大統領図書館

バラクオバマ財団、7つの建築事務所に、オバマ大統領センター設計のための提案依頼書の提出を依頼

オバマ大統領図書館設立のための財団であるバラクオバマ財団(The Barack Obama Foundation)が、7つの建築事務所に対して、提案依頼書(RFP)の提出を求めたとのことです。4社がニューヨーク、1社がシカゴ、2社がヨーロッパの事務所とのことです。

最終的にそのうちの1事務所が、シカゴのサウスサイドに建設予定の、図書館・アーカイブス・博物館機能を持つオバマ大統領センターの設計者に選ばれることになるとのことです。

Barack Obama Foundation Issues RFP to Seven Potential Architects for the Future Presidential Center(The Barack Obama Foundation,2015/12/21)
http://www.barackobamafoundation.org/news/entry/barack-obama-foundation-issues-rfp-to-seven-potential-architects-for-the-fu

Obama Foundation announces 7 finalists for library architect(AP,2015/12/21付け記事)

フランクリン・D・ルーズベルト大統領図書館・博物館、同大統領の演説関係資料をオンラインで公開

フランクリン・D・ルーズベルト大統領図書館・博物館は、AT&T、マリスト大学、ルーズベルト研究所の支援を受け、需要が高いアーカイブコレクションである、草案・スピーチ原稿・大統領の政策専門家によって作成された台本など、同大統領の演説ファイルの原本46,000点をオンラインで公開したとのことです。演説の録音資料も含まれるようです。

FDR's speeches available online for 1st time(AP,2015/12/7付け記事)
http://bigstory.ap.org/article/13d8efe23ec24150ba64021f0584d465/fdrs-speeches-available-online-1st-time

New Digital Speech Collections(Franklin D.Roosvelt Presidential Library and Museum)
http://www.fdrlibrary.marist.edu/archives/collections/fdrspeeches.html

ニクソン大統領図書館・博物館、約6万6,000ページの文書を追加公開

2015年11月30日、米国国立公文書館が(NARA)が運営する13の大統領図書館の1つである、リチャード・ニクソン大統領図書館・博物館が、研究者の求めに応じてニクソン大統領の資料を追加公開したと発表しています。

公開された資料は、約6万6,000ページと、未分類の500の文献になるとのことです。

そのうち、約580ページは、今回の公開に際して必須の、機密解除のためのレビューを実施したとのことで、そのなかには、

・東南アジアへの爆撃に関連する文書
・1972年1月3日のヘンリー・アルフレッド・キッシンジャーによる、ラオスやカンボジアの軍事状況やダナン空軍基地への爆撃に関するブリーフィングメモ
・1972年1月23日の、ベトナムやソビエトのミサイルテスト、米国とイスラエルの関係についてのニクソン大統領の演説

が含まれるとのことです。

また、ボリビアに関係する文書が、ラテンアメリカ関係のファイルから体系的に処理されて、約675ページが公開されたとのことです。

オバマ大統領図書館のデザイン設計の資格認定に海外を含む140の企業が応募

オバマ大統領図書館の設立のための財団であるThe Barack Obama Foundationが、将来シカゴのサウスサイドに建設予定の図書館建設の資格認定のための同財団の要求に対して140の建設会社からの応募があったと発表しています。

米国内の企業99からの回答のほか、25か国60都市から応募があったようです。

財団と顧問がレビューを終えた後、オバマ大統領と同夫人は提案段階の依頼に参加する企業を選ぶとのことです。

The Barack Obama Foundation Receives 140 Responses to its Request for Qualifications(The Barack Obama Foundation,2015/9/18)
http://www.barackobamafoundation.org/news/entry/the-barack-obama-foundation-receives-140-responses-to-its-request-for-quali

参考:
オバマ大統領図書館はシカゴに
Posted 2015年5月13日
http://current.ndl.go.jp/node/28457

オバマ大統領図書館の建設地決定に向け、財団が4大学に提案依頼

ニクソン大統領図書館、新規資料を公開、一部はオンラインで

ニクソン大統領図書館は、2015年5月20日、合計で4,000ページ近くに及ぶ文献資料を新たに公開しました。そのうち、7件の文書はオンラインで公開されています。

沖縄返還、ベトナムでの爆撃停止、ベトナム戦争中の軍事活動などに関する文書が含まれています。

May 20, 2015 Materials Release(The Nixon Library and Museum)
http://www.nixonlibrary.gov/virtuallibrary/releases/may15.php

エイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館から提供された5,500以上のイリノイ州の歴史的写真がオンラインで公開

2015年5月29日、エイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館Digital Initiativesの提供により、イリノイ州の5,500以上の写真がオンラインで公開されました。

大統領図書館の視聴覚部門の230のコレクションの中から撰ばれた写真は、19世紀から20世紀のイリノイ州の家族、社会、商売、政治活動のビジュアルな視点を一連で提供するものとのことです。

Digital glimpses of Illinois history Lincoln Presidential Library adds more historic photos to online archives(ILLINOIS HISTORIC Preservation Agency, 2015/5/29)
http://www.illinois.gov/ihpa/news/Pages/Historic-images.aspx

フランクリン・D・ルーズベルト大統領図書館、デジタルリポジトリ“FRANKLIN”に40万ページのデジタル化文書を追加

2014年12月15日、フランクリン・D・ルーズベルト大統領図書館が、デジタルリポジトリ“FRANKLIN”に40万ページ以上のデジタル化文書を追加したと発表しています。“FRANKLIN”では、70万ページの文書、2,500枚の歴史的な写真、ファインディングエイドやコレクションの書誌が検索できるとのことです。

新たに追加された文書には、ルーズベルト大統領政権下に財務長官であったヘンリー・モーゲンソウ(Henry Morgenthau, Jr.)の日記や記者会見の記録、ホロコーストからユダヤ人を救出する戦争難民局(War Refugee Board)の文書が含まれているとのことです。

New Digital Collections: Henry Morgenthau, Jr. and War Refugee Board(Franklin D. Roosevelt Presidential Library and Museum)
http://www.fdrlibrary.marist.edu/archives/morgenthaudigital.html

クリントン大統領図書館、新規資料群を公開

2014年2月28日、米国第42代大統領クリントンの大統領図書館において、これまで大統領記録法により公開が差し控えられていた資料群が、退任から12年経過したことにより、一般公開されることとなりました。

クリントン大統領図書館のウェブサイト、及び、アーカンソー州のリトルロックのクリントン大統領図書館の研究室でも閲覧が可能とのことです。

Formerly Withheld Documents(William J Clinton Library)
http://www.clintonlibrary.gov/formerlywithhelddocuments.html

参考:
E1430 - NARA運営の13番目の大統領図書館,ブッシュ大統領図書館開館 カレントアウェアネス-E No.237 2013.05.23
http://current.ndl.go.jp/e1430

キューバ“Finca Vigia”のヘミングウェイ関連資料、米国のジョン・F・ケネディ図書館で公開される

2014年2月11日、米国のジョン・F・ケネディ図書館のヘミングウェイコレクションに、ヘミングウェイのキューバでの邸宅“Finca Vigia”に保管されているヘミングウェイ関連文書をスキャンした約2500点の資料が追加され、公開が開始されたことが報じられています。これらの資料がキューバ外で公開されるのは初めてとのことです。

New Hemingway Materials from Cuba Made Available for First Time at JFK Library(JFK Library, 2014/2/11)
http://www.jfklibrary.org/About-Us/News-and-Press/Press-Releases/2014-Hemingway-Cuba-Documents.aspx

Ernest Hemingway Collection (JFK Library)
http://www.jfklibrary.org/Research/The-Ernest-Hemingway-Collection.aspx

ヘミングウェー関連の資料2000点、キューバ博物館が米に提供 (AFP BBnews, 2014/2/20)
http://www.afpbb.com/articles/-/3008828

参考:

ブッシュ大統領図書館、前大統領文書の情報開示請求の受付開始を発表

ブッシュ大統領図書館が、ブッシュ前大統領退任から5年が経過したことにより、情報自由法(Freedom of Information Act:FOIA)が適用され、2014年1月20日から前大統領文書の情報開示請求の受け付けを開始することを発表しました。

Bush Library to Begin Accepting FOIA Requests January 20 (George W. Bush Presidential Library and Museum, 2014/1/14)
http://www.georgewbushlibrary.smu.edu/en/News-and-Events/News/Bush%20Library%20to%20Begin%20Accepting%20FOIA%20Requests%20January%2020.aspx

ページ