国立国会図書館

【イベント】「平成27年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~-」(1/11・仙台)

国立国会図書館は、東北大学災害科学国際研究所との共催で、平成28年1月11日に、東北大学災害科学国際研究所多目的ホールにて、東日本大震災アーカイブ国際シンポジウムを開催します。シンポジウムでは、被災した自治体が災害の記録をデジタルアーカイブとして保存し、公開する意義を考え、デジタルアーカイブの利点と課題について議論を行います。

特別講演として、インドネシアから、アチェ津波博物館館長のトミー・ムリア・ハサン氏を招き、海外における災害メモリアル施設と震災アーカイブの実例を紹介します。続いて被災自治体における震災アーカイブの事例報告、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」と東北大学災害科学国際研究所「みちのく震録伝」の進捗報告、岩手県における震災アーカイブの状況報告を行います。さらに、自治体による震災アーカイブの意義と課題について議論するパネルディスカッションも予定しています。

参加費は無料ですが、事前に申込みが必要です。

「平成27年度東日本大震災アーカイブ国際シンポジウム-地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~-」を2016年1月11日に東北大学で開催します(付・プレスリリース)(国立国会図書館,2015/11/18)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2015/1212843_1830.html

国立国会図書館、書誌IDリストのオープンデータセットを公開

国立国会図書館(NDL)が、2015年11月17日、NDLが提供する書誌情報をより効果的に利用されるよう、各書誌情報を結びつけるキーとなる各種のIDをリスト化し、提供しました。

このリストは、次のIDを対象にしています。

・国立国会図書館の書誌ID(NDLBibID)
・全国書誌番号(JPNO)
・国際標準図書番号(ISBN)
・国立国会図書館で付与した永続的識別子(NDLJP)

このIDリストは、営利・非営利の目的を問わず、利用手続なしで自由に利用することができます。

また、このリストでは、例えば、[ISBN]から対応する[NDLBibID]を、[JPNO]から対応する[NDLJP]を調べることができます。それにより、「国立国会図書館サーチ」のAPIやオープンデータセットの「国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報」を、効果的・効率的に活用することができます。また、[ISBN]をキーとして使えば、国立国会図書館の書誌情報と国立国会図書館以外が提供する書誌情報をマッピングさせることもできます。

「国立国会図書館のデータを使い尽くそうハッカソン」のご案内
8. 利用できるAPIなど(NDL Lab)
http://lab.ndl.go.jp/cms/?q=hack2015#api

【イベント】国立国会図書館第26回保存フォーラム(12/18・東京)

2015年12月18日、国立国会図書館(NDL)東京本館において、第26回保存フォーラムが開催されます。

第26回保存フォーラムでは、「その展示、本を傷めていませんか?-保存と展示の両立を考える-」をテーマに、展示環境に関する講演とさまざまな機関の展示の実例から、展示における保存対策について考えます。

東京文化財研究所文化遺産国際協力センター国際情報研究室長・加藤雅人氏による講演「紙資料の展示環境」(仮題)の後、一橋大学附属図書館・印刷博物館・熊本県菊陽町図書館・NDLからの実例報告を行ないます。

定員は80名(先着順)です。

第26回保存フォーラムのご案内(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/news/1212620_1484.html

5年で60%のURLが消滅:国立国会図書館、国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)で収集した国の機関のウェブサイトのURLの残存率の調査結果を発表

2015年11月4日、国立国会図書館は、国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)で収集した「国の機関」のウェブサイトのURLの残存率の調査結果を発表しました。

WARPで集めた「国の機関」のウェブサイトの中から1,000万ファイルを抽出して、過去5年間の残存状況を分析し、各年に存在したURLが2015年にどのくらい残っているかを調査したところ、残存率は年をさかのぼるにつれて低くなり、5年前(2010年)のURLは60%がなくなっています。

府省ごとの「URL残存率」、「URL残存率(ディレクトリ階層)」、「ファイル分布」の3種類の分析結果も併せて公表しています。

国立国会図書館インターネット資料収集保存事業 新着情報(WARP)
http://warp.da.ndl.go.jp/
※「2015年11月4日「国の機関サイトの残存率」を掲載しました。5年で60%のURLがなくなっています。」とあります。

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)で、長岡市立中央図書館文書資料室・長岡市災害復興文庫から新潟県中越地震関連の資料を公開

2015年10月23日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)で、長岡市立中央図書館文書資料室・長岡市災害復興文庫から新潟県中越地震関連の資料を公開しました。

長岡市立中央図書館文書資料室~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(38)
http://kn.ndl.go.jp/information/417

参考:
長岡市立中央図書館、「長岡市災害復興文庫展2015 楽しく学ぶ!~長岡市資料整理ボランティア10年のあゆみ~」(10/20~11/23)を開催
Posted 2015年10月22日
http://current.ndl.go.jp/node/29727

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、写真企画株式会社が定点的に撮影した航空写真(斜め写真)を追加(館内限定公開)

