児童書

NPOブックスタート、「赤ちゃんへの絵本贈呈事業」に関する全国調査2020の結果を発表

2021年9月24日、NPOブックスタートが、「赤ちゃんへの絵本贈呈事業」に関する全国調査2020の結果を発表しました。

日本でのブックスタートが開始から20周年を迎えたことを機に、自治体在住の0歳から1歳の子ども全員を対象に絵本を贈呈する事業の実施状況について、全国の自治体(1,741市区町村)を対象として2021年3月に調査が行われ、1,498市区町村から回答が寄せられました。

発表の中では、全国の自治体の78.6%(1,368市区町村)が同事業を行い、人口規模が大きい自治体は未実施率が高くなる傾向が見られると述べられています。回答の内、約5割は図書館・図書室が事業を主管し、8割以上が集団健診等の母子保健事業の機会に実施しており、絵本を仲立ちとして、異なる分野の機関が連携して赤ちゃんの成長や保護者の子育てを応援していることが分かったと指摘しています。

「赤ちゃんへの絵本贈呈事業」に関する全国調査 2020(NPOブックスタート, 2021/9/24)
https://www.bookstart.or.jp/1843/

大阪市立城東図書館、ナゾときゲーム「ワルビリーからのちょうせんじょう SDGsで謎の俳句を解き明かせ!」を城東区役所の協力により実施

大阪市立城東図書館が、2021年10月1日から10月31日まで、ナゾときゲーム「ワルビリーからのちょうせんじょう SDGsで謎の俳句を解き明かせ!」を、持続可能な開発目標(SDGs)に取り組んでいる城東区役所の協力により実施します。

主に小学4年生以上を対象としたもので、館内に展示しているSDGsの17の開発目標にちなんだ絵本のなかから、掲示されているパネルに書かれたヒントをもとに「ワルビリーの推し絵本」17冊を選び出す内容です。すべての絵本の題名をあわせると謎の俳句が見つかります。

ワルビリーからのちょうせんじょう SDGsで謎の俳句を解き明かせ! 10月1日から10月31日まで(大阪市立図書館,2021/9/4)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jofmzygq2-510#_510

【イベント】ブックスタート全国研修会2021(11/25・オンライン)

2021年11月25日、NPOブックスタートが、「ブックスタート全国研修会2021」をオンラインで開催します。

テーマは「親子の愛着形成を支える地域協働のかたち」です。都道府県単位で毎年開催していた「ブックスタート研修会」を、2021年度は「全国研修会」と名称を改め開催すると述べられています。

参加費は無料であり、事前の申し込みが必要です。

当日の主なプログラムは以下の通りです。

●講演「地域で育もう、子どもと家族! ~社会の宝物を預かる私たち~」
三石知左子氏(東京かつしか赤十字母子医療センター院長、小児科医)

●報告・事例紹介
NPOブックスタート
・読みきかせの体験と絵本のプレゼントがもたらすもの
・コロナ禍のブックスタート

国際図書館連盟(IFLA)、LGBTQ+に関するコンテンツについてのハンガリーの法律に対し声明を発表

2021年8月25日、国際図書館連盟(IFLA)が、事務局長名でLGBTQ+に関するコンテンツについてのハンガリーの法律に対する声明を発表しました。

声明の中で、IFLAは、最近のハンガリーにおける法改正を注視していると述べ、中でも、6月に可決された児童書における同性愛や性別適合の描写の禁止を定めた条項について言及しています。

子どもに本へのアクセスを提供する際に、図書館も同法律の対象となる可能性があり、全ての人に情報へのアクセスを提供するという使命を果たすための図書館の能力と責任に関する問題をもたらすと指摘しています。また、図書館は、コミュニティのあらゆる経験が反映された資料について、アクセスを妨げたり、妨げるように強制したりしてはならないと強調されています。

加えて、IFLAは、同法律に反する出版者・著者・書店を支持し、他の国・地域での同様の規制の廃止を求めると述べています。

【イベント】東京大学Cedep×ポプラ社 オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本·本」シリーズ第2回「乳幼児の絵本体験を問う:乳幼児はどのように絵本を体験しているか?」

2021年8月28日、東京大学教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)と株式会社ポプラ社の共催により、オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本·本」シリーズの第2回「乳幼児の絵本体験を問う:乳幼児はどのように絵本を体験しているか?」がオンラインで開催されます。

