児童書

E2273 - 教育機関としての英国図書館:児童書のオンライン展示から

2020年2月21日,英国図書館(BL)は “Discovering Children's Books”と題したオンライン展示を公開した。BLは2014年公開のロマン派,ヴィクトリア朝時代の資料を中心とした“Discovering Literature: Romantics & Victorians”をはじめ,デジタル化した資料とその解説などからなるウェブページを以前から提供している。今回は小学生,教師,生涯学習者を対象とした,児童書がテーマの展示である。

八代市立図書館(熊本県)、『給食番長』の八代弁版読み聞かせ動画を公開

2020年4月29日、熊本県の八代市立図書館は、2007年に出版された絵本『給食番長』について、八代弁版の読み聞かせ動画を公開したことを発表しました。

『給食番長』の八代弁への翻訳と読み聞かせは、八代市立図書館スタッフ一同により行われました。同館ウェブサイト上で読み聞かせ動画と八代弁による『給食番長』のシナリオが公開されています。

なお、同館は絵本の著者及び出版社の許可の下で、読み聞かせ動画を作成・公開しています。

熊本初!『給食番長』が八代弁できけるごたるよ!(八代市立図書館,2020/4/29)
https://www.yatsushiro-lib.jp/topics/2020/3061/

『給食番長』[PDF:4ページ](八代市立図書館)
https://www.yatsushiro-lib.jp/files/kyuusyoku/kyuusyoku.pdf
※八代弁による絵本のシナリオです

E2254 - 蔵書2,000冊 書店による企業主導型保育所「本のほいくえん」

2020年2月,株式会社今井書店は,島根県松江市に企業主導型保育所「本のほいくえん」を開所した。「なぜ,書店が保育所を?」と思う人も多いだろう。もちろん当社グループの従業員の働きやすさの向上や,松江市の待機児童の課題に貢献する目的もあるが,実はそこには当社の創業者の思いが大きく反映されている。

明石市立図書館(兵庫県)、未就学児を対象に絵本を自宅に届ける「絵本の宅急便」を実施

2020年4月24日、兵庫県の明石市立図書館は、市内在住の未就学児を対象に、絵本を自宅まで無料で届ける「絵本の宅急便」を実施することを発表しました。

同サービスでは、あかし市民図書館・西部図書館に所蔵されている絵本のうち利用可能なものから図書館員が選書を行い、在宅を確認したうえで玄関先に置くという方法で届けられます。一度の申込での貸出冊数は5冊までで、絵本のリクエストも可能です。

受付期間は4月25日から5月6日で、メール・FAX・電話での申込が必要です。返却は、5月31日までに、図書館以外に設置されている市内返却場所又は、利用者負担での郵送で行います。

なお、同館は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため5月6日まで休館中です。

「絵本の宅配便」お申込について(明石市立図書館, 2020/4/24)
https://www.akashi-lib.jp/news.html#news-20200424

韓国国立中央図書館(NLK)、公共図書館の貸出データをもとに分析したリンドグレーン記念文学賞受賞者関連作品の最近3年間の貸出状況の調査結果を発表

2020年4月20日、韓国国立中央図書館(NLK)が、公共図書館の貸出データをもとに分析した、リンドグレーン記念文学賞受賞者関連作品の最近3年間の貸出状況に関する調査結果を発表しました。4月23日の「世界本の日」や、2020年の同賞を、韓国の絵本作家ペク・ヒナ氏が受賞したことをうけてのものです。

ペク氏の作品や、韓国語で出版された232点の作品を対象に、公共図書館用のビックデータ分析プラットフォーム“도서관 정보나루”の公共図書館1,003館の貸出データ56万8,735件を用いて分析したものです。

同賞受賞作品の中ではペク氏の『알사탕(あめだま)』が最も多く貸出されており、続いて『수탕 선녀님(天女銭湯)』, 『이상한 엄마(天女かあさん)』, 『달 샤베트(月のシャーベット)』, 『이상한 손님(ちょっと変わったお客様)』と8位まで同氏の作品が続きます。

韓国以外のものでは、ヴェルナー・ホルツヴァルト/ヴォルフ・エァルブルッフ『うんちしたのはだれよ!』が最も貸出され、モーリス・センダック『まよなかのだいどころ』、ルース・クラウス『うちがいっけんあったとさ』と続きます。

また、性別・年齢別貸出分析結果として、ペク氏の作品は7歳の女の子に最も人気があり、7歳の男の子、8歳の女の子、6歳の女の子と続きます。

神戸市立図書館、臨時休校で自宅待機中の児童・生徒のために電子図書館サービス「KOBE電子図書館 by Rakuten OverDrive」へ児童書300冊を新たに追加提供

2020年3月10日、神戸市立図書館は、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う臨時休校により、自宅待機中の児童・生徒の利用を意図して、同館の電子図書館サービス「KOBE電子図書館 by Rakuten OverDrive」へ児童書300冊を新たに追加提供したことを発表しました。

