ミャンマー

『アジ研ワールド・トレンド』誌が2016年5月号で「アジアの古本屋」を特集

日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所の刊行している『アジ研ワールド・トレンド』誌が2016年5月号(No.247)で「アジアの古本屋」と題した特集を組んでいます。特集に関連して、以下の記事が掲載されています。

刊行して2カ月を経過した後、PDFで全文公開されます。

巻頭エッセイ
本に親しむ環境‐図書館と古書店‐ / 石川武敏

特集 :アジアの古本屋
特集にあたって / 二階宏之
韓国古書と向き合った60年‐文古堂店主朴贊益氏‐ / 花房征夫
コラム:神田神保町散策‐韓国を探して‐ / 二階宏之
多様化する中国の古本屋‐国有企業からネット販売まで‐ / 狩野修二
楼上からみる香港‐古書店の変遷‐ / 澤田裕子
書籍流通の一翼を担うモンゴルの古本屋 / マンドハイ・ルハグワスレン
インドネシア-多様な知の集積地- / 土佐美菜実
利便性と郷愁のはざま-タイの古書店事情- / 櫻田智恵
路上の大学に学ぶ-ミャンマーの古本屋- / 石川和雅
ベトナムの古本市場 / 上田新也
インド-古本でも本は本- / 坂井華奈子
古書店が私の図書館だった-トルコ- / 粕谷 元
イラン・テヘランの古書店-ある歴史家の視点から- / 小澤一郎

EIFL、マンダレイ大学・ヤンゴン大学と共同で、OAポリシー策定およびリポジトリ運営開始のためのセミナー等を実施(ミャンマー)

途上国において図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)は、ミャンマーのマンダレイ大学とヤンゴン大学と共同で、各機関のオープンアクセスポリシーを策定し、オープンアクセスのためのリポジトリの運営を開始するためのセミナーや会合を3月2日から9日にかけて行なうとのことです。

セミナーと会合は、Open Society Foundations(OSF)の資金援助のもと、EIFL eLibrary Myanmer Projectの一環として実施されるとのことです。

Open access seminars in Myanmar(EIFL)
http://www.eifl.net/events/open-access-seminars-myanmar-1

EIFL eLibrary Myanmer Project
http://www.eifl.net/eifl-in-action/elibrary-myanmar-project

参考:
EIFL、ザンビアにおけるOAキャンペーンについて紹介(記事紹介)
Posted 2015年5月28日
http://current.ndl.go.jp/node/28561

EIFL、2016年1月からミャンマーで"eLibrary Myanmar Project"の第2期を開始

途上国において図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)が、同団体のウェイブサイトで、ミャンマーの大学図書館に、電子ジャーナル・データベース・電子書籍などの電子資源を提供することで、あらゆる分野の教育・研究・学習を提供するプロジェクト"eLibrary Myanmar Project"の第2期を2016年1月から開始すると述べています。

eLibrary Myanmar project phase II(EIFL)
http://www.eifl.net/events/elibrary-myanmar-project-phase-ii

e-Library Myanmar Project (EIFL)
http://www.eifl.net/eifl-in-action/e-library-myanmar-project

ミャンマーの総選挙に先立ち、図書館員が、選挙のロールプレイングのためアウトリーチ活動を実施

先日行われたミャンマーの総選挙に先立って、図書館員が、市民社会団体・ミャンマー情報省・選挙管理委員会からの情報を得て、公共図書館を通じた経済・社会的発展を目指すプロジェクトBeyond Accessと携帯電話会社Ooredooの支援のもと, 選挙のロールプレイングのためのワークショップを開催していたようです。

軍政下で、公正で民主的な選挙を経験したことがないミャンマー国民に対して、55の地域の図書館員は、図書館のタブレットの“MayPahSoh (Let's Vote)”アプリを用いて、通り、市場、店舗等で多くの人々がロールプレイングが体験できるようにアウトリーチ活動を行ったようです。

シンガポールの図書館がミャンマーの図書館へ図書を寄贈

国際図書館連盟(IFLA)のウェブサイトで、シンガポールの図書館からミャンマーの図書館へ50,000冊の中古の図書を寄贈する活動が紹介されています。

この活動は、IFLAの支援のもと、シンガポール国立図書館委員会(NLB)、シンガポール図書館協会(LAS)、ミャンマー国立図書館(National Library of Myanmar)、ミャンマー図書館協会(Library Association of Myanmar)が共同で行ったもので、2015年4月4日には、ミャンマー国立博物館で贈呈式が開催されたとのことです。寄贈された図書はビジネスや芸術など一般的な主題を扱っており、4万冊がミャンマー国立図書館へ、残り1万冊は、20の公共図書館・大学図書館へ500冊ずつ寄贈されたとのことです。

