ルクセンブルク国立図書館

ルクセンブルク国立図書館(BnL)、資料移送の様子に関する動画を公開

2020年7月1日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)は、キルヒベルクに建てられた同館の新館へのコレクションの移送に関する動画を公開したと発表しました。

動画では、資料の移送、排架の作業等を行っている館内の映像を見ることができます。

Un an déjà: le déménagement de la BnL en vidéo(BnL, 2020/7/1)
https://bnl.public.lu/fr/actualites/articles-actualites/2020/unandemenagement.html

ルクセンブルク国立図書館(BnL)、デジタル資料の長期保存のための永続的識別子サービス“Persist.lu”の提供を開始

2020年7月1日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)は、ルクセンブルクのデジタル資料の保存を行うための、URIフォーマットであるArchival Resource Key (ARK)に基づいた永続的識別子サービス“Persist.lu”の提供を開始したことを発表しました。

ARKの使用により、2020年にシステム内に保存されたデジタルコンテンツは、プラットフォーム等における変更や提供停止によらず、2040年まで検索可能です。また、同国内の各機関は、一定の条件を満たせば、同サービスに直接アクセスして独自のARK識別子を作成できます。最初の連携先および提供先としては、ルクセンブルク国立公文書館が挙げられています。

発表によると、資料の保存というBnLの法的使命や、ボーンデジタル資料およびデジタル化資料の長期保存戦略、同国内のデジタル資料の永続的かつ迅速なアクセスの保証等が背景にあります。また、ARKの作成と使用により、URLが持つ変化しやすいという性質を克服できるとしています。

ルクセンブルク国立図書館(BnL)、新型コロナウイルス感染症に関連するウェブアーカイブを実施中

2020年6月24日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)が、同館が実施している新型コロナウイルス感染症に関するウェブアーカイブに関する記事を掲載しました。

記事によると、同館は、電子納本制度のもと、2016年からウェブサイトを対象としたクロールによる大規模収集を行っていますが、2020年3月16日から、新型コロナウイルス感染症に関するウェブサイトの収集も開始しました。同活動で収集されたウェブサイトのURL一覧は、同館が提供する“webarchive.lu”からオンラインで提供される予定です。

活動の経緯として、まずは同国内のニュースメディアに対し、自社のウェブサイトに掲載されている新型コロナウイルス感染症関連ニュース記事のリストの提供を求め、関係団体をはじめとした一般市民の参加へと発展していったことが挙げられています。また、ルクセンブルク語、フランス語、ドイツ語、英語、ポルトガル語の情報を収集するようにしたこと等に触れられています。

同活動は、クローリング機能の追加やデータ容量の拡充のための追加資金を確保して進められた一方、私的・公的内容が混ざっている情報を収集することに対して倫理的な懸念があることも示されています。

ルクセンブルク国立図書館(BnL)、ルクセンブルクドメインのウェブサイト等を収集したウェブアーカイブ“webarchive.lu”を公開

2020年1月7日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)はウェブサイト“webarchive.lu”の公開を発表しました。

“webarchive.lu”は、ルクセンブルクのウェブサイトアーカイブ事業の情報プラットフォーム、及びBnLがアーカイブしたウェブサイトを検索するためのアクセスポイントとなるウェブサイトです。ルクセンブルクでは、2009年11月に修正された法定納本制度により、BnLは印刷出版物だけでなく、ルクセンブルクで出版されたデジタル形式のあらゆる文書も収集しています。ルクセンブルクのドメイン(「.lu」)を持つ全てのウェブサイト、その他のルクセンブルク住民によって作成されたウェブサイトを対象に、定期的なドメインのクロールによる大規模収集などInternet Archive(IA)とも連携したウェブアーカイブが実施されています。“webarchive.lu”では、2017年の地方選挙、2018年の総選挙、2019年の欧州議会選挙などの特定のイベントに関する特別コレクションも提供されています。

著作権法の規定により、アーカイブされたウェブサイトへはBnLの館内からのみアクセスできます。“webarchive.lu”は現在英語で構築されていますが、まもなくフランス語でも利用可能になる予定です。

ルクセンブルク国立図書館(BnL)の新館が開館:90言語以上の図書・DVD・録音資料等を所蔵し館内に音楽室等も設置

ルクセンブルク国立図書館(BnL)の新館が、2019年9月30日の落成式を経て、翌10月1日から開館しました。

Luxembourg Times紙の2019年10月1日付の記事によると、BnLの新館は10年の準備期間、5年の建築期間、180万点以上の資料の4か月にわたる移転期間を経て開館しました。新館の建築費は1億1,100万ユーロであり、ルクセンブルク語からスカンジナビア語、アフロ・アジア語、ラテン語、ヘブライ語、サンスクリット語、現代インド語など、90言語にわたる図書・DVD・録音資料等のコレクションを所蔵していることを特徴として挙げています。その他、電子ピアノや利用可能な楽譜、遮音設備を備えた「音楽室」や児童書と子ども用のおもちゃを備えた「ファミリールーム」など、館内の特徴的な設備についても紹介されています。

Open Preservation Foundationに、ルクセンブルク国立図書館(BnL)が加盟

デジタル資料の長期保存を目指す非営利団体Open Preservation Foundation(OPF)は、2018年12月17日、新たにルクセンブルク国立図書館(BnL)が加盟したことを発表しました。

Bibliothèque nationale de Luxembourg joins the Open Preservation Foundation(OPF、2018/12/17付け)
http://openpreservation.org/news/bibliotheque-nationale-de-luxembourg-joins-the-open-preservation-foundation/

ルクセンブルク国立図書館(BnL)、英・電子情報保存連合(DPC)に加盟

2018年11月26日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)が、11月に英・電子情報保存連合(DPC)に正会員として加盟したと発表しました。

BnLでは加盟により、デジタル化・ボーンデジタル資料の収集・納本制度を通じて、デジタル出版物の管理・利用可能性・長期保存を確実にするとしています。

The National Library joins the Digital Preservation Coalition(BnL,2018/11/26)
https://bnl.public.lu/fr/actualites/articles-actualites/2018/2018_11/dpc.html

ルクセンブルク国立図書館、"Libraries and publications of the future"を公表

2013年4月29日、ルクセンブルク国立図書館が、"Libraries and publications of the future"と題して、電子出版物への取組みや課題をまとめたガイドを公表しています。電子図書館の現状として、ルクセンブルク国立図書館等によるコンソーシアムが運営しているfindit.luのコンテンツや利用の概況、課題がまとめられています。またオープンアクセスやデジタル人文学についても触れられています。

Présentation du document de réflexion "Libraries and publications of the future" (Bibliothèque numérique au Luxembourg, 2013/4/29付け)
http://www.bnl.public.lu/fr/actualites/communiques/2013/04/whitepaper/index.html

Libraries and publications of the future