MOOC

工学院大学附属高等学校が「gacco」を導入した反転授業を実施 日本の高等学校では初

2014年10月27日、工学院大学は附属高等学校において、「東京五輪アーカイブ1964-2020」プロジェクト参加学生を対象に、大規模公開オンライン講座(MOOC)サイト「gacco」を教材とした反転授業を実施する、と発表しました。

教材に採用されたのはgaccoの講座の一つである「デジタルアーカイブのつくり方 ~ビッグデータ・オープンデータを紡いで社会につなぐ~」です。生徒は図書館でいつでもgaccoを受講することができます。2014年11月に実施する反転授業は、同講座を受け持つ首都大学東京の渡邉英徳准教授自身が担当するとのことです。プレスリリースによれば、日本の高等学校でgaccoを利用した反転授業を実施するのは初の試みであるとされています。

日本版MOOC『gacco』を工学院大附属高が導入開始(2014年度|プレスリリース|工学院大学、2014/10/27付け)
http://www.kogakuin.ac.jp/press_release/2014/cbr7au000003mex7-att/20141023_gacco.pdf

参考:
E1596 - MOOCを活用した図書館での大学レベルの学習機会の提供 カレントアウェアネス-E No.265 2014.08.28
http://current.ndl.go.jp/e1596

PNC 2014 Annual Conference and Joint Meetingsが開催(台湾)

2014年10月21日から23日にかけて、台湾の故宮博物院において、情報技術を活用して環太平洋地域の高等教育機関の情報共有を促進することを目的としたコンソーシアム“Pacific Neighborhood Consortium(PNC)”の年次国際会議が開催されるようです。今回は、“Museum Computing:An Approach to Bridging Cultures, Communities and Science”をテーマに開催されるようです。

デジタルアーカイブ、デジタル人文学、Linked Open Data 、MOOCCs等をテーマとしたセッションがあるようです。

なお、この大会は、台湾の中央研究院が運営するPNCおよび米国カリフォルニア大学バークレイ校が運営するECAI (Electronic Cultural Atlas Initiative) という二つの学際プロジェクトが共催する年次国際会議で2013年度は日本の京都大学で開催され、14ヵ国から350名が参加したようです。

PNC 2014 Annual Conference and Joint Meetings
http://www.pnclink.org/pnc2014/english/index.html

Program

【イベント】第19回情報知識学フォーラム「教育とデータ:創造される知識とその利活用」 (12/6・東京)

2014年12月6日、情報知識学会が、国立情報学研究所において、第18回情報知識学フォーラム「教育とデータ:創造される知識とその利活用」を開催します。このフォーラムでは、教育評価の現状やe-ポートフォリオ・MOOCを利用した新たな学習形態、これら新しい形式のデータと教育評価との関連について講演があるとのことです。また、今回は、新たな試みとして、ポスターセッションを設ける予定とのことです。

参加費は無料とのことですが、情報知識学会の非会員は資料代(3,000円。学生は1,500円)がかかるとのことです。

第19回情報知識学フォーラム「教育とデータ:創造される知識とその利活用」(情報知識学会のウェブサイト)
http://www.jsik.jp/?forum2014
※参加および発表申込みのフォームは2014年10月9日現在、作成中のようです。

リクルート、Udacityの7講座の日本語字幕版を新たに公開

2014年10月3日、株式会社リクルートホールディングスが、米国を拠点にテクノロジー分野でキャリアアップにつながる教育サービスをオンラインで提供しているUdacityとの協業提携に基づき、Udacityが提供しているMOOC講座の日本語字幕を新たに制作し、日本語による受講に対応したと発表しています。

この提携は2013年から行われてきたとのことで、このたび7講座の日本語版を公開し、日本語字幕付き講座は13コースになったとのことです。

また、リクルートが運営するオンライン教育情報サイト『Edmaps』内に『UDACITY on Edmaps』を特設し、『UDACITY』上の講座について、シラバスの日本語の紹介や講座の紹介動画の日本語字幕を作成しているとのことです。

UDACITYの講座は基本的に無料とのことですが、専属コーチによる学習サポートサービスなど、一部有料のサービスもあるとのことです。

利用には登録が必要になるようです。

リクルート、Udacityの7講座の日本語字幕版を新たに公開「コンピュータサイエンス入門」「データサイエンス入門」「モバイルWeb開発」等の日本語受講が可能に(リクルートホールディングス, 2014/10/3)

JMOOC、大学のMOOC活用に関するワークショップの開催報告として資料と動画を公開

2014年9月4日、日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)が、全国12か所で開催された大学のMOOC活用に関するワークショップの開催報告としてワークショップの資料と2014年7月11日に明治大学で開催されたワークショップの動画を公開しました。このワークショップは各大学におけるJMOOCへの加盟・講座提供の検討にあたっての不明点や懸念に回答するために開催されたとのことです。

公開された資料によると、ワークショップは「MOOCの海外動向とJMOOCの展開」「JMOOC事務局からのご案内」「講座制作についてのご案内」「QAセッション」で構成されたようです。

