災害

台風15号の影響により臨時休館中の八街市立図書館(千葉県)、自主避難所の中央公民館に絵本を配置

台風15号の影響により2019年9月16日まで臨時休館中である千葉県の八街市立図書館が、自主避難所として開設されている中央公民館に、新聞の最新号に加え、絵本も配置しました。

@yachimata_lib(Twitter,2019/9/13)
https://twitter.com/yachimata_lib/status/1172370784725000192

参考:
台風15号の影響により臨時休館中の八街市立図書館(千葉県)、自主避難所の中央公民館ロビーで新聞の最新号を提供
Posted 2019年9月11日
http://current.ndl.go.jp/node/39002

日本図書館協会(JLA)、災害等により被災した図書館等への復旧・復興助成 (2019年度)への募集を開始

2019年9月11日、日本図書館協会(JLA)は、災害等により被災した図書館等への復旧・復興助成 (2019年度)への募集を開始しました。

大阪北部地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震等の災害及び事故並びに東日本大震災 で被災した図書館で、 復旧、復興及び再開に取り組んでいる公共図書館・大学図書館(短期大学・高等専門学校図書館を含む)・学校図書館・専門図書館・公民館図書室等を対象に、JLAに寄せられた寄附等により助成を行なうものです。

助成額は、一施設当たり20万円を基本とし、一口を10万円として加算し、最大50万円を限度に助成されます。助成の方法は、経費の全額または一部について、JLAが図書館に代わって支払いを負担することによって行い、支払いの期限は2020年3月末日です。

応募の締切は10月11日で、助成対象館は、JLAの災害対策委員会の審査を経て11月12日までに決定されます。

日本図書館協会 お知らせ
https://www.jla.or.jp/
※2019/09/11欄に「災害等により被災した図書館等への復旧・復興助成 (2019年度)申請受付中」とありあmす。

神奈川地域資料保全ネットワーク、台風15号による被災資料の有無について情報を収集中

2019年9月11日、神奈川地域資料保全ネットワーク(神奈川資料ネット)は、台風15号による被災資料の有無について情報を収集中であることを発表しました。

【ご連絡】台風15号について(2) (神奈川資料ネット,2019/9/11)
https://kanagawa-shiryounet.hatenablog.com/entry/2019/09/11/213552

参考:
神奈川県博物館協会、博物館関係の救援要請・相談等があれば連絡するよう呼びかけ
Posted 2019年9月11日
http://current.ndl.go.jp/node/38996

千葉歴史・自然資料救済ネットワーク、台風15号による被害状況を公表

千葉歴史・自然資料救済ネットワーク(千葉資料救済ネット)が、同ネットワークのブログで、運営委員・会員および関係者から得た台風15号による被害関連の情報を公表しています。

NPO法人情報ステーションの習志野市袖ヶ浦団地にある書庫の屋根が飛んで蔵書が水損していること、千葉県博物館協会の博物館資料救済システム(博物館収蔵資料の安否確認連絡網)により9月10日には県内各館収蔵資料の状況確認が行われつつあること、君津市の久留里城址資料館は倒木により通常のルートからの進入ができない状態にあること、千葉市の旧生浜町役場庁舎の屋根が飛び窓際にあった資料の一部が水に濡れたとのこと、酒々井町で文化財倉庫の屋根が飛びテンバコや図面類などが水浸しになったらしいという情報があることなどが掲載されています。

台風15号の被害状況①(千葉資料救済ネット,2019/9/11)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

北海道・安平町、「胆振東部地震デジタルアーカイブ~未来へ伝えるあびらの記録~」を公開

2019年9月6日、北海道・安平町は、2018年9月6日に発生した胆振東部地震からちょうど1年が経過し、復興に向けた取り組みを進めていることを紹介するとともに、「胆振東部地震デジタルアーカイブ~未来へ伝えるあびらの記録~」を開始したことを発表しました。

胆振東部地震を「未来へ伝える」「今の安平町を伝える」デジタルアーカイブとしており、コンテンツとして、「胆振東部地震について」「タイムラインでみる胆振東部地震」「写真をみる」「映像をみる」「資料をみる」が設けられています。

