アウトリーチ

国際図書館連盟(IFLA)、特別なニーズのある人々に対する図書館サービス分科会(LSN)のパンフレットを日本語を含む9つの言語に翻訳して公開

2021年4月21日、国際図書館連盟(IFLA)の特別なニーズのある人々に対する図書館サービス分科会(LSN)が、同分科会の英語パンフレットを9つの言語に翻訳して公開しました。

英語版は、2019年の世界図書館情報会議(WLIC)で配布されたもので、今回英語から翻訳された言語は、アラビア語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、ドイツ語、スペイン語、ブルガリア語、日本語、ノルウェー語、スウェーデン語です。

Library Services to People with Special Needs Brochure Translated into Nine Languages(IFLA,2021/4/21)
https://www.ifla.org/node/93832

静岡県庁で、静岡県立中央図書館の資料の受取が可能に

2021年3月24日、静岡県立中央図書館は、4月9日から静岡県庁で同館の資料の受取が可能になると発表しています。

インターネット予約により同館資料を市町立図書館等で受け取ることができるサービスの受取館に静岡県庁を追加したもので、県庁の行政資料コーナーである県民サービスセンターで受け取ることができます。

「お知らせ」記事一覧(静岡県立中央図書館)
https://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/index.html
※2021年03月24日欄に「市町立図書館等受取サービスの受取館追加等について」とあります。

国立精神・神経医療研究センター病院、図書館流通センター、大日本印刷株式会社、共同で「医療観察法病棟電子図書館プロジェクト」を開始

2021年3月24日、国立精神・神経医療研究センター病院、図書館流通センター(TRC)、大日本印刷株式会社(DNP)は、共同で「医療観察法病棟電子図書館プロジェクト」を開始したことを発表しました。

全国の医療観察法病棟の入院処遇対象者が利用可能な電子図書館を構築し、電子書籍の読書について、研究参加者の実際の行動や効果を検証するプロジェクトです。

期間は最長2024年3月までを予定しており、電子図書館の活発な利用や、対象者の精神状況・社会復帰に良い影響を与えることが確認されれば、速やかに研究からサービスに移行することを目指していると述べられています。

医療観察法病棟電子図書館プロジェクトの開始へ(国立精神・神経医療研究センター, 2021/3/24)
https://www.ncnp.go.jp/topics/2021/20210324p.html

E2354 - アンフォーレと安城市図書情報館の挑戦

2017年にオープンした「安城市中心市街地拠点施設アンフォーレ(以下「アンフォーレ」)」およびその中核施設である安城市図書情報館(愛知県)は,この度「Library of the Year 2020」のオーディエンス賞を受賞した。本稿では,特に評価されたポイントを中心に,当館の取組みを紹介したい。

E2348 - 公民連携ブックストアとの連携協力:大阪市立港図書館の取組

2020年10月18日,大阪市港区に,ブックストア「KLASI BOOKs(クラシ・ブックス)」がオープンした。地元の公共施設として大阪市立港図書館が連携協力している。本稿では,蔵書約7万冊の小さな港図書館が取り組む公民連携について,大阪市立図書館において地域図書館の統括部署に所属する筆者が,その経過や意義を紹介する。

E2352 - 米国国立公文書館(NARA)のソーシャルメディア新戦略

2020年9月,米国国立公文書館(NARA)は2021年度から2025年度までのソーシャルメディア戦略を公表した。この戦略はNARAの使命「高い価値をもつ政府記録への市民のアクセスを通じ,開放性を向上させ,市民参加を促進し,国の民主主義を強化する」を達成する鍵として位置づけられており,同館が館全体で定める以下4つの戦略目標とも密接に関連している。

米国における下院選挙・大統領選挙の投票結果と公共図書館の利用状況との間の関連性の調査(文献紹介)

2020年12月15日付で刊行された、カナダ・アルバータ大学のラーニングサービス部門が刊行する季刊誌“Evidence Based Library and Information Practice”(EBLIP)の第15巻第4号に、米国カンザス州のエンポリア州立大学の大学院生であるルンド(Brady D. Lund)氏ら3人の共著論文として、“Election Voting and Public Library Use in the United States”が掲載されています。

著者らは、米国における下院選挙・大統領選挙の投票結果と公共図書館の利用状況との間に相関関係が存在するかどうかの調査を実施し、内容や考察を同論文で報告しました。調査の情報源には、2010年・2012年・2014年・2016年の米国連邦議会の下院選挙、2012年・2016年の米国大統領選挙の投票結果、及び米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)による公共図書館の概況調査で示された2010年・2012年・2014年・2016年の公共図書館の利用統計が用いられています。

豊田市中央図書館(愛知県)、「図書館を知りつくそう!外国人のためのバックヤードツアー」を実施:ベトナム語、中国語、ポルトガル語、英語の4コース

2021年1月5日、愛知県の豊田市中央図書館が、「図書館を知りつくそう!外国人のためのバックヤードツアー」を実施することを発表しました。

同県在住在勤の外国人とその家族を対象に、通訳ボランティアによる同時通訳付きで、館内の案内や貸出機器等の利用方法の説明が行われます。ツアー当日に、同館の利用カードを作成できます。

ベトナム語コース、中国語コース、ポルトガル語コース、英語コースの4つがあり、定員は各15人です。

各コースの開催スケジュールは以下の通りです。

・ベトナム語コース:2月6日
・中国語コース:2月20日
・ポルトガル語コース:2月27日
・英語コース:3月9日

E2338 - コロナ禍の学外者向け図書館サービス : 神戸国際大学の取り組み

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により,神戸国際大学でも多くの大学同様に対面式の授業はもちろん大学の行事も中止せざるをえない状況が続いている。その間にデータベースなどの学外利用や学習支援を目的とした動画配信など,自館・他館ともにこれまでとは異なるサービスへの取り組み事例を目にする機会が増え,例年よりも多忙という印象を受けている。

広島県立図書館、県内の高等学校で電子図書館サービス「With Booksひろしま」の出張体験会を実施中

広島県立図書館が2020年12月3日から、県内の高等学校で電子図書館サービス「With Booksひろしま」の出張体験会を実施しています。

広島県立図書館は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けた、「うちで読もうよ」~ Stay Home! Read Books! ~プロジェクトの一環として、2020年7月から中学生・高校生を主な対象とした電子図書館サービス「With Booksひろしま」の提供を開始しました。

「With Booksひろしま」の出張体験会では、同館の職員によるログイン方法・本の選び方・本を読むときの操作方法の説明や、電子書籍の利用体験等が行われています。広島県立大柿高等学校で12月3日に行われた第1回体験会では同校の83人の生徒が、広島県立尾道東高等学校で12月11日に行われた第2回体験会では同校の図書委員を中心とした30人近くの生徒が参加しました。

ページ