地域

佐賀市の古湯温泉にある古民家を「泊まれる図書館」に!:泊まれる図書館プロジェクト、クラウドファンディングの目標額を達成

2016年6月21日、クラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」で協力が呼びかけられていた「佐賀・古湯温泉に、本好きの聖地「泊まれる図書館」をつくりたい!」と題したプロジェクトが、支援目標金額を達成し、募集を終了しました。

このプロジェクトは、佐賀市にある古湯温泉の古民家を改築し、昼間はカフェ付の図書館、夜は一日一組限定で泊まれる図書館、という図書館をつくるものとなっており、本の購入費と本棚の製作費のため、協力が呼びかけられていました。

【クラウドファンディング開始!】佐賀・古湯温泉に「泊まれる図書館」をつくります!!(泊まれる図書館プロジェクト, 2016/5/31)
http://library-inn.jp/blog/at-furuyu-spa/

佐賀・古湯温泉に、本好きの聖地「泊まれる図書館」をつくりたい!(CAMPFIRE)
https://camp-fire.jp/projects/view/5830

佐賀・古湯温泉「泊まれる図書館」の準備につき、本日は営業をお休みいたします(旅と古本の店「ひとつ星」, 2016/6/19)
http://onestar.cc/furuyu-library/

Facebook(泊まれる図書館プロジェクト(佐賀・古湯温泉))

鳥取市立中央図書館、まちライブラリーを開設へ

鳥取市立中央図書館が、まちライブラリーの開設に向けて準備を進めています。

2016年7月1日開設予定で、設置場所は、駅南庁舎2階とJR鳥取駅構内の2か所が予定されています。

地元紙の報道等によれば、鳥取市内では、既に、個人と民間事業者が1カ所ずつまちライブラリーを開設しているとのことです。

中央図書館 まちライブラリーにあなたの本1冊を!(鳥取市立図書館,2016/6/20)
https://www.lib.city.tottori.tottori.jp/opw/OPW/OPWNEWS.CSP?SID=l4u9f2PGOy_cnmIv4Vwya_7r2LROeiaoU08QVxOPtY3m&PID=OPWMESS&DB=LIB&MODE=1&LIB=&TKAN=ALL&CLASS=1&IDNO=100427
https://www.lib.city.tottori.tottori.jp/c1/bib/pdf10192.pdf

本介して”つながる” 7月、まちライブラリー開設(日本海新聞,2016/6/21)
https://www.nnn.co.jp/news/160621/20160621008.html

全国のまちライブラリー(まちライブラリー)

【イベント】信州発・これからの図書館フォーラム・都道府県立図書館サミット2016(7/1・長野)

2016年7月1日、長野県の塩尻市立図書館・市民交流センターえんぱーくで、都道府県立図書館サミット2016実行委員会、県立長野図書館、塩尻市立図書館の共催により、信州発・これからの図書館フォーラム・都道府県立図書館サミット2016「直接・間接・併用の議論を超えて-新しい都道府県立図書館モデル」が開催されます。

・キーノートクロストーク「なぜ、いま都道府県立図書館サミットか」:
 県立長野図書館長/共同実行委員長・平賀研也氏
 アカデミック・リソース・ガイド株式会社/共同実行委員長・岡本真氏

・都道府県立図書館クロスレビュー「都道府県立図書館のいま」:
 白河市立図書館・新出氏
 岡本真氏

・都道府県立図書館パネルトーク「私たちが描くこれからの都道府県立図書館」:
 青森県立図書館長・佐藤宰氏
 鳥取県立図書館・小林隆志氏
 岡山県立図書館・森山光良氏
 平賀研也氏
 岡本真氏
 ほか数名

・クロージング「都道府県立図書館サミット宣言」

といったプログラム、登壇者が予定されています。

都道府県立図書館関係者を主とした招待制のイベントですが、6月15日現在、一般参加の募集が開始されています。

Facebook(【一般参加者の申込受付開始/要別途登録】7/1(金)・都道府県立図書館サミット2016@塩尻)

お寺図書館~絵本ときどきゴロ寝~(6/16・京都)

2016年6月16日の11時から15時頃まで、京都市の天性寺で「お寺図書館~絵本ときどきゴロ寝~」が開催されます。

京都で母子が楽しく子育てができる場を作るために活動している団体MaMan KYOTOの主催で、住職夫人が集めた絵本約300冊が用意され(貸出は不可)、寝転んだり、食事をしたりしながら、親子でリラックスして絵本との時間を楽しんでもらうことを目的としています。

当日は読み聞かせも行われます(11:30、12:30、14:00)。

親子参加限定となっており、費用は一家族500円、定員は親子約30組です。
事前に同イベントのFacebookページの参加ボタンを押して参加を申し込む必要があります。

Facebook(お寺図書館~絵本ときどきゴロ寝~)
https://www.facebook.com/events/1716842201904652/

Facebook(MaMan KYOTO,2016/6/14)
https://www.facebook.com/mamankyoto/photos/a.763948513704726.1073741829.758528950913349/812058118893765/?type=3&theater