国内外のブックスタート事業の最新動向、保育現場や図書館における乳幼児と絵本のかかわりについての研究成果についての講演が行われます。また、討論を通じて、乳幼児期からの絵本・本とのより良いかかわり方や豊かな読書環境を実現するための手掛かりについて考えるとあります。

定員は500人(要事前申込・先着順)で、参加費は無料です。

当日のプログラムは以下の通りです。

・講演「ブックスタートの可能性 -日本と海外の事例から-」
佐藤いづみ氏(NPOブックスタート グローバルネットワーク推進マネージャー)

・講演「乳児期からの絵本をめぐる共同活動の発達と読書環境構成:共同研究の知見をふまえて」
菅井洋子氏(川村学園女子大学 教授)

・指定討論
秋田喜代美氏(学習院大学 教授/東京大学 名誉教授)

東京子ども図書館、ボローニャ絵本館を併設する板橋区立中央図書館と連携協定を締結

2021年7月28日、東京子ども図書館が、ボローニャ絵本館を併設する板橋区立中央図書館と連携協定を締結したと発表しています。

両館ではこれまでも交流がありましたが、より積極的に連携を図ることを目的に連携協定を締結したとしています。

ニュース(東京子ども図書館)
https://www.tcl.or.jp/%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0/
※「板橋区立中央図書館と連携協定を結びました! 2021年7月28日」とあります。

E2406 - 佐賀県における「チーム司書ネットワーク等推進事業」の取組

佐賀県では,2020年度から「県立図書館司書が中心となって市町立図書館司書(市町立図書館には,公民館図書室も含む。以下同じ。)とのネットワークを強化し,市町立図書館支援の充実および県内司書のレベルアップを図ることにより,県民が本に親しむ環境づくりの充実を図る」ことを目的とした「チーム司書ネットワーク等推進事業」に取り組んでいる。

大阪市の靱公園にて、人と人とのつながりをつくる交流イベント「えほんpicnic 2021」が開催:大阪市立中央図書館の司書がおすすめの絵本を選定

2021年7月31日、大阪市西区の靱公園において、えほんpicnic実行委員会主催の「えほんpicnic 2021」が開催されます。雨天の場合、翌日に順延されます。

「えほんpicnic」は、「絵本」をキーワードに、人と人とがつながるきっかけをつくる交流イベントで、2011年から開催されています。

2021年は、大阪市立中央図書館の司書が絵本ソムリエとなって選定したおすすめの絵本(15セット(1セット3冊))を読むことができる「絵本picnic」、家で眠っている絵本を持ってきて他の絵本と交換する「わらしべmethod」、絵本の読み聞かせや紙芝居が行われるほか、大阪市西区をはじめとした地元の会社を知ることができるワークショップ「キッズおしごとLABO」等が行われます。

「えほんpicnic」が開催されます!(大阪市西区,2021/7/19)
https://www.city.osaka.lg.jp/nishi/page/0000539686.html

伊万里市民図書館(佐賀県)、「天の川としょかん」を開催中:同館26周年記念

2021年7月7日から7月11日まで、佐賀県の伊万里市民図書館が、「天の川としょかん」を開催しています。

同館が7月7日に開館26周年を迎えることを記念したものであり、天の川をイメージした図書館に、星や宇宙、恋愛に関する一般書・児童書777冊が並べられています。また、発表によると、星形のカードに願い事を書き、天の川に貼ることもできます。

『天の川としょかん』が5日間だけ!開館します(伊万里市民図書館)
https://www.library.city.imari.saga.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=319&comment_flag=1&block_id=1277#_1277

E2389 - 図書館プロレスラーとしょカーン誕生:地域連携での情報発信

2020年12月27日,板橋区立グリーンホール(東京都)で行われた,いたばしプロレスリングの試合で,日本初の図書館プロレスラー「としょカーン」がデビューした。板橋区には図書館が12館あり,各館の役割や地域特性を考慮した「特色ある資料」の収集が蔵書構築指針により定められている。図書館プロレスラーの誕生は,板橋区立東板橋図書館の担当する「特色ある資料」の一つが「スポーツ」であることから,板橋区公認のプロレスリング団体「いたばしプロレスリング」(以下「いたプロ」)との連携が始まったことによる。

ページ