MOOC

東京大学、MOOCコンソーシアムedXに参加:2014年秋に講座提供へ

東京大学が、2014年2月18日、MOOCコンソーシアム“edX”に参加し、英語でのコンテンツを公開することを発表しています。最初の講座としては、2014年秋から「Visualizing Postwar Tokyo」を提供する予定とのことです。

東京大学では、2013年秋から“Coursera”において講座を2本提供していますが、利用者は80,000人を超え、そのうち約5,400人に修了証を発行したとのことです。

The University of Tokyo to offer an online course through edX in cooperation with Harvard University and MIT (Public Relations Office)(東京大学、2014/2/18付け)
http://www.u-tokyo.ac.jp/en/news/notices/1936/

報道:
東京大学がedXに参加、MOOCを用いた「反転授業」も実施(PC online, 2014/2/18付け)
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20140218/1121543/

大規模公開オンライン講座(MOOC)サイトの「gacco」が開設:NTTドコモ、NTTナレッジ・スクウェア

2014年2月3日、NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェアが、大規模公開オンライン講座(MOOC)を提供するウェブサイト「gacco」を開設したことを発表しています。日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)公認とのことです。

同日より受講生の募集を開始しており、4月14日より順次開講する予定となっています。

日本初の大規模公開オンライン講座(MOOC)サイト「gacco(ガッコ)」を開設 -本日2014年2月3日から受講生を募集-(株式会社NTTドコモ、NTTナレッジ・スクウェア株式会社、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会、2014/2/3付け)
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/02/03_00.html

gacco
http://gacco.org/about.html

報道:
ドコモとナレッジ・スクウェア、日本初の大規模公開オンライン講座サイト「gacco(ガッコ)」を開設!受講生を募集(mobile ASCII, 2014/2/3付け)
http://mobileascii.jp/elem/000/000/098/98444/

CA1811 - 動向レビュー:MOOCの現状と図書館の役割 / 重田勝介

情報通信技術の発達とインターネットの普及は、時間や場所の制約なく「誰でも・どこでも」学ぶことができる学習環境を、学校や大学の枠組みを超えて提供することを可能とした。近年、大規模に受講者を募りオンライン教育を行う取り組み「MOOC(ムーク)」が普及し始めている。本稿ではMOOC誕生の背景を概観し、MOOCの事例と特徴を整理する。その上で、MOOCの普及や改善にあたって図書館が担いうる役割について解説する。...

ページ