図書館建築

韓国国立中央図書館(NLK)、「国家文献保存館」の国際建築設計競技を開始:平昌オリンピック・パラリンリック競技大会の国際放送センターを改修

2021年4月28日、韓国国立中央図書館(NLK)は、新たに設置する「国家文献保存館」の国際建築設計競技を4月29日から開始すると発表しました。参加登録は5月21日までで、作品の受付は7月27日までとなっています。

同事業は、持続的で体系的なデジタル資源の保存や、国に知識情報データプラットフォームとして、2023年の完成を目指して進められており、30年間で約1,400万点の資料を保存することでができるとしています。

敷地面積14万5,297平方メートル、延床面積37万246平方メートルの規模で、平昌オリンピック・パラリンリック競技大会の国際放送センターを改修して設置されます。建築費は610億ウォンで、新築した場合と比べて1,000億ウォン以上の削減が見込まれています。

設計の基本方針として、

・国内で初めて建設される国家文献保存館の象徴性
・江原道地域との連携性
・媒体別の保存書庫としての機能性
・既存施設の再利用にともなう安全性への考慮

が掲げられており、同競技には、海外の建築家も参加できますが、韓国国内の建築事務所を共同で参加する必要があります。

国立大学法人大阪大学が指定管理者として運営する箕面市立船場図書館(大阪府)、2021年5月1日にオープン:緊急事態宣言の発出にともない5月11日までは臨時休館

大阪府の箕面市立船場図書館が、2021年5月1日の13時にオープンすると発表されました。ただし、大阪府への緊急事態宣言の発出にともない、他の箕面市立図書館と同じく5月11日まで休館であり、入館・貸出はできませんが、ウェブ・電話・ファクスでの予約の受付、図書の返却等は可能となっています。

同館は、国立大学法人大阪大学が指定管理者として運営する図書館で、箕面市立図書館の蔵書11万冊と多言語・多文化研究に係る大阪大学の蔵書60万冊を備えています。箕面市の蔵書がある2階フロアは「にぎやかエリア」と「一般エリア」に分かれており、3階・4階には、大阪大学の蔵書が配置されています。

【お知らせ】船場図書館は5/1(土)13時にオープンします(ただし、5/11(火)までは入館・貸出ができません)(箕面市立船場図書館,2021/4/27)
https://www.library.osaka-u.ac.jp/news/20210427a_minohsemba/

阿南市(徳島県)、市役所内に常設の図書館カウンターを開設:耐震基準を満たさず、密を避けられない阿南市立阿南図書館は書庫として利用

2021年4月14日、徳島県の阿南市が、市役所2階の市民交流ロビーに、常設の図書館カウンターを開設しました。カウンター開設後、耐震基準を満たさず、また、スペース的に3密回避が難しい阿南市立阿南図書館は、利用者の入館を中止し、書庫として資料の整理や保存を行うとしています。

図書館カウンターには、司書も常駐し、予約本の受け取りや返却、電子図書館のパスワード発行、読書案内(レファレンスサービス)が行われます。また、新聞・雑誌コーナー、展示本コーナー、閲覧スペースも設置されています。

阿南市立図書館
http://anan-lib.jp/
※2021年4月14日欄に「4月14日(水) 9:00~ 市役所2階 市民交流ロビー 図書館カウンター OPEN!」、2021年2月5日欄に「市役所2階 「図書館カウンター」の開設について」とあります。

小牧市中央図書館(愛知県)、開館

2021年3月27日、愛知県の小牧市中央図書館が開館しました。

開館時間は、午前9時から午後9時までですが、1階エントランスエリアは午前8時から利用可能です。館内での飲食も可能です。Wi-Fiが整備されているほか、活字による読書が困難な人向けの資料や機器も用意されています。

3月27日(土曜日)より小牧市中央図書館が開館します!(小牧市図書館,2021/3/26)
https://www.library.komaki.aichi.jp/pg/7186

「ほんといい場所 小牧市中央図書館」『広報こまき』令和3年3月15日号(第1378号) [PDF:4ページ]
https://www.city.komaki.aichi.jp/material/files/group/2/20210315bb4-7.pdf

板橋区立中央図書館(東京)の新館がオープン:いたばしボローニャ絵本館を併設

2021年3月28日、東京都の板橋区立中央図書館の新館がオープンしました。同区の平和公園内に移転・開館したものです。

同館は「未来をはぐくみ、心の豊かさと新しい価値を創造し、“緑と文化”を象徴する図書館」を基本理念とし、「生涯を通じ、こころの豊かさを支える図書館」「課題解決型図書館」「学校・家庭と連携する図書館」「地域のコミュニティ形成を支援する図書館」「板橋の魅力“緑と文化”を象徴する図書館」を掲げています。

また、同館には、いたばしボローニャ絵本館が併設されています。同区では、「ボローニャ児童図書展」事務局より1993年から寄贈された海外絵本をもとに2004年に絵本館を設置しましたが、今回、新しい中央図書館に移転・併設したものです。絵本館には、世界約100か国、3万冊、70言語の絵本が所蔵されています。

3月28日に新中央図書館・ボローニャ絵本館がオープンします!(板橋区立図書館,2021/3/25)
https://www.city.itabashi.tokyo.jp/library/oshirase/2000487.html

群馬県、「県有施設のあり方見直し最終報告」を公表:群馬県立図書館も検討対象

群馬県のウェブサイト上で、「県有施設のあり方見直し最終報告」(2021年3月25日付)が公開されています。

群馬県では、県有施設91施設のうち、次の視点により見直し対象とする10施設を選定し、あり方見直しの検討を実施しました。その中には群馬県立図書館も含まれています。

・県の支出超過が大きいもの
・近い将来に多額の改修費が見込まれるもの
・他県の見直し事例などから民間活力の活用等が見込まれるもの
・利用者数が低迷しているもの

群馬県立図書館に関する検討結果では、施設の今後のあり方に関し「県有施設としての必要性」「見直しの方向性」が示されています。「県有施設としての必要性」では、「必要な施設であるが、市立図書館とのサービスの重複は解消すべき」と指摘しています。

