災害

全国の自然史系博物館・大学による令和2年7月豪雨の被害を受けた人吉城歴史館(熊本県)所蔵の植物標本レスキュー支援活動が開始

2020年7月28日、全国の自然史系博物館・大学による令和2年7月豪雨の被害を受けた人吉城歴史館(熊本県)所蔵の植物標本のレスキュー支援活動の開始が発表されています。

同館所蔵の前原勘次郎氏が採集した植物標本が令和2年7月豪雨により水損被害受けたことから、人吉市の依頼により、熊本県および熊本県博物館ネットワークセンターがこの標本を搬出しましたが、水損した標本の数が約3万点という膨大な量であることから、迅速な保存処理を行うために、「植物系学芸員メーリングリスト」などを通じ全国の自然史関係機関に協力を依頼したところ、国立科学博物館が、東日本大震災時の被災標本修復を担った岩手県立博物館や西日本自然史系博物館ネットワーク等と連携して全国での分散対処の調整を行って、各機関が協働し水損した標本の修復に取り掛かるものです。

貴重な標本を救え!!全国の自然史系博物館・大学による「令和2年7月豪雨」植物標本レスキュー支援活動について(国立科学博物館,2020/7/28)[PDF:2ページ]
https://www.kahaku.go.jp/procedure/press/pdf/430769.pdf

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、「令和2年7月豪雨関連ページ」を開設

2020年7月22日、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)が、「令和2年7月豪雨関連ページ」を開設しました。

九州・長野・岐阜地区の資料保存利用機関等の状況確認結果や、資料保全活動に役立つ情報へのリンクが掲載されています。

全史料協 新着情報
http://www.jsai.jp/
※2020.7.22欄に「令和2年7月豪雨関連ページを公開しました」とあります。

令和2年7月豪雨関連(全史料協) 
http://www.jsai.jp/rescueA/202007rain/index.html

参考:
日本図書館協会(JLA)図書館災害対策委員会、令和2年7月豪雨に関する情報を掲載
Posted 2020年7月15日
https://current.ndl.go.jp/node/41503

武雄市図書館・歴史資料館(佐賀)、企画展「水とともに生きる 武雄の災害と治水」を開催中

2020年7月11日から8月16日にかけて、佐賀県の武雄市図書館・歴史資料館で、企画展「水とともに生きる 武雄の災害と治水」が開催されています。

2019年8月の豪雨により武雄市に被害がもたらされたことを踏まえ、江戸時代の災害や治水・利水事業の資料、近年同市で発生した災害の情報を通して防災意識を高め、水とともに生きていく方法を考えるきっかけを提供するとしています。

水とともに生きる 武雄の災害と治水(武雄市歴史資料館)
http://www.city.takeo.lg.jp/rekisi/kikaku/2020/saigai/saigai.html

人吉市図書館(熊本県)、令和2年7月豪雨の影響で2020年8月3日まで休館:8月4日以降も未定

2020年7月18日、熊本県人吉市が、令和2年7月豪雨の影響で、2020年8月3日まで人吉市図書館を休館すると発表しています。

8月4日以降の開館も未定としています。

@hitoyoshishi(Twitter,2020/7/18)
https://twitter.com/hitoyoshishi/status/1284291942126239744

参考:
人吉市図書館・人吉城歴史館(熊本県)、令和2年7月3日からの大雨による被害のため当面の間休館
Posted 2020年7月6日
https://current.ndl.go.jp/node/41430

岡山シティミュージアム(岡山市)、企画展「岡山市立中央図書館所蔵 災害の記録」を開催中:岡山市立中央図書館所蔵の役場文書・古文書から震災・水害・感染症の記録79点を展示

岡山市の岡山シティミュージアムにおいて、2020年7月16日から8月1日(前期)、および、8月7日から8月30日(後期)にかけて、企画展「岡山市立中央図書館所蔵 災害の記録」が開催されています。

岡山市立中央図書館が所蔵する、岡山市へ合併された旧町村に由来する役場文書や、市民から寄贈された古文書のうち、岡山市域を襲った地震・水害・感染症による災害の記録79点を展示するものです。

また、室戸台風水害、百間川の改修、疫病除けの祭礼といった展示に関連する映像作品7点も会場内で上映されます。

岡山市立中央図書館所蔵 災害の記録(岡山シティミュージアム,2020/7/17)
https://www.city.okayama.jp/okayama-city-museum/0000023376.html

山陰歴史資料ネットワーク、令和2年7月豪雨をうけ、「島根県西部豪雨水害に際する歴史資料の保存について」を公表

2020年7月15日、山陰歴史資料ネットワーク(山陰史料ネット)が、令和2年7月豪雨による、江の川中下流域での氾濫をうけ、「島根県西部豪雨水害に際する歴史資料の保存について」を公表しています。

被災者に対し、家財を処分する際に、古い記録や民具等が含まれていないか確認のうえ、処分する前に、専門家に相談するよう呼びかけています。また、保存すべき資料の選択や保存方法等について、山陰史料ネットにおいて相談を受け付けるとしています。

@sanin.siryou.net(Facebook,2020/7/15)
https://www.facebook.com/sanin.siryou.net/photos/a.973598616128739/1643806562441271/

鹿児島歴史資料防災ネットワーク、「歴史資料保全のお願い」を掲載

2020年7月11日、鹿児島歴史資料防災ネットワークが、「歴史資料保全のお願い」を掲載し、水害で被害を受けて汚損した資料であっても、破棄せずに保管するよう呼び掛けています。

また、鹿児島歴史資料防災ネットワーク事務局の連絡先や「歴史資料保全情報提供フォーム」へ連絡することを求めています。

歴史資料保全のお願い(鹿児島歴史資料防災ネットワーク, 2020/7/11)
http://kagoshima-shiryounet.seesaa.net/article/476142188.html

参考:
熊本県、令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始
Posted 2020年7月14日
https://current.ndl.go.jp/node/41496

【イベント】オンライン会議「Zoomで繋がる専門図書館」(7/21・オンライン)

2020年7月21日、専門図書館協議会が、オンライン会議「Zoomで繋がる専門図書館」を開催します。

新型コロナウイルス感染症や、度重なる水害を踏まえ、専門図書館のサービスや対策の状態や、課題、今後などについて、報告が行われます。

同会議は、オンライン会議ツールZoomを用いて実施され、参加者の質問をチャット等で受け付けるとしています。参加費は無料であり、7月21日の午後1時までに申込が必要です。

プレゼンターは以下の通りです。

・九州経済調査協会BIZCOLI 岡野氏

・大阪産業労働資料館 エル・ライブラリー 谷合氏

・大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)情報ライブラリー スタッフ 久野氏

・トヨタ博物館図書室 小室氏

・日本交通公社 旅の図書館 大隅氏

・機械振興会館 BICライブラリ 結城氏

新潟歴史資料救済ネットワーク、令和2年7月豪雨の資料保全活動に対し新潟県立歴史博物館が提供可能な支援物資等のリストを公表

2020年7月10日、新潟歴史資料救済ネットワークが、令和2年7月豪雨の資料保全活動に対し新潟県立歴史博物館が提供可能な支援物資等のリスト(7月9日付)を公表しています。

支援資材の品名・数量のほか、同館で資材輸送が可能であること(公用車にて現地まで輸送) 、梱包・輸送要員として同館職員等を2、3名派遣可能であることや、資料の仮保管場所の提供が可能であることが示されています。

ページ