同館は3月16日まで臨時休館を予定していますが、予約図書の受取等が可能な臨時窓口を各館に設置しており、臨時窓口で電子図書館の利用申し込みができます。また、通常は電子図書館サービス利用のためのID・パスワードは利用者本人が来館し図書館カードを取得する必要がありますが、臨時休館中は特例として保護者が来館して代理申込することが可能であることも併せて発表しています。

メニュー(神戸市立図書館)
https://www.city.kobe.lg.jp/a09222/kosodate/lifelong/toshokan/index.html
※「【電子図書貸出サービス】 どこでも読める電子図書館に、新たに児童書約300冊が増えました(2020年3月10日)」とあります。

英国図書館(BL)、児童文学の一次資料を用いて子どもの創作活動を促すウェブサイト“Discovering Children's Books”を公開

2020年2月21日、英国図書館(BL)が、ウェブサイト“Discovering Children's Books”を公開しました。

著名な作家や画家によるオリジナルの手稿・作品・詩・インタビュー・下書き・ノート等を含む中世の寓話から現代の絵本までの資料を利用して、過去の豊かで様々な児童文学を探求する、小学生・教員・生涯学習のためのウェブサイトです。

また、様々な能力や関心を持つ子どもが一次資料からインスピレーションを得て、自身で物語や詩、イラスト、豆本、グラフィックノベルを創作することを促す、創作活動の貯蔵庫を提供するとしています。

同サイトでは、BL、セブンストーリーズ 英国・子どもの本センター、英・オックスフォード大学及び同大学ボドリアン図書館、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)の児童文学コレクションが統合されています。

京都市動物園、「SDGsってなんだ!? in 京都市動物園~絵本を使って生物多様性について学んでみよう~」を開催:園内の図書館カフェで絵本の展示も

2020年2月9日、京都市動物園が、同園のレクチャールームで「SDGsってなんだ!? in 京都市動物園~絵本を使って生物多様性について学んでみよう~」を開催します。

同園の環境教育を推進する「生き物・学び・研究センター パワーアップ事業」の一環として、絵本でSDGs推進協会及びNPO法人アトリエ・Petataから二人の絵本専門士を招いて、絵本の読み聞かせとワークショップにより親子でSDGsを学ぶものです。

紹介した絵本は、動物園内の図書館カフェで2月9日から展示されます。

参加費は無料です(動物園の入園料は別途必要)。

内容は以下の通りです。

・絵本の読み聞かせでSDGsを学ぼう(午前1回・午後1回 定員各回60人(先着順))
・(ワークショップ)ゾウの糞から紙を作って学ぼうSDGs(定員20人)

京丹後市立大宮図書室(京都府)、一般財団法人平井嘉一郎財団からの寄附金で平井嘉一郎文庫用の児童書を購入:今回で11回目

2019年12月23日、京都府の京丹後市は、大宮図書室内の平井嘉一郎文庫への図書の充実を図ることを趣旨とした一般財団法人平井嘉一郎財団からの寄附金で、児童書等218冊を購入したと発表しています。

当該図書の貸出開始は2020年1月10日からで、貸出に先立ち、当日、大宮こども園の園児約43人を招いての絵本の読み聞かせが行われます。

平井嘉一郎文庫は、ニチコン株式会社の創業者とされる故平井嘉一郎の遺志を引き継いだ遺族からの寄附金で購入した児童書からなる文庫です。

今回で11回目の寄附で、これまでで計2,948冊の書籍が購入されました。

平井嘉一郎財団からの寄付で大宮図書室に児童書218冊を購入(令和2年1月10日から貸出開始)(京丹後市, 2019/12/24)
https://www.city.kyotango.lg.jp/top/shisei/3/4/11581.html

奥州市立胆沢図書館(岩手県)、「猫ノ図書館」開館3周年記念イベント「ノラネコぐんだんまつり」を開催

岩手県の奥州市立胆沢図書館は、猫本コーナー「猫ノ図書館」が2020年2月22日(猫の日)で開設から3年を迎える事を記念し、2019年1月5日から2月22日にかけて、イベント「ノラネコぐんだんまつり」を開催すると発表しています。

工藤ノリコ氏の「ノラネコぐんだん」シリーズが猫ノ図書館のお祝いを盛り上げるためにやって来るという企画で、

・ノラネコぐんだんの絵本の複製パネル展

・ノラネコぐんだんの世界を楽しもう!
1)ノラネコぐんフォトスポット
2)ノラネコぐんだんぬりえ(全2回開催)
3)ノラネコぐんだんぬりえおめんワークショップ(全2回開催)
4)ノラネコぐんだんぬりえ缶バッジワークショップ

・猫ノ図書館限定スペシャルイベント
1)ノラネコぐんだん&むぎ館長特製カードで書く「猫ノ図書館3周年お祝いメッセージツリー」
2)ノラネコぐんだん図書館ジャック!
3)ビッグブック「ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ」の読み聞かせ

を実施すると発表されています。

ワークショップ参加には事前の申し込みが必要です。

ページ