学生協働

京都女子大学図書館学研究会KWUICLS、Twitter上で勝負を決めないビブリオバトル「#バーチャル図書基地」を実施中

2020年4月11日から、京都女子大学の学生サークル「京都女子大学図書館学研究会KWUICLS」がTwitter上で「#バーチャル図書基地」を実施しています。

KWUICLSは、勝負を決めないビブリオバトルとして、あるテーマに沿った本を部員それぞれ持ち寄って紹介しあう「図書基地」をメイン活動のひとつとして実施しています。「#バーチャル図書基地」はこの活動をTwitter上で、全ての本好きの人々が参加可能な形で実施するものです。

4月11日の最初の投稿では、KWUICLSの部員によって、新入生におすすめしたい本をテーマとして、ポプラ社のポプラポケット文庫として刊行されたカナダの作家・モンゴメリーによる『赤毛のアン』シリーズが動画で紹介されました。

「#バーチャル図書基地」へは部員が投稿した動画つきツイートにリプライすることで参加することができます。

@kwuicls(Twitter,2020/4/7)
https://twitter.com/kwuicls/status/1247482779282968576

京都府立図書館、京都大学の学生・院生の協力を得て、「京都府立図書館こどもの居場所づくり」を実施

京都府立図書館が、同館3階マルチメディアインテグレーション室において「京都府立図書館こどもの居場所づくり」を実施すると発表しています。

京都大学の学生・院生の協力を得て、学校の課題・自己学習の学習支援、同館所蔵図書による読書、「ひし形多面体をつくってみよう」「ひかるツリーをつくってみよう」といった科学体験、4次元デジタル宇宙シアターによる宇宙体験を行うものです。

実施日は2020年3月24日・25日・27日・31日及び4月2日・3日で、対象は小学生(保護者等の送迎が可能な児童に限る) です。昼食及びお茶等は各自持参で、参加日の朝には検温及び体調チェックを行なう必要があります。また、会場は定期的に換気を行い、手指消毒用のアルコールを設置するとしています。

定員は各日15人(申込多数の場合は抽選制)で参加費は無料です。申込が少ない日や、今後の新型コロナウイルスの感染状況により中止する場合があるとしています。

鹿児島大学附属図書館、鹿児島大学附属図書館サポーターによる「県内大学等学生の図書館活動に関する意見交換会」を開催

2020年2月12日、鹿児島大学附属図書館が、同館において、鹿児島大学附属図書館サポーターによる「県内大学等学生の図書館活動に関する意見交換会」を開催します。

県内の大学等において図書館活動を行っている学生や、図書館活動に関心のある県内大学等の学生等が対象で、参加者が情報共有や連携を深めることで、今後の各大学等での図書館活動の活性化や図書館利用の促進につなげることが目的です。

同館の見学会や、参加者による意見交換会が行われます。

県内大学等学生の図書館活動に関する意見交換会(鹿児島大学附属図書館, 2020/2/4)
https://www.lib.kagoshima-u.ac.jp/ja/news/2020/2/supiken2020

田原市図書館(愛知県)、豊橋技術科学大学からの実務訓練生が作成したミニゲーム「本を片付けて!」を公開

2020年1月23日、愛知県の田原市図書館が、豊橋技術科学大学からの実務訓練生が作成したミニゲーム「本を片付けて!」を公開しました。

次々とやってくる利用者がカウンターに返しにくる本を片付けるゲームで、たまに返される黒い本は利用者に戻すというルールです。片付けた本の数が増えるとレベルアップし、利用者の数もスピードも上がっていきます。15冊積みあがるとゲームオーバーです。

パソコン、スマートフォンで遊ぶことができ、結果の画面をツイートして共有することも可能です。

田原市図書館 お知らせ
http://www2.city.tahara.aichi.jp/section/library/index.html
※2020.1.23欄に「新しくゲームができるようになりました」とあります。

京都市中央図書館、「京都外大生による多言語おはなし会」を実施

2020年1月19日、京都市中央図書館において、「京都外大生による多言語おはなし会」が開催されました。

同館と京都外国語大学多言語・多文化絵本読み聞かせの会の連携企画です。

英語・中国語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語などで、絵本の読み聞かせ、歌や世界の遊び、外国の冬の過ごし方のお話等を行なうことを通じて、世界の言葉や国々を紹介するものです。幼児向けと小学生向けの2部制で行われています。

京都外国語大学のプレスリリースによると、科学研究費「複言語・複文化活動を通した学びの共同体の構築と有効性(課題番号17K02907)」の助成を受けているとのことです。