Bringing Books to Libraries in Myanmar(IFLA, 2015/4/10付)
http://www.ifla.org/node/9522

E1536 - ミャンマーの図書館事情:アジア財団レポートより

2014年2月,ミャンマーの公共図書館と情報ニーズについての調査レポートが公表された。米国に本部を置くアジア財団(The Asia Foundation)とミャンマーのMyanmar Book Aid and Preservation Foundation(MBAPF)によるものである。調査では,2013年10月から11月にかけて調査員が全国の図書館を訪問し,図書館員や住民等にインタビュー調査を行っている。レポートは,ミャンマーの図書館の歴史・現況(第3章),関係団体(第4章)を整理した上で,その調査結果が示されており,全体状況が明らかになっている。...

ミャンマーの公共図書館に関する調査報告書が公開

2014年2月2日、The Asia FoundationとMyanmar Book Aid and Preservation Foundationが、ミャンマーの公共図書館に関する全国調査の報告書を公表しました。この調査のため、調査員が206館の公共図書館を訪れ、図書館員、地方自治体、図書館利用者や非利用者にインタビューを行ったとのことです。

主な結果は以下の通りです。

・図書館は農村の生活で中心的役割を果たしている。多くの図書館は村の中心や主要道路沿いにあり、コミュニティセンターとしての機能を持っている。
・図書館には基本的な設備しかなく、運営は寄贈やコミュニティの支援に大きく依存している。
・技術や情報へのアクセスは乏しいが、携帯電話が重要な役割を果たすようになってきている。調査員が訪問したほとんど全ての図書館の施設内にコンピュータがなく、インターネットに接続できる図書館は2館のみであった。

Myanmar Library Survey (the Asia Foundation)
http://asiafoundation.org/publications/pdf/1312

CDNLAOニュースレター、最新号の特集は"歴史文書"-中国国家図書館の歴史文書などを紹介

国立国会図書館が編集するCDNLAO(アジア・オセアニア国立図書館長会議)の英文ニュースレター“CDNLAO Newsletter”の第78号が公開されています。

今回の特集は"歴史文書"で、中国国家図書館の歴史文書、ミャンマーの国立図書館の貴重書コレクション、シンガポール国立図書館の家族の歴史に関する展示、タイ国立図書館の手稿資料コレクション等が紹介されています。

CDNLAO Newsletter No.78, November 2013
Special topic: Historical Documents
http://www.ndl.go.jp/en/cdnlao/newsletter/

ミャンマーに初めての移動図書館がオープン

2013年7月27日、アウンサンスーチー氏がミャンマーで初めての移動図書館をオープンさせたとのことです。これを報じた記事によると、移動図書館はドウキンチ―財団(Daw Khin Kyi Foundation、スーチー氏の母の名前にちなむ)が教育省と協力し、国内外からの寄付によって実現したものとのことです。またElevenの記事には、車は日野自動車が同財団に送ったものであることや、宮下夏生氏が日本人の寄付者を代表して述べた言葉も紹介されています。

Nobel laureate Suu Kyi launches Myanmar’s first mobile library (The Hindu Business Line、2013/7/27付け)
http://www.thehindubusinessline.com/news/international/nobel-laureate-suu-kyi-launches-myanmars-first-mobile-library/article4959610.ece

Myanmar opens first mobile library(2013/7/27付け)
http://www.enca.com/myanmar-opens-first-mobile-library

Beyond Access、ミャンマー、ヨルダン、南アフリカ、グルジアから新メンバーを追加

"Beyond Access"が2013年に新たに加わる加盟館・機関を公表しています。ミャンマーのTharapar Library、ヨルダン国立図書館、南アフリカのMasiphumeleleの図書館、グルジア図書館協会とのことです。各館のプロフィールなどは今後公開されるとのことです。

New Beyond Access Members from Myanmar, Jordan, South Africa and Georgia(2013/4/15付け)
http://beyondaccess.net/blog/2013/04/15/new-beyond-access-members-from-myanmar-jordan-south-africa-and-georgia/

Join Us
http://beyondaccess.net/join-us/
http://beyondaccess.net/beyond-access-2013/

Tharapar Library, Myanmar
https://www.facebook.com/Tharapar

National Library of Jordan
http://www.nl.gov.jo/EN/Pages/default.aspx

ページ