ルクセンブルク国立図書館

ルクセンブルク国立図書館(BnL)の新館が開館:90言語以上の図書・DVD・録音資料等を所蔵し館内に音楽室等も設置

ルクセンブルク国立図書館(BnL)の新館が、2019年9月30日の落成式を経て、翌10月1日から開館しました。

Luxembourg Times紙の2019年10月1日付の記事によると、BnLの新館は10年の準備期間、5年の建築期間、180万点以上の資料の4か月にわたる移転期間を経て開館しました。新館の建築費は1億1,100万ユーロであり、ルクセンブルク語からスカンジナビア語、アフロ・アジア語、ラテン語、ヘブライ語、サンスクリット語、現代インド語など、90言語にわたる図書・DVD・録音資料等のコレクションを所蔵していることを特徴として挙げています。その他、電子ピアノや利用可能な楽譜、遮音設備を備えた「音楽室」や児童書と子ども用のおもちゃを備えた「ファミリールーム」など、館内の特徴的な設備についても紹介されています。

Open Preservation Foundationに、ルクセンブルク国立図書館(BnL)が加盟

デジタル資料の長期保存を目指す非営利団体Open Preservation Foundation(OPF)は、2018年12月17日、新たにルクセンブルク国立図書館(BnL)が加盟したことを発表しました。

Bibliothèque nationale de Luxembourg joins the Open Preservation Foundation(OPF、2018/12/17付け)
http://openpreservation.org/news/bibliotheque-nationale-de-luxembourg-joins-the-open-preservation-foundation/

ルクセンブルク国立図書館(BnL)、英・電子情報保存連合(DPC)に加盟

2018年11月26日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)が、11月に英・電子情報保存連合(DPC)に正会員として加盟したと発表しました。

BnLでは加盟により、デジタル化・ボーンデジタル資料の収集・納本制度を通じて、デジタル出版物の管理・利用可能性・長期保存を確実にするとしています。

The National Library joins the Digital Preservation Coalition(BnL,2018/11/26)
https://bnl.public.lu/fr/actualites/articles-actualites/2018/2018_11/dpc.html

ルクセンブルク国立図書館、"Libraries and publications of the future"を公表

2013年4月29日、ルクセンブルク国立図書館が、"Libraries and publications of the future"と題して、電子出版物への取組みや課題をまとめたガイドを公表しています。電子図書館の現状として、ルクセンブルク国立図書館等によるコンソーシアムが運営しているfindit.luのコンテンツや利用の概況、課題がまとめられています。またオープンアクセスやデジタル人文学についても触れられています。

Présentation du document de réflexion "Libraries and publications of the future" (Bibliothèque numérique au Luxembourg, 2013/4/29付け)
http://www.bnl.public.lu/fr/actualites/communiques/2013/04/whitepaper/index.html

Libraries and publications of the future