また、「見直しの方向性」には、「前橋市と連携し、市立図書館とのサービス重複の解消に向けた具体的な取組を進める」とあります。さらに、老朽化した前橋市立図書館の整備が課題となっていることに触れ、「高知県や長崎県での事例のように、市立図書館との合築による整備についても検討する」としています。

三重県伊賀市、全3回の「伊賀市の未来を創造する図書館ワークショップ」を開催

2021年4月10日から、三重県の伊賀市が、市内のハイトピア伊賀5階多目的大研修室において、「伊賀市の未来を創造する図書館ワークショップ」を3回に分けて開催します。

伊賀市は公民連携手法を用いた施設整備をすすめるため、旧上野市庁舎を改修し、伊賀市上野図書館の移転整備を計画しています。ワークショップは新しい図書館が「学び、創造、憩いの広場」となる交流型図書館を目指し、機能や空間などの図書館のあり方・必要な図書館機能を市民と共同して考え、創ることを目的に開催されます。

ワークショップは3回に分けて開催され、4月10日の第1回のテーマは「そもそも図書館って、どんな場所?」、4月24日の第2回のテーマは「まちづくりに活かせる図書館を考えてみよう!」、5月8日の第3回のテーマは「伊賀市の未来に創造しよう!新しい図書館」です。各回の定員は40人です。学生・ボランティア・高齢者・保護者・学校関係者等様々な立場からの意見を求めており、原則として伊賀市の在住者・在勤者・在学者が参加対象ですが、伊賀市近隣市町村の在住者も参加可能です。

日本建築学会の月刊ウェブマガジン『建築討論』、2021年3月号で「これからの図書館と建築家」を特集

一般社団法人日本建築学会の月刊ウェブマガジン『建築討論』の053号(2021年3月号)において、「これからの図書館と建築家」が特集されています。

同特集では次の記事が掲載されています。

1.リサーチ:垰田ななみ|2000年代以降における図書館の複合化について
2.対談:藤原徹平・山崎泰寛|鬼頭梓と前川恒雄から考える、図書館と建築家
3.インタビュー:図書館総合支援企業〈株式会社図書館流通センター(TRC)〉|流通をベースに、多様なサービスへと展開する
4.インタビュー:図書館家具・設備・用品の提供企業〈キハラ株式会社〉|『半歩先』の商品を提案していくこと
5.乾聰一郎(奈良県立図書情報館)|「場」としての図書館の可能性 ── 図書館の現場から、奈良県立図書情報館編
6.三矢勝司(NPO法人岡崎まち育てセンター・りた)|図書館をつくり、運営を継続する ── 岡崎市図書館交流プラザ りぶらを事例として

大阪市立中央図書館、地下1階左閲覧室を全面的にリニューアルし、参加・交流を志向した空間「Hon+α!(ほな!)」を開設:整備には「森林環境譲与税」を活用

大阪市立図書館は、中央図書館地下1階左閲覧室を全面的にリニューアルし、参加・交流を志向した空間として整備した「Hon+α!(ほな!)」を、2021年3月6日に開設すると発表しました。

「Hon+α!(ほな!)」は、「大阪市立中央図書館施設活用構想」(令和元年9月策定)で掲げる「市民参加・市民交流のできる空間」「新しい機能のある利便性の高い空間」「新しい魅力のある空間」「インターネット接続が保障された空間」「明るく外から見える空間」の5点を基本方針として整備されたほか、「おおさか河内材」を使用して日本の木材の良さを活かした家具等を設置することで、国産木材の普及啓発に努めるとともに、居心地のよい公共空間を形成したと説明されています。また、本などの資料だけでなく、ワークショップなどを通して、人やネットワーク情報との新しい出会い、また未知の発見がある場所をめざすとしています。

3月6日は、オープニングセレモニーと事前申込制のワークショップが行われ、翌3月7日から一般公開されます。

「Hon+α!(ほな!)」の整備にあたっては、国産木材を積極的に活用し、大切な森林を守るために創設された「森林環境譲与税」が活用されています。

韓国・文化体育観光部、海外の公共図書館整備事業の一環として、ベトナム・ハノイ市立図書館に児童図書館を開設

2021年2月24日、韓国・文化体育観光部は、1月27日、ベトナム・ハノイ市立図書館の4階に、児童図書館“Dream Plus Library”を開館したと発表しています。

2017年から2019年にかけて、同部が、海外の開発途上国の小・中・高等学校に「小さな図書館」123館を整備した事業を、2020年から公共図書館の整備へと対象・規模を拡大したもので、国民の豊かな生活を支援するために図書館を整備し、読書と文化享有空間の造成と、生涯学習・情報活用・文化交流を活性化させることを目的としています。

同館の面積は400平方メートルで、子どもの想像力を刺激する年齢別の読書・文化空間、韓国文化を体験できる韓国文化資料室等が設けられ、韓国文学の翻訳書・ベトナムの新刊図書やK-POP・映画・ドラマ・アニメといった韓国のコンテンツが所蔵されています。また、テレビ・PC・プロジェクタといった設備も備えられています。

同部の支援のもと、1月27日から2月9日にかけて「特別利用期間」を設け、近隣の幼稚園や小学校の児童約100人が参加し、韓国の映画やアニメの鑑賞会を行ったほか、オンライン行事も運営したと紹介されています。

ページ