学生協働

京都大学図書館機構、「留学生学習サポート強化週間」の期間中に大学院生スタッフ「学習サポートデスク」による英語・中国語・韓国語・インドネシア語の講座を開催

2020年10月16日、京都大学図書館機構は、10月26日から11月13日までの期間を「留学生学習サポート強化週間」として、同大学附属図書館の大学院生スタッフ「学習サポートデスク(Learning Support Desk)」による留学生の学習サポートを強化することを発表しました。

「留学生学習サポート強化週間」の期間中、ウェブ会議サービスZoomを利用したオンライン形式で、英語による「電子リソースの利用方法」「文献の調べ方・集め方」「LaTeXの使い方」、中国語による「人文社会系の研究方法」「学術的な日本語の使い方」、韓国語による「実験レポートの書き方」、インドネシア語による「学術的な日本語の使い方」をテーマとした講座が、それぞれ「学習サポートデスク」のスタッフを講師として開催されます。京都大学図書館機構は、開催する各講座の録画を後日学内限定で公開する予定です。

【図書館機構オンライン講習会】留学生学習サポート強化週間のお知らせ(京都大学図書館機構,2020/10/16)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1387437

大阪大谷大学図書館、同大学の司書課程科目「図書館サービス特論及び演習」で作成されたパスファインダーを館内閲覧室で展示

2020年9月1日、大阪大谷大学図書館(大阪府富田林市)は、同大学が開講する司書課程科目「図書館サービス特論及び演習」の受講生が作成したパスファインダーを同館本館閲覧室で展示していることを発表しました。

同館は現在、事前予約制により利用時間に制限の付いた開館状況ですが、館内に展示中のパスファインダーは自由に活用することができます。

図書館からのお知らせ 2020 ☆ 新しい<パスファインダー>が完成!!(大阪大谷大学,2020/9/1)
https://www.osaka-ohtani.ac.jp/facilities/library/news/202009_7406.html

参考:
京都女子大学の司書課程で行われた「レファレンスPOP」という試み
Posted 2011年10月5日
https://current.ndl.go.jp/node/19237

韓国・華城市立図書館、新型コロナウイルス感染拡大下の住民の思いを収集・保存する「市民感情アーカイブプロジェクト」を実施

2020年8月28日、韓国・京畿道の華城市立図書館が、新型コロナウイルス感染拡大下の住民の思いを収集・保存する「市民感情アーカイブプロジェクト」の実施を発表しています。同プロジェクトでは、2つの事業が行われています。

1つ目は、現在の困難な状況を住民が一丸となって克服しようという趣旨のもと、絵や短い文章の形式で収集した住民の思いを活用して、タイル壁画を作成する「タイル壁画アート」です。協成大学校の学生とともに、同館の泰安図書館で製作される予定です。

2つ目は、新型コロナウイルス感染拡大下の感情や思考を表す単語を収集し、住民とともにその意味を定義し辞典を編纂する「単語辞典編纂」です。収集した資料は水原大学校の学生で構成される編纂委員会によって辞典として編纂されます。

【イベント】第10回大学図書館学生協働交流シンポジウム(9/11・オンライン)

2020年9月11日、Microsoft社のTeamsアプリを利用したオンライン会議形式で、中国四国地区大学図書館協議会主催の第10回大学図書館学生協働交流シンポジウムが開催されます。

大学図書館学生協働交流シンポジウムは、全国の大学図書館の学生・教職員が協働で行っている様々な活動を報告し交流することを目的として毎年開催され、2020年度は梅光学院大学(山口県下関市)を会場として準備が進められていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、オンライン形式により開催されることとなりました。感染症拡大下において、苦労した点も含めてどのような活動をしたかについて、各大学から活動報告が行われる予定です。

参加には事前の申し込みが必要です。また、参加申し込みは各大学の代表者が団体として行う必要があります。

第10回大学図書館学生協働交流シンポジウム(梅光学院大学図書館)
http://www.baiko.ac.jp/university/library/sympo2020

京都女子大学図書館学研究会KWUICLS、Twitter上で勝負を決めないビブリオバトル「#バーチャル図書基地」を実施中

2020年4月11日から、京都女子大学の学生サークル「京都女子大学図書館学研究会KWUICLS」がTwitter上で「#バーチャル図書基地」を実施しています。

KWUICLSは、勝負を決めないビブリオバトルとして、あるテーマに沿った本を部員それぞれ持ち寄って紹介しあう「図書基地」をメイン活動のひとつとして実施しています。「#バーチャル図書基地」はこの活動をTwitter上で、全ての本好きの人々が参加可能な形で実施するものです。

4月11日の最初の投稿では、KWUICLSの部員によって、新入生におすすめしたい本をテーマとして、ポプラ社のポプラポケット文庫として刊行されたカナダの作家・モンゴメリーによる『赤毛のアン』シリーズが動画で紹介されました。

