オープンアクセス

Microsoft Academic Graph(MAG)の約30年分の定量的なデータに基づくオンラインプレプリントサービス発展の軌跡(文献紹介)

プレプリントサーバarXivに2021年2月17日付で、Microsoft社の基礎研究部門Microsoft Researchの研究者3人の共著による文献“Is preprint the future of science? A thirty year journey of online preprint services”が公開されています。

同文献はarXivがサービスを開始した1991年から2020年までを対象に、Microsoft社の書誌情報データMicrosoft Academic Graph(MAG)に基づいて、プレプリントサービスの経時的な発展の概要を報告する内容です。主に次のようなことを指摘しています。

・1991年の1年間に公開されたプレプリント文献の数は3,000件程度であったが、2019年には約22万7,000件、2020年には最初の9か月だけで約19万2,000件と急増している。しかしそれでもなお、全学術文献に占めるプレプリント文献の割合は2020年時点で6%程度である。

・プレプリント文献の公開日と査読を経て雑誌論文として公開される日を比較すると、平均して14か月の開きがあり、特に経済学分野ではプレプリント文献の早期アクセスの恩恵が大きい。

arXiv、新たなブランドロゴを公開:ブランディングに関する取組の一環

プレプリントサーバーarXivが、2021年2月26日付けのブログ記事で、新たなブランドロゴの公開を発表しました。あわせて、arXiv初となるブランド・ガイドと、arXivブランドの使用ガイドラインも公開されています。

これらの作成・公開は、arXivのブランディングに関する取組の一環として行われました。他のサービスにおける“~Xiv”といった類似名称の使用により混乱が生じていること等を指摘し、今回のようなアイデンティティ強化の取組により、arXivを他のサービスと区別して認識できるようになると述べています。

Why arXiv needs a brand(arXiv.org blog, 2021/2/26)
https://blog.arxiv.org/2021/02/26/why-arxiv-needs-a-brand/

cOAlition S、研究者を対象に「プランS」が研究成果の公開やオープンアクセス(OA)への見解に与えた影響に関するアンケート調査を開始

2021年3月2日、cOAlition Sは、助成した研究成果の完全即時オープンアクセス(OA)実現に向けて、研究者を対象に「プランS」が学術出版やOAへの見解に与えた影響に関するアンケート調査を開始したことを発表しました。

同調査は「プランS」の影響をモニタリングするcOAlition Sの取組の一環として行われます。アンケートは簡易調査を定期的に繰り返す「パルス・サーベイ」として2021年を通して実施され、第1回の調査期間は2021年3月1日から16日までです。

cOAlition S calls researchers to complete Plan S impact survey(cOAlition S,2021/3/2)
https://www.coalition-s.org/coalition-s-calls-researchers-to-complete-plan-s-impact-survey/

E2362 - 第22回灰色文献国際会議(GL2020)<報告>

2020年11月19日,第22回灰色文献国際会議(Twenty-Second International Conference on Grey Literature:GL2020)が,GreyNet(E2108参照)主催で開催され,24か国から約60人が参加した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で,会場は当初予定していたイタリアのローマから初の試みとなるオンライン会議へと変更になり,会期も2日間から1日に短縮された。また今回から,会議の略称表記のGL+開催回数(2019年の第21回はGL21)がGL+西暦に変わり,GreyNetの運営元で出版事業も担うTextReleaseが会議出版物の発行責任は維持しつつも編集を外部委託に移行するなど,現体制になった2003年の第5回から続いてきたものが変化した一つの節目の年でもあった。

ディスカバリープラットフォームDimensions、2020年1年間に世界で発表された論文のうちオープンアクセス(OA)論文の総数が非OA論文の総数を初めて上回ったことを発表

2021年2月24日付で、Digital Science社のディスカバリープラットフォームDimensionsが、同社のCEOであるDaniel Hook氏の執筆によるブログ記事“Open Access surpasses subscription publication globally for the first time”を公開しました。

同記事は過去約20年間のオープンリサーチの展開を、Hook氏及びDigital Science社、Dimensionsの取組とともに振り返る内容ですが、Dimensions収録のデータに基づいて、2020年1年間に世界で発表された論文のうちオープンアクセス(OA)論文の総数が非OA論文の総数を上回ったことを紹介しています。

機関がOA方針を採択する要因:2校の研究大学を対象とした調査(文献紹介)

