オープンデータ

『中國工業經濟』誌を事例とした研究データ公開の義務化が学術雑誌へ及ぼす影響に関する実証研究(文献紹介)

2021年2月14日付で、Springer Nature社が刊行する科学計量学分野の査読誌“Scientometrics”に、中国の山东大学国际创新转化学院の张立伟(Liwei Zhang)副教授と中国人民大学公共管理学院の马亮(Liang Ma)教授による共著論文“Does open data boost journal impact: evidence from Chinese economics”のオンライン速報版が掲載されています。

同論文は多くの学術雑誌で研究データの公開が進んでいることを背景に、研究データの公開が学術雑誌に及ぼす影響を実証的に検討した結果を報告する内容です。著者らは、中国社会科学院(CASS)の刊行する『中國工業經濟(China Industrial Economics:CIE)』誌を検討の対象としました。CIE誌は2016年末に中国の社会科学系の学術雑誌として初めて、論文の著者に研究データの公開を義務付けており、論文の執筆時点でもこの分野でオープンデータを義務化する唯一の雑誌であることを紹介しています。

仏・オープンサイエンス委員会、ユネスコの「オープンサイエンスに関する勧告」の草案に意見提出

2021年1月18日付で、フランスの高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)によるオープンサイエンス国家計画の一環として設置されているオープンサイエンス委員会(Le comité pour la science ouverte)が、ユネスコの作成した「オープンサイエンスに関する勧告」の草案に意見提出したことを発表していました。

同委員会はユネスコの草案に高い評価を示しつつ、学術的な出版物に特有の課題、研究コミュニティや高等教育研究機関のローカルな取り組みの多様性を考慮した内容で再調整を図るための提案を行いました。学術出版の担い手・経済モデル・形式・使用される言語の多様性を促進する「書誌多様性」の原則をより一層重視すること、オープンではない研究データも特定の用途の下では利用可能とする「データ共有」の概念を強調すること、オープンサイエンスの目的・中心的な価値・基本理念として「再現性」について本文中に明記すべきであることなどを提言しています。

提出された意見の全文はフランス語・英語により、同委員会のウェブサイト上でそれぞれ公開されています。

総務省、データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の受講者募集を開始

2021年2月25日、総務省が、データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の受講者募集を開始しました。

同講座は、日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)公認の配信プラットフォーム「gacco」において、2021年5月18日から開講される予定です。2020年5月に実施した講座を再び開講するものであり、統計学の基礎やデータの見方、国際比較データを用いた分析事例、公的データの入手・利用方法等、データ分析の基本的知識を学べます。

登録料・受講料は無料であり、誰でも受講登録が可能です。

データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の受講者募集開始(総務省, 2021/2/25)
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei09_01000060.html

ドイツ国立科学技術図書館(TIB)、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)の助成によりオープンアクセス(OA)への移行を推進するための3種類のプロジェクトを実施

2021年2月8日、ドイツ国立科学技術図書館(TIB)は、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)の2年間の助成に基づいて、研究成果物のオープンアクセス(OA)への移行を推進するための3種類のプロジェクトを実施することを発表しました。

ザクセン州立・ドレスデン工科大学図書館 (SLUB)と共同で取り組む“B!SON (Bibliometric and Semantic Open Access Recommender Network)”は、OAジャーナルの推薦システムの開発に関するプロジェクトです。DOAJとオープン書誌データ・引用データを提供する学術インフラサービスOpenCitationsをプロジェクトパートナーとして、機械学習を利用したユーザーの入力情報の類似度判定などにより、著者に自身の研究成果の出版に最適な高品質のOAジャーナルを推薦することを目的に挙げています。

【イベント】第3回 SPARC Japan セミナー2020「初めての研究データ」(2/18・オンライン)

2021年2月18日、第3回 SPARC Japan セミナー2020「初めての研究データ」がオンラインで開催されます。

国内外における研究データ管理・公開の実例やベストプラクティス、評価方法、プラットフォームの活用法についての発表等が行われます。

参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

当日の主なプログラムは以下の通りです。

司会:八塚茂氏(バイオサイエンスデータベースセンター)

・データリポジトリJ-STAGE Dataでのデータ公開
加藤斉史氏(国立研究開発法人科学技術振興機構)

・全国規模な研究データ管理サービスの提供者視点でのベストプラクティス
込山悠介氏(国立情報学研究所)

・研究データ管理サービスってどうやってはじめるの?(欧州での例を参考に)
神谷信武氏(チューリッヒ大学 アジア・オリエント研究所図書館)

・研究データ公開実践のための課題を探る:北海道大学での実例を通じて
三上絢子氏(北海道大学附属図書館)

関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)、『廣瀬本万葉集』の翻刻およびTEIマークアッププロジェクトの成果を公開

2021年1月29日、関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)が、『廣瀬本万葉集』の翻刻およびTEIマークアッププロジェクトの成果の公表を発表しました。