「当サイトについて」のページでは、震災の様子が記録された紙資料、写真・映像資料の収集を行っていることが紹介されており、資料の所有者に対し提供を呼び掛けています。

また、デジタルアーカイブとあわせて、ソフトバンク株式会社の協力により、安平町復興に向けた町民参加型の寄付事業を開始したことも発表しています。

胆振東部地震から1年経過しました(安平町, 2019/9/6)
https://www.town.abira.lg.jp/oshirase/46/10798

台風15号の影響により臨時休館中の八街市立図書館(千葉県)、自主避難所の中央公民館ロビーで新聞の最新号を提供

台風15号の影響により、2019年9月16日まで臨時休館中である千葉県の八街市立図書館が、自主避難所として開設されている中央公民館ロビーで新聞の最新号を提供しています。

自主避難所開設期間のみ、読売新聞・毎日新聞・朝日新聞・千葉日報・日本経済新聞・産経新聞・スポーツニッポン・日刊スポーツが提供されています。

【臨時休館のお知らせ】[PDF:1ページ]
https://www.library.yachimata.chiba.jp/toshow/html/132126341577296336/20190911%E4%BC%91%E9%A4%A8%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B.pdf

千葉歴史・自然資料救済ネットワーク、台風15号の被害状況に関する情報を収集中

2019年9月10日、千葉歴史・自然資料救済ネットワーク(千葉資料救済ネット)が、台風15号の被害状況に関する情報を収集中であることを発表しています。

ご意見・ご要望などがあれば千葉資料ネットに知らせるよう呼びかけています。

台風15号の被害状況を確認中です(千葉歴史・自然資料救済ネットワーク,2019/9/10)
http://chibasiryounet.blog.fc2.com/blog-entry-249.html

参考:
「千葉歴史・自然資料救済ネットワーク」が発足へ
Posted 2012年2月10日
http://current.ndl.go.jp/node/20148

神奈川県博物館協会、博物館関係の救援要請・相談等があれば連絡するよう呼びかけ

2019年9月11日、神奈川県博物館協会が、台風15号による被害に関し、博物館関係の救援要請・相談等があれば連絡するよう呼びかけています。

神奈川県博物館協会災害時相互救済活動要綱に基づくもので、博物館資料に加え、協会加盟館園の施設等も救援の対象となります。

@KNGW_kenpakukyo(Twitter,2019/9/11)
https://twitter.com/KNGW_kenpakukyo/status/1171556748156530688

神奈川県博物館協会
http://kanagawa-kenpakukyo.server-shared.com/

災害記念碑デジタルアーカイブマップが公開される

高知大学の2019年8月30日付けプレスリリースにおいて、同大学海洋コア総合研究センターの浦本豪一郎特任助教が、国立研究開発法人海洋研究開発機構、国立研究開発法人防災科学技術研究所との共同研究の一環として、「災害記念碑デジタルアーカイブマップ」を構築し、ウェブ上で公開したことが紹介されています。

高知県沿岸部をはじめとして、全国各地にある地震災害や水害を記録した災害記念碑の位置や碑文の内容等の総合情報を公開しており、その目的として、過去の災害を学習する入口としての活用を挙げています。今後、順次コンテンツを追加し充実させていく予定とあります。

なお、プレスリリースでは、災害記念碑に関し以下の点に言及しています。

・災害記念碑の位置が過去の津波や洪水の到達地点を意味する場合も多く、「その場所に建てられたこと」自体に資料的価値があること
・災害記念碑の文面は過去の巨大地震や台風による被害状況を知る重要な資料であり、将来発生する大規模な自然災害への警鐘を伝えるシンボルとしても機能すること

名古屋市南図書館、伊勢湾台風で被災した住民の経験や記憶を募集中:伊勢湾台風資料室展示コーナーで掲示後資料として保存

名古屋市南図書館が、2019年8月17日から、伊勢湾台風で被災した住民の経験や記憶を募集しています。被災者から話を聞いたことのある住民からの応募も可能です。

寄せられた経験・記憶は、同館の伊勢湾台風資料室展示コーナーに11月10日まで掲示され、その後、資料として保存されます。

南図書館 伊勢湾台風から60年「あなたの伊勢湾台風の記憶を教えてください」募集しています(名古屋市図書館,2019/9/10)
https://www.library.city.nagoya.jp/oshirase/topics_event/entries/20190910_02.html

ページ