地域

韓国国立中央図書館(NLK)、慶州市・独楽堂所蔵の古書・古文書等の展示を実施:民間所在の古文献調査・デジタル化の成果

2019年10月14日、韓国国立中央図書館(NLK)が、10月15日から12月15日まで、慶州市・独楽堂所蔵の古文献等の展示を実施すると発表しました。

NLKは、韓国の古文献の体系的管理や活用を担っており、2015年12月から3年間をかけて、慶州市の驪州李氏の独楽堂が所蔵する古文献の調査・デジタル化を実施し、3,043点の書誌及び画像をNLKの運営する韓国古典籍総合目録システムで登録・公開しました。

同資料を広報するため驪州李氏の宗家の許可を得て、今回展示を行うものです。

独楽堂の資料がソウルで展示されるのは初めてとのことで、独楽堂の所蔵する国指定の「宝物」16点など38点の古書・古文書が展示されるほか、独楽堂を建てた儒者・李彦迪の遺品11点も展示されます。

また、韓国の代表的建築物として宝物に指定されている独楽堂の「渓亭」を展示会場に再現しています。

「第5回図書館レファレンス大賞」の最終審査候補3事例及び奨励賞が発表される

2019年11月21日に第21回図書館総合展のフォーラム内で最終審査が行われる、「第5回図書館レファレンス大賞」の最終審査候補に選ばれた3事例が発表されています。

「図書館レファレンス大賞」は昨年までの「地方創生レファレンス大賞」の要項に大改訂を加えて今年から開催されるもので、募集内容を「何らかの成果に結びついたレファレンスサービス実施事例」だけでなく、「レファレンスサービス利用を促進する取り組み事例」にも拡大するともに、「ビジネス支援」のレファレンスだけでなく、レファレンスサービス全体に対象を拡大(公共図書館だけでなく全館種が応募可能)したものです。

締切までにあった22件の応募から選ばれた最終審査候補は以下の3事例です。

・田原市図書館(愛知県)
「まちづくりにつながる行政・議会支援サービス」

・近畿大学中央図書館
「すべてのカウンターにレファレンスを! -年間登録件数1万2千件 レファレンス統計システムの活用-」

・九州大学附属図書館
「Web学習ガイド「Cute.Guides」による課題解決支援」

また、奨励賞として以下の5件が発表されています。

NPO民俗芸能を継承するふくしまの会、台風第19号により被災した郷土芸能の道具の修繕の相談を受け付け:芸能団体の被災情報の提供も呼びかけ

2019年10月14日、NPO民俗芸能を継承するふくしまの会が、台風第19号により被災した郷土芸能の道具の修繕の相談を受け付けていると、同会のTwitterで発信しています。

また、県内外を問わず、芸能団体の被災情報の提供も呼びかけており、情報が寄せられた場合、関係各所に繋ぐとしています。

同会は、福島県の民俗芸能等の文化の価値を広く認識してもらうとともに、後世に継承させるために活動している団体です。

@minkeifukushima(Twitter,2019/10/14)
https://twitter.com/minkeifukushima/status/1183686482684305409

NPO民俗芸能を継承するふくしまの会
http://minkei-fukushima.jp/

南相馬市立中央図書館(福島県)、開館10周年事業 「声の森プロジェクト」を実施:図書館へのメッセージや図書館・読書を題材にした文芸作品・美術作品を募集

2019年10月9日、福島県の南相馬市立中央図書館が、開館10周年事業 「声の森プロジェクト」を実施すると発表しています。

12月に同館が開館10周年をむかえるにあたって、図書館での思い出や、出会った本のこと、これからどんな図書館であってほしいかなどを、メッセージカードで募集するもので、寄せられたカードは、12月1日から12月22日まで同館内で展示されます。

あわせて、図書館や読書を題材にした文芸作品や美術作品なども募集し、同じく12月1日から12月22日まで同館内で展示します。

中央図書館開館10周年事業 『声の森プロジェクト』(南相馬市,2019/10/9)
https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/sections/61/6180/61801/1/10222.html

E2180 - その先の,道へ:図書館総合展フォーラム2019in札幌<報告>

2019年7月6日,札幌市において2019年2回目の図書館総合展地域フォーラム(CA1944参照)が開催された。北海道で初めての開催である。会場は2018年10月にオープンした札幌市図書・情報館であり,都市部のビジネス支援に特化した同館が紹介され,実際に見学できるとあって,224人(主催者発表)の参加者があった。

真庭市立中央図書館(岡山県)、地元酒蔵の蔵元による講座「日本酒を識る」を開催:試飲会も実施

岡山県の真庭市立中央図書館が、2019年11月3日、講座「日本酒を識る」を開催します。

同館を会場とした、同地の酒蔵「御前酒辻本店」の七代目蔵元による、酒造り・菌の種類・蔵のこだわりやおススメなど、ものづくり・日本酒文化についての約50分の講座ののち、同館から徒歩2分の御前酒辻本店に移動しての試飲会(甘酒、酒粕キャンディ、仕込水もあり)も行なわれます。