2021年2月25日付で、Pacific University Librariesが刊行するオープンアクセス(OA)査読誌“Journal of Librarianship and Scholarly Communication”に、研究論文“The Factors Significant to the Introduction of Institutional Open Access Policies: Two Case Studies of R-1 Universities”が掲載されました。著者は米・ペンシルベニア州立大学のLeo S. Lo氏です。

この論文は、機関がOA方針を採択する要因を理解することを目的としています。調査は、過去5年以内にOA方針を実装したカーネギー分類でR1(最高度の研究活動)に分類される米国の大学2校を対象として実施されました。調査方法として、ステークホルダへのインタビュー等の定性分析が採用されています。

国際学術会議、デジタル時代の学術出版に関する報告書を公開

2021年2月22日、国際学術会議(International Science Council:ISC)が報告書“Opening the record of science: making scholarly publishing work for science in the digital era”を公開しました。このレポートは国際学術会議の進行中のプロジェクト「学術出版の未来」の最初の成果であり、学術出版システムの原則と優先事項についての共通の見解を確立することを目的としています。レポートでは、下記について述べられています。

・学術出版の根底にあるべき一連の規範的原則の提案
・現在の出版の概観とその軌跡
・原則の遵守状況の調査
・原則を実現するために取り組む必要のある課題の特定

学術出版の原則として下記を挙げているほか、その原則についての課題・取り組むべき事項も示しています。

フィンランドのコンソーシアム“FinELib”、論文処理費用(APC)支出状況モニタリングの動機・課題等に関するプロジェクトの報告書を公開

フィンランドの大学・研究機関・公共図書館からなるコンソーシアム“FinELib”は、2021年2月26日付で、論文処理費用(APC)に関するプロジェクトの報告書“Kirjoittajamaksut ja niiden seuranta: havaintoja ja kehitysehdotuksia”の公開を発表しました。

同報告書は、FinElibが2019年から2020年にかけて加盟機関を対象に実施した、APC支出状況のモニタリングに関する動機・課題等の調査結果を報告する内容です。報告書はフィンランド語で作成されていますが、主要な結論の要約や機関・利害関係者向けの推奨事項を示した英語によるExecutive Summaryが付されています。

Knowledge Unlatched(KU)、KUによりオープンアクセス化された学術成果の利用状況を分析した“Open Access Heroes 2021”を公表

2021年2月23日、Knowledge Unlatched(KU)が、KUによりオープンアクセス(OA)化された学術成果が最も利用された国・機関・出版社・分野を調査した“Open Access Heroes 2021”を公開しました。

OAPEN、JSTOR、Project MUSE、Open Research Libraryといったの複数のプラットフォームから収集したデータに基づいて分析したものです。

学術成果の総インタラクション数(ダウンロード数と閲覧数)は、前年比20パーセント増の1,000万回で、各タイトル平均では2,200回であったと紹介されています。

また、

・世界の約6,500機関から利用があったこと

・最も多く利用された分野は英語と文学であったこと

・OA化された単行書の利用が多かった国は、米国(33パーセント)、英国(9.5パーセント)、ドイツ(8.5パーセント)、インド(4パーセント)、カナダ(4パーセント)の順であったこと

・研究機関別では、英・キングスカレッジ、カナダ・トロント大学、英・ケンブリッジ大学、英・エディンバラ大学、米・ニューヨーク大学からの利用が多かったこと

仏・オープンサイエンス委員会、ユネスコの「オープンサイエンスに関する勧告」の草案に意見提出

2021年1月18日付で、フランスの高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)によるオープンサイエンス国家計画の一環として設置されているオープンサイエンス委員会(Le comité pour la science ouverte)が、ユネスコの作成した「オープンサイエンスに関する勧告」の草案に意見提出したことを発表していました。

同委員会はユネスコの草案に高い評価を示しつつ、学術的な出版物に特有の課題、研究コミュニティや高等教育研究機関のローカルな取り組みの多様性を考慮した内容で再調整を図るための提案を行いました。学術出版の担い手・経済モデル・形式・使用される言語の多様性を促進する「書誌多様性」の原則をより一層重視すること、オープンではない研究データも特定の用途の下では利用可能とする「データ共有」の概念を強調すること、オープンサイエンスの目的・中心的な価値・基本理念として「再現性」について本文中に明記すべきであることなどを提言しています。

提出された意見の全文はフランス語・英語により、同委員会のウェブサイト上でそれぞれ公開されています。

ページ