なお、今後、東京(9月30日)、長野(10月10日)、大阪(10月23日)の3か所でワークショップの開催が予定されているようです。

大学のMOOC活用に関するワークショップ開催報告と第2クール開催日程のお知らせ(JMOOC, 2014/9/4)
http://www.jmooc.jp/news/announce/p781/

大学のMOOC活用に関するワークショップ(PDF;52ページ)
http://www.jmooc.jp/wp-content/uploads/2014/09/jmoocworkshop_1407.pdf

参考:

ペンシルバニア大学、MOOCでニューヨーク公共図書館と協力

米国ペンシルバニア大学が、近現代詩のMOOCである“ModPo”において、ニューヨーク公共図書館と協力することを発表しました。この秋に開校されるAl Filreis氏によるModPoに参加するニューヨークの学習者は、ビデオ討論や、ウェブ放送でのセッション等のオンラインでのアクティビティに加えて、ニューヨークのHudson Park図書館で期間中に毎週行われる、学んだ詩を読む集まりに参加できるとのことです。

Penn's 'ModPo' MOOC partners with the New York Public Library(Penn Current 2014/8/28付け記事)
http://www.upenn.edu/pennnews/current/2014-08-28/latest-news/penns-modpo-mooc-partners-new-york-public-library

E1596 - MOOCを活用した図書館での大学レベルの学習機会の提供

MOOCとは,大規模公開オンライン講座の総称である(CA1811参照)。大学レベルの講義動画をウェブ上に公開することで,どこでも,誰でも,無料で受講できる。しかしまだ課題はある。無料とはいえ受講するにはコストがかかるのである。それは,ウェブに接続するコストや受講機材を手に入れるコスト,機材を使うスキルを習得するコストである。これらのコストが学びの障壁となっている。...

学研とJMOOCが共同で小中学生を対象とした「JMOOC Jr.」のサービスを開始

2014年8月20日、株式会社学研ホールディングスと一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)が、小中学生を対象としたサービス「JMOOC Jr.」(ジェイムークジュニア)を共同で開始することを発表しています。

高等教育レベルの「JMOOC」に加え、JMOOCファミリーのジュニア版とし、初中等教育をベースとした教材の無料配信を行うとのことです。

~今から間に合う自由研究~ 「子ども科学実験教室」と題された講座のうち、8月20日から学研科学創造研究所の湯本博文氏による「電気のふしぎ」が開講されています。

学研と日本オープンオンライン教育推進協議会が共同で「JMOOC Jr.」のサービスを開始
http://www.jmooc.jp/news/release/p758/

JMOOC Jr.
http://www.jmooc.jp/jr/

電気のふしぎ
http://jmooc.jgec.net/jr/courses/index.html

参考:
日本オープンオンライン教育推進協議会(略称:JMOOC)、設立
Posted 2013年10月15日
http://current.ndl.go.jp/node/24591

Asuka Academy、MITの講義を日本語に翻訳して無料公開

2014年8月8日、Asuka Academyが、マサチューセッツ工科大学(MIT)とパートナーシップを締結し、MIT OpenCourseWareで提供される講義を日本語に翻訳して無料公開すると発表しています。

また、日本語のプラットフォーム・受講者コミュニティなどの学習環境の提供、「CLOCW」という独自コンセプトによる講座の修了認定、修了証の発行も予定しているとのことです。講座の学習と修了認定、修了証書発行は無料で提供されるとのことです。

「ルーウィン先生の物理学入門 #1」「Python入門」の2つの講義について、2014年10月1日からの開講を予定しており、受講募集を行っています。

Asuka Academyの講義の日本語翻訳は、有志ボランティアが担っているとのことです。また、今後、MITの講義を中心に、様々な大学のオープンな学習講座の日本語翻訳による提供を予定しているとのことです。

Asuka Academy
http://www.asuka-academy.com/

MIT(マサチューセッツ工科大学)とオフィシャルパートナーシップを締結。 世界で最も定評のある大学講義を日本語で無料ネット提供開始。 (Asuka Academy, 2014/8/8)

JMOOC公認プラットフォーム「OpenLearning, Japan」、9月から開設

2014年7月25日、株式会社ネットラーニングが、日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)公認の大規模公開オンライン講座(MOOC)提供プラットフォーム「OpenLearning, Japan」を2014年9月から開設することを発表しました。動画講義の受講、掲示板などのコミュニケーションツール、相互採点機能、アンケート機能等が統合された、MOOC専用のクラウド型プラットフォームとのことです。

OpenLearning, Japanのホームページでは、9月25日から開校予定である講座の受講者登録が開始されています。今年度中にかけて10大学以上の講座が順次開講される予定とのことです。

JMOOC公認プラットフォーム「OpenLearning, Japan」開設:今年度中に10講座以上開講! 100講座100万人受講を目指して(JMOOC, 2014/7/25)
http://www.jmooc.jp/news/release/p626/

OpenLearning, Japan
https://open.netlearning.co.jp/

参考:
大規模公開オンライン講座(MOOC)サイトの「gacco」が開設:NTTドコモ、NTTナレッジ・スクウェア
Posted 2014年2月4日

ページ