企画

沖縄県立図書館、イベント「推し事の裏側~おでライ参加への奮闘と反省会~」を開催:地元の同人誌即売会に参加した2人の同館職員の対談企画

2021年3月19日、沖縄県立図書館は、同館3階ホールにおいて、イベント「推し事の裏側~おでライ参加への奮闘と反省会~」を開催します。

同イベントは、2021年1月の同人誌即売会「おでかけライブin沖縄スペシャル52」へ同館がサークル参加したことに対する反響を受けて企画されました。即売会に出展した同人誌を作成した2人の同館職員が、参加に関する様々な質問に対談形式で回答する内容です。イベントへの参加者には、同館が即売会に出展した「沖縄県立図書館が本気で薄い本を作ってみた~一般展示編~」と「沖縄県立図書館が本気で薄い本を作ってみた~郷土資料編~」がプレゼントされます。

同イベントの参加には事前予約が必要で、参加人数は40人までです。後日、同館はイベントの様子を公式YouTubeチャンネルで配信する予定です。

人と防災未来センター(兵庫県)、企画展「東日本大震災10年 伝承ロードミュージアムポスター展」を開催中

2021年2月23日から4月下旬まで、兵庫県神戸市の「人と防災未来センター」が、同センターの西館1階ロビーにおいて、企画展「東日本大震災10年 伝承ロードミュージアムポスター展」を開催しています。

東日本大震災の震災遺構や展示施設・ミュージアム等約28団体から提供されたポスター、最新の企画展やイベントのチラシ、施設の位置を示した地図などの展示が行われます。東日本大震災の被災地で震災の経験・教訓を伝えるこれらの施設との連携の深化、施設の取組の周知などを目的として開催されます。

また、2021年3月7日には同企画展の関連イベントとして、「東日本大震災から10年「私のSMONG(スモン)」みんなで歌づくりワークショップ」が開催されます。東北の災害伝承ミュージアム担当者とオンラインで意見交換しながら、インドネシア・シムル島に伝わる津波避難の伝承歌「SMONG」を新たに創作して披露する内容です。

奥州市立胆沢図書館(岩手県)、「猫ノ図書館」開館4周年記念行事を開催

2021年2月20日、岩手県の奥州市立胆沢図書館は、猫本コーナー「猫ノ図書館」が2021年2月22日(猫の日)に開設4周年を迎えることを記念した行事を開催します。

記念行事は二部形式で開催され、第一部のセレモニーでは、ねこ館長の辞令交付式、ねこ館長とヒト館長によるあいさつ、活動報告、4周年記念グッズのお披露目が行われます。第二部のイベントでは、ヒトと猫とのかかわりの古今について、胆沢や県内に残る資料をもとに探る内容の民俗ねこばなし「胆沢の猫碑・岩手の猫碑」が行われます。

また、1月20日から2月21日まで、猫写真家のあおいとり氏によるパネル展「気ままに猫だもん。」が開催されています。

【イベント】対談!今時のデジタルアーカイブ技術!!(2/26・オンライン)

2021年2月26日、オンラインイベント「対談!今時のデジタルアーカイブ技術!!」が開催されます。

今時のデジタルアーカイブ技術の現状についての情報共有のため、大向一輝氏、永崎研宣氏、福島幸宏氏、吉賀夏子氏による対談が行われます。

参加を希望する場合は事前の申し込みが必要です。

対談!今時のデジタルアーカイブ技術!!
https://sites.google.com/view/currentda/

参考:
CA1989 - 動向レビュー:IIIFの概要と主要APIバージョン3.0の公開 / 永崎研宣
カレントアウェアネス No.346 2020年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1989

※本文を修正しました。(2021/2/17)

富山県立図書館、企画展示「県内高校図書館の活動紹介」を開催中

2021年2月9日から3月7日まで、富山県立図書館が、同館1階の閲覧室で企画展示「県内高校図書館の活動紹介」を開催しています。

同企画は富山県内の高等学校8校の協力の下で開催されています。2月7日から21日までの前期には、桜井高等学校・魚津高等学校・富山商業高等学校・富山南高等学校の4校が、2月23日から3月7日の後期には、滑川高等学校・富山工業高等学校・富山いずみ高等学校・呉羽高等学校の4校が取り上げられ、各高校図書館の取り組みや生徒に読まれている本、各校における企画展・読書活動の風景写真、生徒や教職員による作成物などを紹介しています。また、「全国高等学校ビブリオバトル2020 富山県大会」で高校生が紹介した本や、同館が所蔵する学校図書館関係資料の展示も行っています。

企画展示「県内高校図書館の活動紹介」<2月9日(火)~3月7日(日)>(富山県立図書館,2021/2/7)
https://www.lib.pref.toyama.jp/info/svInfoDtl.aspx?servno=1109

