美術館

オーストラリア図書館協会(ALILA)、SDGsのために行動するキャンペーン“Global Week to #Act4SDGs”にあわせ、2030年までの図書館の目標を設定する“Sustainable Development Goals Summit”を開催

2019年10月2日、オーストラリア図書館協会(ALILA)は、9月20日から30日まで行なわれたSDGsのために行動するキャンペーン“Global Week to #Act4SDGs”にあわせ、9月23日に、“Sustainable Development Goals Summit”を開催したと発表しています。

2030年までの図書館の目標を設定するために、国・州・議会・大学・専門・公共・学校の図書館長やギャラリー・博物館・文書館の関係者が参加し実施されたもので、同会議には、オーストラリアの外務貿易省及び通信芸術省の代表も参加しました。

また、ALIAの美術館・図書館・文書館・博物館等における労働人口の多様性に関する調査報告書“Workforce Diversity Trend Report 2019”の5つの推奨事項に基づいた、これら業界における労働人口の多様性の動向に関する会議も行われました。ALIAとオーストラリアアーキビスト協会・オーストラリア情報産業協会・オーストラリア記録情報管理専門家協会による推奨事項を実行するための活動を特定するための会議が行われ、さらなるデータの収集・コミュニケーション・測定可能な主要な評価指標に焦点を当てた3層計画が合意されました。

文部科学省、「令和元年台風第19号」による学校・社会教育施設等の被害情報等をまとめたページを公開

文部科学省が、「令和元年台風第19号」による文部科学省関係の被害情報等をまとめたページを公開しました。

国公私立の学校施設、社会教育・体育・文化施設、文化財、独立行政法人における、人的・物的被害、休校・短縮授業や休館・短縮開館となっている施設数、避難所となっている施設数がまとめられています。

台風19号について(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/reiwa1taihu19/index.htm

令和元年台風第19号による博物館等への影響

令和元年台風第19号の影響により、臨時休館している博物館等があります。また、開館しているものの、床下浸水等の被害のあった館や、一部営業休止としている館もあります。
※今後、情報を追加する場合があります。

角田市郷土資料館(宮城県)
http://www.city.kakuda.lg.jp/syogai/page00001.shtml
※台風19号により被害を受けたため臨時休館し、10月16日に再開できるよう復旧作業を進めているとあります。

本宮市立歴史民俗資料館(福島県)
https://www.city.motomiya.lg.jp/
※施設利用不可とあります。

東京国立近代美術館アートライブラリ、美術関連情報の調べ方を紹介するウェブページ「美術文献ガイド」を第6版に更新

2019年10月11日、東京国立近代美術館アートライブラリは、美術関連情報の調べ方を紹介するウェブページ「美術文献ガイド」を第6版に更新したことを発表しました。

アートライブラリのスタッフが作成した調べ方案内であり、所蔵資料を紹介しながら美術文献へのアクセスを解説するものです。「東京国立近代美術館のツールを使う」「人物情報の探し方」「作品情報の探し方」「展覧会情報の探し方」「雑誌情報の探し方」の5章構成となっています。

東京国立近代美術館アートライブラリ
https://www.momat.go.jp/am/library/
※「お知らせ」のコーナーに「2019/10/11 「美術文献ガイド(美的工具書)」を改訂しました」とあります。

美術文献ガイド 6th ed.(東京国立近代美術館アートライブラリ)
https://www.momat.go.jp/am/library/art_library_guide_6th/

東京国立近代美術館、「東京国立近代美術館リポジトリ」を公開

2019年9月10日、東京国立近代美術館アートライブラリが、東京国立近代美術館で作成された著作物をインターネット上で無料公開する「東京国立近代美術館リポジトリ」の公開を発表していました。

同日時点では、『東京国立近代美術館研究紀要』『活動報告』『現代の眼』の一部を公開していること、今後コンテンツを順次拡充することが紹介されています。

東京国立近代美術館アートライブラリ
https://www.momat.go.jp/am/library/
※「お知らせ」のコーナーで、2019年9月10日付けのお知らせとして「東京国立近代美術館リポジトリ」の公開が紹介されています。

東京国立近代美術館リポジトリ
https://momat.repo.nii.ac.jp/

E2181 - カタログ・レゾネ:国立西洋美術館国際シンポジウム<報告>

2019年7月10日,国立西洋美術館(東京都台東区)で国際シンポジウム「カタログ・レゾネ──デジタル時代のアーカイヴとドキュメンテーション」が開催された。カタログ・レゾネとは,特定の芸術家や美術館,コレクションの全作品を網羅した書物を指す。このシンポジウムは,2019年の同館の開館60周年記念「松方コレクション展」で展示されたクロード・モネ《睡蓮,柳の反映》などに関する調査で,モネのカタログ・レゾネを編さんしたウィルデンスタイン研究所(現・ウィルデンスタイン・プラットナー研究所(The Wildenstein Plattner Institute:WPI))に協力を仰いだことがきっかけとなって実現した。

全国美術館会議、文化庁長官宛に「『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付の撤回を求める要望書」を提出

全国美術館会議が臨時理事会の承認を経て文化庁長官宛に提出した、2019年10月9日付の「『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付の撤回を求める要望書」が、同会議のウェブサイトで公開されています。

提出された要望書は、文化庁が「あいちトリエンナーレ2019」への一度採択されていた補助金を不交付にすると発表したことを受けたものです。今後の各地の芸術祭だけでなく、助成の必要な美術館の自主的展覧会企画を委縮させる恐れがあることから、補助金不交付決定の撤回を強く要望した内容です。

事務局から(全国美術館会議)
http://www.zenbi.jp/
※2019年10月9日付で「「『あいちトリエンナーレ2019』への補助金不交付の撤回を求める要望書」について、臨時理事会の承認を経て、宮田文化庁長官に提出しました。」とあります。

弥生美術館(東京都)、「創刊65周年記念『なかよし』展 ~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~」を開催中

東京都文京区にある弥生美術館が、2019年10月4日から12月25日まで、「創刊65周年記念『なかよし』展 ~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~」を開催しています。

漫画雑誌『なかよし』(講談社)が1954年12月の創刊から65周年を迎えることを記念した展示で、『なかよし』の歴史を辿る内容となっています。

創刊65周年記念『なかよし』展 ~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~(弥生美術館)
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

2019年度グッドデザイン賞発表:図書館・博物館等も受賞

2019年10月2日、公益財団法人日本デザイン振興会が、2019年度のグッドデザイン賞を発表しています。

「グッドデザイン大賞」など特別賞は10月31日に発表予定です。

受賞者には図書館、美術館等も含まれます。

グッドデザイン賞概要
https://www.g-mark.org/activity/2019/outline.html

2019年度グッドデザイン賞受賞結果
https://www.g-mark.org/award/search?from=2019&to=2019&keyword

市民交流センター [須賀川市民交流センターtette](福島県)
https://www.g-mark.org/award/describe/49506

英国図書館(BL)、日本で「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展を開催

2019年10月1日、英国図書館(BL)は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の日本での出版20周年を記念し、特別展「ハリー・ポッターと魔法の歴史」を日本で開催すると発表しました。

BLが2017年に開催した“Harry Potter: A History of Magic”の国際巡回展で、2018年の米・ニューヨーク歴史協会での開催に続くものです。

2020年9月5日から11月8日にかけて兵庫県立美術館(神戸市)で、2020年11月21日から2021年2月7日にかけて東京ステーションギャラリー(東京都千代田区)にて開催されます。

@britishlibrary(Twitter,2019/10/1)
https://twitter.com/britishlibrary/status/1178985770780155911

ページ