ドキュメントデリバリー

JST所蔵資料複写サービス、2016年2月29日をもって終了

科学技術振興機構は、コンテンツシート、受入証明の発行を含むJST所蔵資料複写サービスを、2016年2月29日をもって終了するとのことです。また、株式会社サンメディアが提供する「エクスプレスFAXサービス」も、同日をもって提供を終了するとのことです。

情報資料館(東京都練馬区)の業務は、筑波資料センター(茨城県つくば市)に統合し、筑波資料センターにおいて所蔵資料の閲覧サービスを継続するとのことです。また、株式会社ジー・サーチが提供する「JDreamⅢ」や「J-GLOBAL」等の情報検索サービス等に収録する科学技術文献データについては、これまでと同様にJSTで引き続き作成し、サービスを継続するとのことです。

また、株式会社ジー・サーチでは、科学技術文献情報データベース「JDreamⅢ」から複写が利用できる「JDreamⅢ複写サービス」を、2015年7月13日に開始するとのことです。

【重要】JST所蔵資料複写サービスの終了のお知らせ(科学技術振興機構情報企画部、2015/07)
http://jipsti.jst.go.jp/copy_s/new/info20150615_1.html

科学技術情報プラットフォーム(科学技術振興機構)
http://jipsti.jst.go.jp/
※2015年7月13日付けでお知らせが掲載されています。

株式会社ジー・サーチ、科学技術文献情報データベース「JDreamⅢ」から複写が利用できる「JDreamⅢ複写サービス」を開始

2015年7月13日、株式会社ジー・サーチは、科学技術文献情報提供サービス「JDreamⅢ」の回答結果表示から直接、学術文献を入手出来るドキュメントデリバリーサービス「JDreamⅢ複写サービス」を開始したとのことです。
JDreamⅢ複写利用料は毎月締めでJDreamⅢ利用料金と合わせて請求され、文献入手は、郵送・FAX送信・PDF送信の3種類から選択可能とのことです。

このサービスの詳細については、7月23日に東京、大阪で開催する以下のセミナーの複写サービスセッションでも紹介されるとのことです。

無料セミナー「学術文献の利用と著作権管理の最新動向」
2015年7月23日(木)13:00~16:30
https://jdream3.com/session/document.html
※申込が必要です。また、大阪会場は東京会場の模様を生中継するとのことです。

JDreamⅢからのドキュメントデリバリーサービスを大幅に拡充「JDreamⅢ複写サービス」を7月13日から提供開始 ~国内初、幅広い学術文献を入手できる文献情報提供プラットフォームに~(ジー・サーチ、2015/07/13)
http://www.g-search.jp/release/2015-07-13-000507.html

米コピーライト・クリアランス・センター(CCC)、“DirectPath”の提供開始

米コピーライト・クリアランス・センター(Copyright Clearance Center:CCC)が、2014年6月5日、文献の検索、アクセス、購入等を支援する製品“DirectParth”のリリースをアナウンスしています。案内によると、利用者は、PubMedその他のディスカバリー・プラットフォームあるいはDirectPathのインターフェースで検索したコンテンツを、入手あるいは購入すること等を支援するもので、アナウンスでは、文献提供機関(ドキュメントサプライヤー)としては英国図書館(BL)と提携していることが特記されています。

アナウンス
Copyright Clearance Center Launches DirectPath?(CCC, 2014/6/5付け)
http://www.copyright.com/content/cc3/en/toolbar/aboutUs/newsRoom/pressReleases/press_2014/press-release-14-06-05.html

DirectPath
http://www.copyright.com/content/cc3/en/toolbar/productsAndSolutions/directpath.html

概要(PDF)

ページ