飛騨市図書館(岐阜県)、林業振興課とのコラボ企画「飛騨市で出会う広葉樹の魅力」を開催中

2021年2月10日から、岐阜県の飛騨市図書館が、同市の林業振興課が推進する取組「広葉樹のまちづくり」とのコラボレーション企画として、「飛騨市で出会う広葉樹の魅力」を開催しています。

同企画は市内産広葉樹の魅力発信を目的として行われています。同館は、2月10日から3月10日までの期間に、広葉樹アイテムや剥皮材のほか、広葉樹にまつわる図書を集めた「広葉樹コーナー」を設置します。また、2月14日と3月7日には、同館2階のにじのひろばにおいて、飛騨市内の木工作家を講師として、飛騨市産広葉樹(畦畑、池ケ原)でしおり・コースター・本立てを作成するワークショップが開催されます。

飛騨市図書館×飛騨市・広葉樹のまちづくり特別企画 飛騨市図書館で出会う広葉樹の魅力の開催(飛騨市,2021/1/15)
https://www.city.hida.gifu.jp/soshiki/20/27619.html

国立国会図書館、関西館企画展示「議会開設百三十年記念 『議会』誕生!~我が国議会政治の原点をさぐる~」を開催

国立国会図書館(NDL)は、2021年2月18日から3月3日までの期間に、関西館地下1階の大会議室において、企画展示「議会開設百三十年記念 『議会』誕生!~我が国議会政治の原点をさぐる~」を開催します。

1890年11月29日の大日本帝国憲法施行と同日に開会されて以来、制度や運営方法を変えながら歩みを続けてきた「議会」について、その誕生の原点を3章に分けて紹介する企画です。東京本館の憲政資料室が所蔵する歴史的資料11点に関西館の所蔵資料等を加えた全40点の資料の展示が行われます。第1章及び第3章は、東京本館で2020年12月に開催された「議会開設百三十年記念議会政治展示会」をもとにした構成ですが、第2章は関西館独自の内容です。

京都光華女子大学図書館、教職員が推薦図書を紹介する企画「わたしの本棚」を開催中:第1回は就職支援センターの職員が担当

2021年1月15日、京都光華女子大学図書館(京都市右京区)は、Facebookアカウントの投稿において、同大学の教職員が推薦図書を紹介する企画「わたしの本棚」を1階閲覧室の入り口横で開催していることを発表しました。

「わたしの本棚」は、同大学の教職員が仕事を離れて自由な気持ちで、学生に読んでほしい図書を選び本棚を作成する企画です。第1回目の企画は、同大学の就職支援センターの職員が担当しました。また、2021年2月1日付で、本棚の作成を担当した同職員が今までの経験や本との出会い、思いなどを語る動画が公開されています。

@kyotokoka.toshokan(Facebook,2021/1/15)
https://www.facebook.com/kyotokoka.toshokan/posts/3552122381520659

東日本大震災10年被災地図書館震災アーカイブ企画展「10万冊が語りかける 東日本大震災~「震災記録を図書館に」キャンペーン~」が開催

2021年2月27日と2月28日に、宮城県のせんだいメディアテークで、東日本大震災10年被災地図書館震災アーカイブ企画展「10万冊が語りかける 東日本大震災~「震災記録を図書館に」キャンペーン~」が開催されます。

図書館共同キャンペーン「震災記録と図書館に」に参加する8図書館の主催により、各館が収集した震災の記録が収められた書棚の実物大ポスター計61枚の展示が行われます。

東日本大震災10年被災地図書館震災アーカイブ企画展「10万冊が語りかける 東日本大震災~「震災記録を図書館に」キャンペーン~」
https://www.smt.jp/event/2020/12/event_69745.html

山形県立図書館、リニューアルオープンから1周年を記念して「アニバーサリーフェスタ」を開催中

2021年2月2日から28日まで、山形県立図書館が、同館のリニューアルオープンから1周年を迎えることを記念した企画「アニバーサリーフェスタ」を開催しています。

「赤ちゃんから高齢者まで全世代が集い学ぶ図書館を目指して」をテーマとして、山形市在住の文芸評論家である池上冬樹氏の記念講演や、地域団体、山形大学理学部、東北文教大学短期大学部(山形県山形市)等と連携したワークショップ・Zoomを利用したオンライン座談会、児童向け企画などが行われます。

また、2月2日から28日までの期間中に、新規に利用者カードを登録した住民から100人限定で、3冊から5冊程度の図書館員のおすすめ本をラッピングして自宅へ送付する「宅配お試し便!ラッピングブック」が行われます。なお、同館による図書宅配サービスでは、通常利用者が送料を負担する必要がありますが、「宅配お試し便!ラッピングブック」の図書送付に係る送料は山形県立図書館が負担します。

ページ