KU-ORCASの研究ユニット「古典籍の情報資源化」による、同大学総合図書館が所蔵する『廣瀬本万葉集』のデジタル化資料を用いたプロジェクトです。

2020年度の成果として、『廣瀬本万葉集』巻2に収録されている歌のうち、旧国歌大観番号85から140までのTEI/XMLデータが、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BYのもとKU-ORCASのGitHub上で公開されています。

『廣瀬本万葉集』の翻刻およびTEIマークアッププロジェクトの成果を公表しました(KU-ORCAS, 2021/1/29)
https://www.ku-orcas.kansai-u.ac.jp/news/20210129_758/

北米研究図書館協会(ARL)、研究データへの取組に関する組織内におけるコミュニケーションのツールキットを公開

2021年1月27日、北米研究図書館協会(ARL)が、研究データに関する取組のための組織内におけるコミュニケーションのツールキット“Implementing Effective Data Practices Toolkit”を公開したことを、ウェブサイト上で発表しました。

同ツールキットは、ARL、米・カリフォルニア電子図書館(CDL)、米国大学協会(AAU)、公立ランドグラント大学協会(APLU)により作成されました。永続的識別子(PID)や機械可読のデータ管理計画(maDMPs)の導入に関する組織内のコミュニケーションや議論を促進することを目的としています。

発表によると、米国国立科学財団(NSF)の後援を受けて、ARL、CDL、AAU、APLUが2019年に開催したカンファレンスの成果に基づいたものであり、以下の資料が含まれています。

・同カンファレンスの内容を1ページにまとめたPDF
・組織内での説明に利用できるスライド(クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC0で公開)
・ディスカッションのトピック
・関連する研究論文やブログ記事、参考事例等をまとめたリスト

文化庁、コンテスト「メディア芸術データベース活用コンテスト2021:データのバリューアップ↑で世界をもっと面白くしよう」を開催

メディア芸術に関する情報を掲載するウェブサイト「メディア芸術カレントコンテンツ」の2021年1月22日付け記事に、文化庁主催のコンテスト「メディア芸術データベース活用コンテスト2021:データのバリューアップ↑で世界をもっと面白くしよう」の開催に関するお知らせが掲載されています。

文化庁が公開する「メディア芸術データベース」の活用法について、ユニークな着想や他のデータと掛け合わせて新たに作成されたデータを募集し、面白さ・社会的な活用可能性を探求することを目的としています。

誰でもエントリー可能であり、応募期間は1月30日から2月16日です。一次審査によりファイナリストを選出し、2月20日の最終審査イベントでファイナリストによるプレゼンテーションを行い、最優秀事例・優秀事例が決定されます。

審査基準には、オリジナリティ、社会へのインパクト、「メディア芸術データベース」の良さを引き出しているか、完成度・実現可能性等が挙げられています。

真庭市立図書館(岡山県)、市民団体・市職員の制作した「真庭ふるさとカルタ」のデータを公開:商用目的での利用や改変を除いて自由に使用可能

2021年1月20日、岡山県の真庭市立図書館は、同館のウェブサイト上で「真庭ふるさとカルタ」のデータ公開を開始したことを発表しました。

「真庭ふるさとカルタ」は、民話や昔話を語り継ぐ活動を行う市民団体のメンバーや真庭市の職員らが制作したご当地カルタです。真庭市の史跡や行事、自然などを題材としています。

同館のウェブサイト上で、カルタの一覧データや高画質バージョンの絵札・字札のデータがPDF形式で公開されています。公開された「真庭ふるさとカルタ」のデータは、商用目的での利用や改変を除いて自由に使用することができます。

@maniwalib(Facebook,2021/1/20)
https://www.facebook.com/maniwalib/posts/1546966175473979

真庭ふるさとカルタ(真庭市立図書館)
https://lib.city.maniwa.lg.jp/karuta.html

国立国語研究所、「研究情報発信センターが管理・配布するデータセットに対するライセンス付与の基本方針」を策定:原則としてCC BYライセンスを付与

2021年1月12日、国立国語研究所は、同研究所の研究情報発信センターが管理・配布するデータセットに適用されるライセンス付与の基本方針を策定したことを発表しました。

2020年12月22日付の「研究情報発信センターが管理・配布するデータセットに対するライセンス付与の基本方針」において、同センターが広くデータセットを提供し、営利・非営利の利用目的を問わず、利用促進のため原則としてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC BYを明示すること、著作権保護期間を過ぎたデータセットについては、パブリックドメインであることを表示して公開することなどが示されています。

過去のニュース 2020年度(国立国語研究所)
https://www.ninjal.ac.jp/newsyears/2020/
※2021.01.12欄に「研究情報発信センターでは,データセットの利用促進のため「研究情報発信センターが管理・配布するデータセットに対するライセンス付与の基本方針」を策定しました。」とあります

ページ