学術出版

欧州委員会(EC)、オープンアクセス(OA)出版プラットフォーム“Open Research Europe”を正式公開

2021年3月24日、欧州委員会(EC)は、オープンアクセス(OA)出版プラットフォーム“Open Research Europe”の正式公開を発表しました。

“Open Research Europe”は、欧州連合(EU)における2021年から2027年の研究・イノベーション支援プログラムHorizon Europeとぞの前身であるHorizon 2020による助成を受けた研究成果物に対して、OA出版を提供するプラットフォームです。研究者・市民を問わず誰もが最新の科学の知見に無料でアクセスできることを目指しており、研究成果の再利用の遅延・障壁、高額な費用など、研究成果の公開に関わる主要な問題に直接対処した取り組みとして説明しています。“Open Research Europe”はHorizon Europe及びHorizon 2020で助成を受けた研究者へのオプションサービスとして提供され、該当する研究者は費用負担を負うことなく、研究成果物をOA化し、研究成果の即時OA化に関する助成要件を満たすことができます。

正式公開された“Open Research Europe”では、様々な分野の約40本の論文が投稿され、内容の閲覧・レビューが可能になっています。

Springer Nature社と米・カリフォルニア大学バークレー校図書館、同校著者の単行書のオープンアクセス(OA)出版に関する契約を締結

2021年3月23日、Springer Nature社は、米・カリフォルニア大学バークレー校図書館と単行書のオープンアクセス(OA)出版に関する契約を締結したことを発表しました。同社による機関との単行書のOA出版に関する契約締結は、今回が初めての事例となります。

同契約は2021年から少なくとも3年間の間、同校所属の著者によるあらゆる分野の単行書のOA出版に対して、出版のための資金を提供する内容です。契約の対象となる単行書はSpringer、Palgrave、Apressといった同社のインプリントから刊行され、2021年後半に同契約による最初のタイトルが出版されます。

今回の契約は、2020年にSpringer Nature社とカリフォルニア大学システムが締結した転換契約を補完する位置づけとして説明されています。同大学の著者は転換契約の締結によって2,700タイトル以上の同社の学術雑誌で研究成果のOA化が可能となった一方、研究成果の発表を単行書で行うことが一般的な分野が存在することから、バークレー校図書館はこうした分野の研究者を直接支援するために新たな契約を締結しました。

欧州研究図書館協会(LIBER)、公的助成による研究成果物がゼロエンバーゴで二次出版可能であることを規定したモデル法を策定し公開

2021年3月16日、欧州研究図書館協会(LIBER)は、公的助成による研究成果物がゼロエンバーゴで二次出版可能であることを規定したモデル法(model law)として、“Draft Law for the Use of Publicly Funded Scholarly Publications”を公開したことを発表しました。

LIBERは同日付で、プランSの「権利保持戦略」や欧州委員会の助成プログラム“Horizon Europe”などを背景に、公的助成による研究成果物のゼロエンバーゴによる公開を支援するキャンペーンを開始しました。モデル法は同キャンペーンの一環として、適法にオープンリポジトリ上でゼロエンバーゴにより研究成果物を公開可能とする目的で提案されました。LIBERの著作権・法的諸問題に関するワーキンググループとオープンアクセス(OA)に関するワーキンググループが合同で作成し、2020年6月に理事会で全会一致による承認を得ています。

Springer Nature社、Plan Sに準拠した「転換雑誌」2誌を2022年に創刊

2021年3月11日、Springer Nature社が、2022年にネイチャー・ポートフォリオからジャーナル3誌を創刊することを発表しました。

創刊されるのは、心血管系および血液学のあらゆる分野を扱う“Nature Cardiovascular Research”、化学合成と材料合成の全分野を扱う“Nature Synthesis”、行動科学・社会科学系分野のレビュー誌“Nature Reviews Psychology”です。

3誌の内、“Nature Cardiovascular Research”と“Nature Synthesis”はPlan Sに準拠した「転換雑誌」であると述べられています。

米・Educopia Institute、学術出版インフラ開発プロジェクト“Next Generation Library Publishing”による、出版インフラのギャップや要件の調査等に関する文書を公開

2021年3月16日、米国のMLAおよびその他の文化資源保存機関の連携促進を目的とする非営利組織Educopia Instituteは、学術出版インフラ開発プロジェクト“Next Generation Library Publishing(NGLP)”による、出版インフラのギャップや要件の調査等をまとめた文書“Library Publishing Infrastructure: Assembling New Solutions”の公開を発表しました。