「#バーチャル図書基地」へは部員が投稿した動画つきツイートにリプライすることで参加することができます。

@kwuicls(Twitter,2020/4/7)
https://twitter.com/kwuicls/status/1247482779282968576

京都府立図書館、京都大学の学生・院生の協力を得て、「京都府立図書館こどもの居場所づくり」を実施

京都府立図書館が、同館3階マルチメディアインテグレーション室において「京都府立図書館こどもの居場所づくり」を実施すると発表しています。

京都大学の学生・院生の協力を得て、学校の課題・自己学習の学習支援、同館所蔵図書による読書、「ひし形多面体をつくってみよう」「ひかるツリーをつくってみよう」といった科学体験、4次元デジタル宇宙シアターによる宇宙体験を行うものです。

実施日は2020年3月24日・25日・27日・31日及び4月2日・3日で、対象は小学生(保護者等の送迎が可能な児童に限る) です。昼食及びお茶等は各自持参で、参加日の朝には検温及び体調チェックを行なう必要があります。また、会場は定期的に換気を行い、手指消毒用のアルコールを設置するとしています。

定員は各日15人(申込多数の場合は抽選制)で参加費は無料です。申込が少ない日や、今後の新型コロナウイルスの感染状況により中止する場合があるとしています。

鹿児島大学附属図書館、鹿児島大学附属図書館サポーターによる「県内大学等学生の図書館活動に関する意見交換会」を開催

2020年2月12日、鹿児島大学附属図書館が、同館において、鹿児島大学附属図書館サポーターによる「県内大学等学生の図書館活動に関する意見交換会」を開催します。

県内の大学等において図書館活動を行っている学生や、図書館活動に関心のある県内大学等の学生等が対象で、参加者が情報共有や連携を深めることで、今後の各大学等での図書館活動の活性化や図書館利用の促進につなげることが目的です。

同館の見学会や、参加者による意見交換会が行われます。

県内大学等学生の図書館活動に関する意見交換会(鹿児島大学附属図書館, 2020/2/4)
https://www.lib.kagoshima-u.ac.jp/ja/news/2020/2/supiken2020

田原市図書館(愛知県)、豊橋技術科学大学からの実務訓練生が作成したミニゲーム「本を片付けて!」を公開

2020年1月23日、愛知県の田原市図書館が、豊橋技術科学大学からの実務訓練生が作成したミニゲーム「本を片付けて!」を公開しました。

次々とやってくる利用者がカウンターに返しにくる本を片付けるゲームで、たまに返される黒い本は利用者に戻すというルールです。片付けた本の数が増えるとレベルアップし、利用者の数もスピードも上がっていきます。15冊積みあがるとゲームオーバーです。

パソコン、スマートフォンで遊ぶことができ、結果の画面をツイートして共有することも可能です。

田原市図書館 お知らせ
http://www2.city.tahara.aichi.jp/section/library/index.html
※2020.1.23欄に「新しくゲームができるようになりました」とあります。

京都市中央図書館、「京都外大生による多言語おはなし会」を実施

2020年1月19日、京都市中央図書館において、「京都外大生による多言語おはなし会」が開催されました。

同館と京都外国語大学多言語・多文化絵本読み聞かせの会の連携企画です。

英語・中国語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語などで、絵本の読み聞かせ、歌や世界の遊び、外国の冬の過ごし方のお話等を行なうことを通じて、世界の言葉や国々を紹介するものです。幼児向けと小学生向けの2部制で行われています。

京都外国語大学のプレスリリースによると、科学研究費「複言語・複文化活動を通した学びの共同体の構築と有効性(課題番号17K02907)」の助成を受けているとのことです。

中央図書館「京都外大生による多言語おはなし会」の実施について(京都市教育委員会, 2020/1/17)
https://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/page/0000263462.html

愛知県図書館にて愛知県立芸術大学の芸術講座「愛知芸大生とブックディレクター幅充孝が考える新しい県図書と公共図書館の姿」を開催

2020年2月7日、愛知県図書館1階エントランス「Yotteko(ヨッテコ)」において、愛知県立芸術大学の芸術講座「愛知芸大生とブックディレクター幅充孝が考える新しい県図書と公共図書館の姿」が開催されます。

ブックディレクターの幅允孝氏を講師に迎え、公共図書館の現在の話とともに、愛知県立芸術大学の学生と一緒に考えた図書館の未来を報告するものです。

入場は無料です。

芸術講座 愛知芸大生とブックディレクター幅充孝が考える新しい県図書と公共図書館の姿」を開催します(愛知県図書館, 2020/1/16)
https://www.aichi-pref-library.jp/index.php?key=bbvohcu1c-219#_219

ページ