中央図書館「京都外大生による多言語おはなし会」の実施について(京都市教育委員会, 2020/1/17)
https://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/page/0000263462.html

愛知県図書館にて愛知県立芸術大学の芸術講座「愛知芸大生とブックディレクター幅充孝が考える新しい県図書と公共図書館の姿」を開催

2020年2月7日、愛知県図書館1階エントランス「Yotteko(ヨッテコ)」において、愛知県立芸術大学の芸術講座「愛知芸大生とブックディレクター幅充孝が考える新しい県図書と公共図書館の姿」が開催されます。

ブックディレクターの幅允孝氏を講師に迎え、公共図書館の現在の話とともに、愛知県立芸術大学の学生と一緒に考えた図書館の未来を報告するものです。

入場は無料です。

芸術講座 愛知芸大生とブックディレクター幅充孝が考える新しい県図書と公共図書館の姿」を開催します(愛知県図書館, 2020/1/16)
https://www.aichi-pref-library.jp/index.php?key=bbvohcu1c-219#_219

神戸大学社会科学系図書館、学生による震災資料展『草の根市民メディアからの発信-「ミニコミ」から問う阪神・淡路大震災』を開催中

神戸大学附属図書館の社会科学系図書館において、2020年1月16日から2月4日まで、学生による震災資料展『草の根市民メディアからの発信-「ミニコミ」から問う阪神・淡路大震災』が開催中です。

同大学の文学部の授業「日本史演習」の一環として学生が作成したもので、当時、避難所やボランティア団体等で情報を伝え共有するために手作りで発行された、「震災ミニコミ」をとりあげ、震災時の情報伝達のあり方や、被災地で活動した人々の取組の一端を紹介するものです。

@KobeU_Lib(Twitter, 2020/1/16)
https://twitter.com/KobeU_Lib/status/1217743431465762816

E2210 - ABDという新たな読書法:本は人を結ぶ縁結びの神様

島根大学図書館コンシェルジュ(以下「コンシェルジュ」)は,その活動の一つとしてアクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)というイベントを2018年度から継続的に行っている。本稿では,ABDを実施するようになった背景,筆者(田中)が島根大学附属図書館(以下「図書館」;島根県松江市)ラーニングコモンズにて2019年10月5日に実施したABD「10年後の仕事図鑑」について報告する。

島根大学附属図書館、同大学法文学部地理学研究室とともに企画展「海図にみる島根県隠岐と東部の港と海岸-明治と平成の海図の比較を通して-」を開催

島根大学附属図書館が同館1階展示室において、同大学法文学部地理学研究室とともに、2019年12月5日から24日まで、企画展「海図にみる島根県隠岐と東部の港と海岸-明治と平成の海図の比較を通して-」を開催することを発表しています。

同企画展は島根県隠岐及び東部地方を記した明治期の海図と現在の海図すべてを一同に集めた展示として実施されます。展示に使用される明治期の海図は国土地理院の前身にあたる陸地測量部作成の地形図よりも古い時期に作成され、島根大学法文学部山陰研究センターが海上保安庁海洋情報部の協力のもと実施した研究共同プロジェクトで発見したものです。新たに発見された明治期の海図と現在の海図とを比較しながら、地域の歴史的変遷を提示する内容で展示が行われます。

同企画展の企画・準備は、島根大学法文学部社会文化学科の専門教育科目「地理学調査法」を受講する学生が中心に行っています。2019年12月5日には学生による展示解説が行われます。

中央大学多摩キャンパス中央図書館、学生企画展示「手でみて楽しむ絵本展」を開催

中央大学が、2019年12月2日から7日まで、中央大学多摩キャンパス中央図書館(東京都八王子市)の2階展示コーナーにおいて、学生企画展示「手でみて楽しむ絵本展」を開催することを発表しています。

この展示は同大学文学部の横山佐紀准教授のゼミに所属する学生の企画によるものです。同大学が所蔵する、視覚障害者向けにさわることで「数」や「形」を学べる工夫がなされた10点程度の絵本の展示が行われます。展示される主な作品として、『はらぺこあおむし:点字つきさわる絵本』やフランスの出版社から刊行された『赤ずきんちゃん』などが紹介されています。

展示は中央大学の学外者も観覧することができます。また、展示期間中には企画者の学生による10分程度のギャラリートークが行われます。

中央大学文学部准教授 横山佐紀のゼミ学生による企画展示「手でみて楽しむ絵本展」を開催(中央大学,2019/11/27)
https://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/communication/press/2019/11/46869/

ページ