http://www.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=1309

龍谷大:大英図書館と覚書 シルクロード発掘資料をデジタル化 /京都(毎日jp 2010/7/21付けの記事)
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20100721ddlk26040454000c.html

フランス国立図書館、書籍50万冊をアレクサンドリア図書館に寄贈

フランス国立図書館(BnF)が、書籍およそ50万冊をアレクサンドリア図書館に寄贈したと発表しています。書籍はフランスからエジプトへと地中海上を船便で送られたとのことです。2010年4月10日、11日には記念式典と共に、「地中海を綴る」(Ecrire la Méditerranée)と題するフランス語のラウンドテーブルが行われたようです。

Remise de 500 000 livres de la France à la bibliothèque d'Alexandrie(BnFのニュースリリース)
http://www.bnf.fr/fr/la_bnf/anx_actu_bib/a.don_bnf_bibliotheque_alexandrie.html

奈良県立図書情報館、中国陜西省図書館と友好協定を締結

奈良県立図書情報館が、中国陜西省図書館と友好協定を締結したと発表しています。両館の資料の交換や地域情報の交換、研修生の派遣などが計画されているとのことです。2010年3月13日には協定締結を記念したシンポジウムも開催されています。

県立図書情報館・中国陝西省図書館友好協定締結式 平成22年3月12日(金) および平城遷都1300年記念・友好協定締結記念シンポジウム 平成22年3月13日(土)
http://eventinformation.blog116.fc2.com/blog-entry-357.html

奈良県立図書情報館、中国・陜西省図書館と友好協定締結-地域情報交換も(奈良経済新聞 2010/3/12付けの記事)
http://nara.keizai.biz/headline/370/

関西大学とハーバード大学、資料のデジタル化等で協定

関西大学図書館とハーバード大学イェンチン(燕京)図書館が、日本語の貴重資料のデジタル化などの事業を共同で進めることを旨とした学術交流協定を結んだと報じられています。2009年6月に国際学会「東アジア文化交渉学会」が創設されたことがきっかけになったとのことです。

大学図書館交流 希少書籍をデジタル化 関大・ハーバード大が協定(産経関西 2009/12/4付けの記事)
http://www.sankei-kansai.com/2009/12/04/20091204-017838.php

ページ