同文書は、NGLPのプロジェクトチームが2019年から2021年にかけて実施した調査を基にまとめられています。調査は、出版活動を支援するツールや環境に関する、図書館による出版の利害関係者の最近のニーズ・関心等を把握すること、出版に利用できるオープンソースのツールや環境等に対するメタ理解を構築することを目的に行われました。調査の内容は、15件のインタビュー、10件のフォーカスグループやワークショップ、アイデア募集(回答数100件以上)等です。

オープンアクセス出版社・PLOS、掲載論文に表示する評価指標を自社開発の“Article Level Metrics(ALM)”からAltmetric社による提供に変更

2021年3月10日、オープンアクセス出版社・PLOSは、掲載論文に表示する評価指標について、自社開発の“Article Level Metrics(ALM)”からAltmetric社による提供に変更したことを発表しました。

同日から、掲載論文の“Metrics”タブに表示されるデータが全てAltmetric社の提供となり、“Media Coverage”タブのリンク先もAltmetric社のものに変更したことを紹介しています。

発表では、ALMを廃止する旨が示されており、オルトメトリクスに関する同社のオペレーションのバトンをAltmetric社に手渡すとしています。

A Farewell to ALM, but not to article-level metrics!(The Official PLOS Blog, 2021/3/10)
https://theplosblog.plos.org/2021/03/a-farewell-to-alm-but-not-to-article-level-metrics/

scite、Wiley社の学術誌121誌にスマート引用を実装することを発表

scite は、2021年3月10日付けのmediumでの投稿において、Wiley社との提携によりWiley社の学術誌にスマート引用を実装することを発表しました。1年間のパイロットプロジェクトを通じ121誌がその対象となります。

sciteは、スマート引用を介して科学論文を発見・評価するためのプラットフォームです。なお、スマート引用とは、引用のコンテキストならびに引用された主張を支持しているかまたは異議をとなえているかの分類を提供することにより、論文がどのように引用されているかを示すものです。

scite Launches Smart Citations on 121 Wiley Journals(medium, 2021/3/10)
https://medium.com/scite/scite-launches-smart-citations-on-121-wiley-journals-298f4a802ac7

筑波大学、「筑波大学ゲートウェイ」での論文公開を開始:英語・日本語に対応したオープンリサーチ出版ゲートウェイ

2021年3月18日付で、筑波大学が、英語・日本語に対応したオープンリサーチ出版ゲートウェイ「筑波大学ゲートウェイ」での論文公開を開始したと発表しました。

同ゲートウェイは、オープンアクセス(OA)出版プラットフォームを提供するF1000 Research社との契約に基づき、同大学が開発を進めてきたものです。発表時点では英語論文の公開査読が始められており、査読完了後にScopus等に自動登録されます。日本語論文についても、間もなく公開すると述べられています。

NEWS一覧(筑波大学)
https://www.tsukuba.ac.jp/news/index.html
※2021年3月18日付で、「日本語にも対応した世界初のオープンリサーチ出版である筑波大学ゲートウェイでの論文公開開始」と掲載されています。

Elsevier社、LexisNexis社との提携により化学分野の研究開発のための情報ソリューションReaxysで提供する特許情報を拡充

2021年3月10日、Elsevier社は、化学分野の研究開発のための情報ソリューションReaxysが提供する特許情報の充実を図るため、米国の法律・ビジネス情報等のプロバイダーLexisNexis社と提携することを発表しました。

両社の提携により、Reaxysのユーザーは、LexisNexis社の特許分析プラットフォーム“PatentSight”や特許検索ソフトウェア“TotalPatent One”の基盤となる同社の知的財産分野のコンテンツへ直接アクセス可能になります。特許情報がLexisNexis社提供コンテンツへ拡充されたことで、Reaxysでは105か国の特許庁情報・約1億4,100万件の特許文献情報・56機関が提供する特許全文情報から、製薬・化学部門の特許検索が可能になります。また、外国語特許の英訳表示を行うことも可能です。

Elsevier社は、今回の提携はLexisNexis社との長期的な協力関係の第一歩を示すものである、としています。

米・カリフォルニア大学とElsevier社、4年間の転換契約を締結

2021年3月16日、米国のカリフォルニア大学は、Elsevier社とオープンアクセス(OA)出版モデルへの転換契約を締結したことを発表しました。

両者の契約は条件面で折り合うことができず、2019年に解消していましたが、その後約2年間の交渉の末に、今回の契約への合意に至りました。契約は2021年4月1日に発効し、契約期間は4年間です。契約の発効後、カリフォルニア大学所属者は、同大学が購読していたElsevier社刊行の学術雑誌等へ再びアクセス可能になる他、同社の約2,300タイトルの学術雑誌について、研究成果をOA出版する機会が提供されます。また、早ければ2022年4月以降に、同社の転換契約としては世界で初めて、Cell Press及びLancet系列誌へのOA出版の機会が提供されることを紹介しています。

ページ