政府文書

沖縄県公文書館による「琉球政府文書デジタルアーカイブズ推進事業」

沖縄県公文書館が行う、琉球政府時代の公文書をデジタル化し公開する「琉球政府文書デジタルアーカイブズ推進事業」について、2014年4月30日付けの琉球新報の記事で紹介されています。記事によると、同館では約16万点の琉球政府文書が保存されており、そのうち約13万点がデジタル化される見込みとのことです。2015年4月に一部文書の公開を開始する予定とのことです。

琉球政府文書の電子化進む 来年4月ネット公開(琉球新報, 2014/4/30)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-224532-storytopic-1.html

沖縄県公文書館
http://www.archives.pref.okinawa.jp/

「琉球政府文書デジタル・アーカイブ推進事業」の取材(沖縄県公文書館 業務日誌, 2014/4/22)
http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2014/04/422.html

参考:
沖縄県公文書館、16万簿冊の琉球政府文書から一部をデジタル化して試行公開
Posted 2013年2月6日
http://current.ndl.go.jp/node/22846

E1404 - 米国統治時代の沖縄関係資料の現地収集及びウェブ公開の意義

英国公文書館、議会文書は原則として電子版の提供のみに

2014年3月7日の英国公文書館(TNA)のニュースで、議会文書の印刷についての運用の変更が伝えられています。

2014年2月24日から、TNAは紙での印刷は行わず、電子版を提供することで、どの出版者でも政府文書の印刷・販売できるようになっているとのことです。

政府文書は、Gov.ukのウェブサイトで、印刷ができる状態のPDFで公開されており、"Official document status"で対象となる文書を絞り込むことも可能です。

紙媒体の政府文書を購入できる出版者も紹介されています。

Change in the publication of parliamentary papers
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/915.htm

Publications(Gov.uk)
https://www.gov.uk/government/publications

How to buy print copies of official documents
https://www.gov.uk/how-to-buy-printed-copies-of-official-documents

Types of parliamentary papers

ページ