参考:
千歳市立図書館、「赤ちゃんタイム」導入

さんごさん:五島列島(長崎県)の空き家をリノベーションして図書館にするプロジェクト

2016年6月8日付の長崎新聞で、長崎県五島市富江町にある空き家の古民家を、図書館機能を備えた交流施設に再生するプロジェクト「さんごさん」が紹介されています。

8月6日の開館を予定しており、「島の人が使いたくなる」「外の人が訪れたくなる」「島の人と外の人が交流する」をコンセプトに、

・「人生ベスト3」の本と出会える図書館
・「五島こども大学」の開講
・泊まれる図書館

という活動に取組み、いろんな使い方が可能な、地域に開けた図書館を目指すとうたわれています。

空き家を人が集う図書館に(長崎新聞,2016/6/8)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/06/08091904048058.shtml

五島列島の古民家を、港町の小さな図書館「さんごさん」に!(FAAVO)
https://faavo.jp/nagasaki/project/1330

さんごさん
http://sangosan.net/

Facebook(さんごさん)
https://www.facebook.com/sangosan/

Twitter(@353sangosan)
https://twitter.com/353sangosan

参考:

【イベント】まちづくりシンポジウム 「「地方創生時代のまちづくりと図書館」 ~瀬戸内市を市民が学び助け合う共生の大地に~」(7/2・岡山)

2016年7月2日、岡山県の瀬戸内市中央公民館で、まちづくりシンポジウム 「「地方創生時代のまちづくりと図書館」 ~瀬戸内市を市民が学び助け合う共生の大地に~」が開催されます。

2016年6月1日に開館した瀬戸内市民図書館・もみわ広場の開館記念事業としの一環として開催されるもので、

●慶應義塾大学教授の片山善博氏による基調講演(テーマ:「地方自治の自立と市民協働」 ~民主主義の砦としての図書館とは~)

●シンポジウム(テーマ:「地方創生時代のまちづくりと図書館」~瀬戸内市を市民が学び助け合う共生の大地に~)
※パネリストは片山氏、劇作家の平田オリザ氏、女優・脚本家の中江有里氏、
島根県海士町立図書館司書の磯谷奈緒子氏、瀬戸内市長の武久顕也氏で、コーディネーターは、元NHKエグゼクティブアナウンサーの町永俊雄氏

というプログラムが予定されています。

瀬戸内市民図書館・もみわ広場が開館しました(瀬戸内市, 2016/6/1)
http://www.city.setouchi.lg.jp/kurashi/shisei/machinowadai/h28/1464749741764.html

瀬戸内市民図書館 もみわ広場 開館記念事業(瀬戸内市民図書館)

東北地区大学図書館協議会、加盟間の沿革や状況を写真とともにまとめた「東北地区大学図書館アーカイブ」を刊行

2016年6月1日、東北地区大学図書館協議会は、同協議会の第70回総会の記念事業として刊行した「東北地区大学図書館アーカイブ」を公開しました。

協議会に加盟する、東北地方の7つの国立大学、11の公立大学、35の私立大学の図書館について、写真や沿革、現在の状況等が掲載されています。

東北地区大学図書館アーカイブ
http://www.library.tohoku.ac.jp/tohokuchiku/archive.pdf

東北地区大学図書館アーカイブ
http://www.library.tohoku.ac.jp/tohokuchiku/archive.html

【イベント】日本図書館研究会特別研究例会「地方における生涯学習の視点からの図書館づくりの到達点と課題~大分・長崎・滋賀・三重・和歌山での実践を通して~」(6/5・大阪)

2016年6月5日、大阪市中央区の大阪府立男女共同参画青少年センター(ドーンセンター)で、日本図書館研究会の特別研究例会「地方における生涯学習の視点からの図書館づくりの到達点と課題~大分・長崎・滋賀・三重・和歌山での実践を通して~」が開催されます。

発表者は和歌山大学附属図書館長・教授の渡部幹雄氏です。参加に事前申し込みは必要なく、日本図書館研究会の会員以外も参加可能です。

日本図書館研究会特別研究例会(日本図書館研究会)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2016/sp-invit.html

参考:
【イベント】日本図書館研究会第316回研究例会「活発化する読書条例の制定について」(7/17・大阪)
Posted 2015年6月30日
http://current.ndl.go.jp/node/28787

岩手県、震災津波関連資料を収集・デジタル化する「岩手県震災アーカイブ(仮称)」構築へ

2016年5月27日、「岩手県震災津波関連資料の収集・デジタル化並びにデジタルアーカイブ構築及び運用保守業務に係る一般競争入札について」の入札公告がなされ、ウェブページが開設されています。

2015年度に策定された「震災津波関連資料収集・活用等に係るガイドライン」にもとづき、「岩手県震災アーカイブ(仮称)」を2017年3月31日までに構築するものです。

岩手県震災津波関連資料の収集・デジタル化並びにデジタルアーカイブ構築及び運用保守業務に係る一般競争入札について(岩手県, 2016/5/27)
http://www.pref.iwate.jp/nyuusatsu/it/045564.html

関連:
震災津波関連資料の収集・活用等に係るガイドライン 策定のお知らせ(岩手県, 2016/4/18)
http://www.pref.iwate.jp/fukkoukeikaku/38398/044702.html

ページ