2015年10月23日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、写真企画株式会社が定点的に撮影した航空写真(斜め写真)が追加されました(館内限定公開)。

岩手県・宮城県・福島県の東日本大震災により被害を受けた11地点に対し、震災前と震災直後から2年後までの4回にわたって写真企画株式会社が撮影したものです。

写真企画~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(39)(国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく),2015/10/23)
http://kn.ndl.go.jp/information/421

写真企画
http://www.syasinkikaku.co.jp/enganjisin/index.html

【イベント】国立国会図書館(NDL)、「国立国会図書館のデータを使い尽くそうハッカソン」を開催(11/28-29・東京)

国立国会図書館(NDL)は、2015年11月28日と29日に、「LODチャレンジ2015」「アーバンデータチャレンジ2015」の開催に合わせて、「国立国会図書館のデータを使い尽くそうハッカソン」を開催します。

ハッカソンでは、NDLのデータの新しい使い方についてアイデアを練り、アプリケーションやツールを試作する作業を、2日間かけて、参加者がチームに分かれて行います。

NDLのデータを使って仕事に役立つツールを試作したい図書館の方、出版物のメタデータの可視化やテキストマイニングを試みたい方、NDLのデータを使った面白いスマートフォン用アプリを開発してLODチャレンジやアーバンデータチャレンジに応募したい方など、NDLのデータの利活用に関心のある方の参加を募集しています。

定員は15人程度で、参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

「国立国会図書館のデータを使い尽くそうハッカソン」を開催します(NDL Lab,2015/10/15)
http://lab.ndl.go.jp/cms/?q=node/36

「国立国会図書館のデータを使い尽くそうハッカソン」のご案内(NDL Lab)
http://lab.ndl.go.jp/cms/?q=hack2015

LODチャレンジ2015

国立国会図書館、『びぶろす』誌で「地図を読む」を特集

国立国会図書館(NDL)の刊行する『びぶろす』誌(行政・司法各部門の支部図書館と専門図書館の連絡情報誌)の70号(2015年10月)で、「地図を読む)」をテーマとする特集が掲載されました。

特集では以下の記事が掲載されています。

・国立国会図書館地図室について~地図室所管資料の概要、保管及び利用について~
(国立国会図書館 利用者サービス部人文課)
・都市圏活断層図の紹介 ~知ることから防災・減災へ~
(国土交通省国土地理院応用地理部 三谷麻衣)
・海図について ~安全な航海のための必須アイテム~
(海上保安庁海洋情報部航海情報課)
・東京都立中央図書館所蔵江戸図のご紹介
(東京都立中央図書館サービス部情報サービス課 西田美奈子)

びぶろす- Biblos
http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/index.html

国立国会図書館(NDL)、歴史的音源(れきおん)で提供する音源のうち、著作権・著作隣接権の保護期間満了を確認した約300点を、新たにインターネットで公開

国立国会図書館(NDL)は、2015年10月14日に、歴史的音源(れきおん)で提供する音源のうち、著作権・著作隣接権の保護期間満了を確認した約300点を、新たにインターネット公開しました。

これにより、インターネット上で公開する歴史的音源は約1,400点となりました。

歴史的音源約300点を新たにインターネットで公開しました(NDL,2015/10/14)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2015/1212316_1830.html

リスト[XLS]
http://dl.ndl.go.jp/html-resources/rekion_internet_201510.xlsx

参考:
国立国会図書館、歴史的音源専用サイト(れきおん)の英語版を公開
Posted 2015年1月21日
http://current.ndl.go.jp/node/27835

国立国会図書館、歴史的音源(れきおん)に音源紹介「レコードによる浪曲の普及」、「聴く演劇」、「日本オペラ史の足跡」を掲載
Posted 2014年6月18日
http://current.ndl.go.jp/node/26369

国立国会図書館、歴史的音源約1万点を「れきおん」に追加
Posted 2013年9月27日

国立国会図書館(NDL)、「全国書誌データ提供」のページをリニューアル

2015年10月14日、国立国会図書館(NDL)は、「全国書誌データ提供」のページをリニューアルしました。

全国書誌データの利用を考えている図書館に対してのページをリニューアルしたものですが、収録されている書誌情報は、刊行前や刊行直後のタイミングでの新刊書の予約、選書・発注には使えませんので、民間MARCの利用などをご検討ください。

国立国会図書館新着情報(NDL,2015/10/14)
http://www.ndl.go.jp/index.html
※「「全国書誌データ提供」のページをリニューアルしました。全国書誌データの利用をお考えの図書館のみなさまは、ぜひご覧ください。」とあります。

全国書誌データ提供ー全国書誌データの利用を考えている図書館のみなさまへ(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/data_service/jnb/index.html

全国書誌データ提供ー全国書誌データ提供サービス一覧(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/data_service/jnb/faq.html

全国書誌データ提供ー国立国会図書館サーチからの提供(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/data_service/jnb/ndl_search.html

ページ