講座受講は無料ですが試飲への参加には500円が必要です。

真庭市立中央図書館でまなぶ、味わう「日本酒を識る」(真庭市立図書館)[PDF:1ページ]
https://lib.city.maniwa.lg.jp/osake11031.pdf

「日本酒を識る」開催のお知らせ(真庭市)
http://www.city.maniwa.lg.jp/webapps/www/event/detail_1.jsp?id=13173

【イベント】第28回京都図書館大会「災害等の諸課題に立ち向かう図書館」(12/2・福知山)

2019年12月2日、京都府福知山市の市民交流プラザふくちやまにおいて、第28回京都図書館大会「災害等の諸課題に立ち向かう図書館」が開催されます。

豪雨や台風、地震等の災害が発生する中で、図書館ができる災害への対応・対策のほか、それに関連する諸課題について考える内容となっています。

プログラムは次のとおりです。

・基調講演「災害と図書館」
井口和起氏(福知山公立大学学長、京都府立京都学・歴彩館顧問)

・講演「図書館とユニバーサルデザイン -多様化するニーズにどう向き合うか-」
関根千佳氏(同志社大学客員教授)

・事例発表1「災害を自分ごとにする 図書館でできる震災対策」
鈴木光氏(一般社団法人減災ラボ代表理事、総務省消防庁防災図上訓練指導員、工学院大学客員研究員)

・事例発表2 「『やさしいまち明石』の図書館が目指すユニバーサルサービス ―そして災害の時に―」
松見香織氏(あかし市民図書館 読書バリアフリー担当マネージャー)

参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

【イベント】文化財防災ネットワーク推進事業シンポジウム「地域社会と文化財 ― 身近にある文化財、それをまもり伝える意味」(12/7・東京)

2019年12月7日、東京国立博物館において、国立文化財機構主催の文化財防災ネットワーク推進事業シンポジウム「地域社会と文化財 ― 身近にある文化財、それをまもり伝える意味」が開催されます。

2019年4月に文化財保護法が改正され、地方公共団体に対して、指定文化財・未指定文化財の隔てなく、各地域での文化財の保存活用のための取り組みの計画的・継続的な実施を求めていることから、地域の文化財に焦点を当て、それをまもり伝えていくことの意味と方法を考えるものです。

聴講無料ですが、事前の申し込みが必要で、定員は300人(申し込み先着順)です。

内容は以下の通りです。

・基調講演
人口減少社会における文化財保護の可能性 宗田好史氏(京都府立大学副学長・教授)

・プログラム
講演1 みんなでまもる地域の文化財―和歌山県の取り組みから 大河内智之(和歌山県立博物館主任学芸員)

講演2 地域の復興に文化財が果たす役割―福島県双葉町の文化財 吉野高光(福島県双葉町教育委員会総括主任主査)

・パネルディスカッション
宗田氏、大河内氏、吉野氏、岡田健氏

伊賀市上野図書館(三重県)・伊賀鉄道、ハロウィンをテーマに「おはなしでんしゃ2」を運行

三重県の伊賀市上野図書館と伊賀鉄道が、2019年10月27日、ハロウィンをテーマに「おはなしでんしゃ2」を運行します。

2019年3月31日に初運行して以来の2回目の運行で、今回は、同館のおはなしボランティアグループ「よもよも」によるハロウィンをテーマにした絵本の読み聞かせ等を10月11日から31日まで同鉄道・忍者線(伊賀線)で運行される「ハロウィントレイン」の車両の中で行なうものです。

その他、車内には、画用紙等で「かぼちゃおばけ」を工作するスペースも設けられるほか、仮装しての乗車もできます。

運行区間は、14時02分発臨時列車による忍者市(上野市)駅・伊賀神戸駅間1往復です(約1時間)。

対象は、小学生および未就学児とその保護者30組で、参加費用として大人500円・小児(小学生)250円が必要です。 

おはなしでんしゃ2(伊賀市の図書館・図書室,2019/10/3)
https://www.iga-library.jp/?p=6342

茅ヶ崎市立図書館(神奈川県)、「郷土資料デジタルライブラリー」によるバーチャル下見ののち「まち歩き」をする「茅ヶ崎の昔“南湖院みち”を歩く~デジタルライブラリーを見て~」を開催

2019年10月31日、神奈川県の茅ヶ崎市立図書館が、湘南ふじさわシニアネットとの共催により、「茅ヶ崎の昔“南湖院みち”を歩く~デジタルライブラリーを見て~」を開催します。

同館では郷土資料を「デジタル化」して利用・保存を両立させる事業「郷土資料デジタルライブラリー」を湘南ふじさわシニアネット(認定NPO法人)と協働で行っており、今回は、郷土資料デジタルライブラリーによるバーチャル下見ののち、約2キロの「まち歩き」を行なうものです。

定員は20人 (申込み先着順)です。

茅ヶ崎の昔“南湖院みち”を歩く~デジタルライブラリーを見て~(茅ヶ崎市立図書館)
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kyouiku/1004953/1032745.html

郷土資料デジタルライブラリー(茅ヶ崎市立図書館)
https://chigasaki-dlib.jp/

ページ