災害

蟹江町図書館(愛知県)、「伊勢湾台風新聞資料展」を開催

愛知県の蟹江町図書館において、2019年9月10日から9月29日まで、蟹江町歴史民俗資料館企画展「伊勢湾台風新聞資料展」が開催されています。

1959年9月25日から10月31日までの新聞を展示し、被災状況や復興への取組みの記録をたどるものです。

伊勢湾台風新聞資料展(蟹江町図書館,2019/9/10)
http://www.town.kanie.aichi.jp/soshiki/19/garelly.html

参考:
愛知県公文書館、企画展「写真で見る あいちの地震・台風―伊勢湾台風60年―」を開催
Posted 2019年9月5日
http://current.ndl.go.jp/node/38955

文化財防災ネットワーク、台風15号による被害を受け「豪雨・台風が多発する時期に当たって」を発表

2019年9月9日、文化財防災ネットワークが、台風15号により各地で被害が発生していることを受け、「豪雨・台風が多発する時期に当たって」を発表しました。

【2019/09/09_NEW!】豪雨・台風が多発する時期に当たって(文化財防災ネットワーク)
https://ch-drm.nich.go.jp/news/%e8%b1%aa%e9%9b%a8%e3%83%bb%e5%8f%b0%e9%a2%a8%e3%81%8c%e5%a4%9a%e7%99%ba%e3%81%99%e3%82%8b%e6%99%82%e6%9c%9f%e3%81%ab%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%a6/

オーストラリア図書館協会(ALIA)・ブルーシールドオーストラリア(BSA)、火災発生の危険性の高まりを受け“ALIA Disaster Management for Libraries Guides”を更新

2019年9月3日、オーストラリア図書館協会(ALIA)とブルーシールドオーストラリア(BSA)は“ALIA Disaster Management for Libraries Guides”3点の更新を発表しました。

現在、同国が、乾燥・少雨等の気候により火災が発生する危険性が高まっていること受けてのもので、各館での防災プラン策定を支援することが目的です。

Is your library ready for the disaster season?(ALIA,2019/9/3)
https://www.alia.org.au/media-releases/your-library-ready-disaster-season

鳥取県立図書館と県内市町村立図書館が連携し「ハザードマップ展」を実施

鳥取県立図書館と県内市町村立図書館(希望館のみ)が連携し、2019年8月から10月頃にかけて、「ハザードマップ展」を実施しています。

防災週間のある9月、鳥取西部地震・鳥取県中部地震を経験した10月に、ハザードマップ等の展示を行うことで、県民の防災意識を高めることが目的です。

【企画展示・郷土】鳥取県内の図書館で開催<ハザードマップ展>(鳥取県立図書館)
https://www.library.pref.tottori.jp/exhibition/now718818.html

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、「九州北部豪雨 資料保存利用機関等状況確認報告」を発表

2019年9月2日、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)が、「九州北部豪雨 資料保存利用機関等状況確認報告」を発表しました。

8月29日時点の状況をまとめたもので、福岡県の福岡共同公文書館・柳川古文書館、佐賀県の佐賀県公文書館・有田町歴史民俗資料館全て「目立った被害なし」と報告されています。

全史料協 新着情報
http://www.jsai.jp/
※2019.9.02欄に「報告 九州北部豪雨 資料保存利用機関等被災状況」とあります。

九州北部豪雨資料保存利用機関等状況確認報告(令和元年8月29日時点)[PDF:1ページ]
http://jsai.jp/ibbs/b20190902saga.pdf

愛知県公文書館、企画展「写真で見る あいちの地震・台風―伊勢湾台風60年―」を開催

愛知県公文書館が、2019年9月17日から11月22日まで、企画展「写真で見る あいちの地震・台風―伊勢湾台風60年―」を開催します。

2019年が伊勢湾台風60年であることから、濃尾地震・東南海地震・三河地震や昭和28年第13号台風・伊勢湾台風といった同県に被害を与えた過去の災害を振り返り、改めて防災への意識を高めることを目的に、被災当時の様子が分かる写真、新聞記事や公文書等を展示するものです。

愛知県公文書館企画展「写真で見る あいちの地震・台風―伊勢湾台風60年―」を開催します!(愛知県,2019/8/27)
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/houmu/kobunshokan5.html

チラシ [PDF:2ページ]
http://www.pref.aichi.jp/kobunshokan/kikakutenR01.pdf

福島大学、附属図書館1階での福島大学震災・復興展示コーナー「東日本大震災 福島大学の記憶」開設を発表

福島大学が、同大学附属図書館1階に福島大学震災・復興展示コーナー「東日本大震災 福島大学の記憶」を開設することを発表しています。

今回の展示は、発災直後の混乱期から同年5月に新入生を迎え入れるまでに関するものです。同大学の被災状況を紹介する写真や、国立大学では初となる大学施設を避難所として開放した様子を再現したコーナーも設置されるとあります。

2019年9月11日に、同館でオープニングセレモニーとしてテープカット等が行われるほか、女優の紺野美沙子氏による記念朗読会、同日夜にイルミネーション「希望のヒカリ」点灯式も行われます。

創立70周年記念事業 「東日本大震災 福島大学の記憶」オープニングセレモニー(福島大学)
https://www.fukushima-u.ac.jp/70th/memorial.html

東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設の名称は「東日本大震災・原子力災害伝承館」に

2019年9月2日に開催された、第92回新生ふくしま復興推進本部会議・第11回福島イノベーション・コースト構想推進本部会議合同会議において、双葉郡双葉町中野地内に設置される東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設の名称案として「東日本大震災・原子力災害伝承館」が示されました。

報道によると、同会議において、名称は「東日本大震災・原子力災害伝承館」に決まったとのことです。

第92回新生ふくしま復興推進本部会議・第11回福島イノベーション・コースト構想推進本部会議合同会議(福島県,2019/9/2)
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/fukkouhonbu-shinchaku.html

三重県立図書館、県内の公立・大学図書館等と連携し「伊勢湾台風60年」関連本の展示を実施

三重県立図書館が、2019年9月1日から9月29日まで、県内の公立・大学図書館等35館と連携し「伊勢湾台風60年」関連本の展示を実施すると発表しています。

伊勢湾台風、防災に関する図書を紹介するほか、「伊勢湾台風60年」関連イベントポスター、チラシの配布が行われます。

展示期間と内容は各館で異なり、キャンペーン期間後も展示を行う館もあるとしています。

「伊勢湾台風60年」の関連本を展示します(三重県,2019/8/31)
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0013500096.htm

連携展示参加館一覧(令和元年度8月18日現在)[PDF:204KB]
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000849070.pdf

E2169 - 図書館総合展2019フォーラムin須賀川<報告>

2019年5月18日,福島県須賀川市で図書館総合展地域フォーラムが開催された。会場は,同年1月に開館した,同市中央図書館を含む須賀川市民交流センター(tette;E2142参照)である。図書館の新館お披露目と開館までの経緯報告という,これまでの地域フォーラムにならったスタイルであるが,全国より171人集まった図書館関係者(須賀川の関係者除く)は,いつになく高い関心をもっていた様子であった。

ページ