図書館事情

米国・英国・オーストラリアにおける公共図書館のサービスに関する調査報告書(記事紹介)

米国の出版情報誌“Publishers Weekly”に、2021年5月6日付で、公共図書館のサービス状況に関する調査報告書についての記事“Report Urges Library Leaders to Address Decline in Public Library Usage Stats”が掲載されました。

英国の書店の元最高経営責任者であるTim Coates氏による調査報告書“Freckle Report 2021”の内容が紹介されています。記事によると、同報告書は、米国・英国・オーストラリアにおける公共図書館のサービスに焦点を当てており、図書館に関係する政府機関等が発表したデータや2021年4月に実施された調査の結果をまとめています。

公共図書館の来館利用は、米国では2018年までの8年間で31%、英国では2000年以降70%、オーストラリアでは10年間で22%減少したと述べられています。また、新型コロナウイルス感染症感染拡大の読書行動に対する影響について、全ての年齢層で読書量が増えたこと、デジタルコンテンツの提供・利用が増えた一方、紙媒体の資料の利用が減少したこと等を挙げています。

E2375 - フランス国立図書館(BnF)における研究活動

2020年9月,フランス国立図書館(BnF)が,同館における研究活動についてまとめた報告書“La recherche à la Bibliothèque national de France”を公開した。BnFの設立に関する1994年1月3日付のデクレ(行政命令)にある通り,資料の収集・保存・管理・提供だけでなく,所蔵資料に関する研究プロジェクトの実施も同館の使命の一つである。その成果は,シンポジウム,展示会,刊行物,ウェブサイトや,人文・社会科学分野のブログのプラットフォーム“hypotheses.org”上のページ等で発表されている。毎年刊行される活動報告書で,各年の研究内容等について言及されているが,研究活動に焦点を当てた報告書は今回初めて作成された。本稿では,報告書の内容を中心に,BnFの研究活動に関する取組の一端を紹介する。

文部科学省、公共図書館・学校図書館の実践事例集を公開

文部科学省が、2020年3月付けで「図書館実践事例集~地域の要望や社会の要請に応えるために~」及び「図書館実践事例集~主体的・対話的で深い学びの実現に向けて~(学校図書館)」を公開しています。

「図書館実践事例集~地域の要望や社会の要請に応えるために~」では、「利活用の推進・多様なサービス」「運営」「環境整備」「その他」の分類ごとに公共図書館の実践事例が紹介されています。

「図書館実践事例集~主体的・対話的で深い学びの実現に向けて~(学校図書館)」では、「利活用の推進」「運営」「環境整備」の分類ごとに学校図書館の実践事例が紹介されています。

図書館実践事例集~地域の要望や社会の要請に応えるために~(文部科学省)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho/mext_01041.html

中国・杭州市の江干区図書館、女性利用者にフォーカスした分館を開館

中国・浙江日報傘下のニュースサイト「天目新聞」は、2021年3月9日付け記事において、中国・杭州市の江干区図書館が、国際女性デーである3月8日に女性利用者にフォーカスした分館を開館したことを報じています。

蔵書1万冊、セルフ貸出機1台を備えており、女性の自己啓発、家庭内の問題への対応、日常生活といったテーマに沿った書籍を揃えています。将来的には、各種女性団体との協力により、専門家のアドバイスを受けたり、経験や事例を共有したりすることができるサービスの構築も行うとしています。

杭州首家女性主题图书馆开馆,打造现代都市女性的会客空间(天目新聞, 2021/3/9)
https://tm.zjol.com.cn/interface/getNews?id=300135&doc_type=9

中国国家図書館・中国科学技術館・中国図書館学会が戦略協定を締結:科学知識の普及のため協力

中国・新華網は、2021年3月11日付けの記事で、同日に中国国家図書館(NLC)・中国科学技術館・中国図書館学会が戦略協定を締結したことを報じています。協定に基づき、協力して科学知識の普及と科学に関する素養の向上に取り組むとしています。

NLCは、科学技術に関する総合博物館である中国科学技術館と、展示や講座、児童・生徒向けイベントの開催、電子図書館事業等での協力や、AR・VRや人工知能等に関する技術的検討、科学知識の普及に関する資源のサービスプラットフォーム構築等に取組みます。

また、中国科学技術館と中国図書館学会は、「十四五」(第14次5か年計画、2021年から2025年までが対象)期間中、全国の県レベルの公共図書館200館以上において、中国科学技術館の出張展示プログラムを協力して実施します。

国家图书馆与中国科技馆等携手推动全民科学文化素质提升(新華網, 2021/3/11)
http://www.xinhuanet.com/politics/2021-03/11/c_1127200517.htm

E2364 - 学術図書館における電子書籍コレクション構築の動向(ACRL)

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)の出版部門Choiceは2020年9月,米・メリーランド大学カレッジパーク校のノヴァク(John Novak)氏らの調査・執筆によるホワイトペーパー“Ebook Collection Development in Academic Libraries: Examining Preference, Management, and Purchasing Patterns”を公開した。入手には氏名等の登録が必要だが,同内容が本報告書の助成機関であるOverDrive社のウェブサイトでも公開されており,こちらからは登録なしで入手が可能である。

ロシア国立図書館(モスクワ)とロシア書籍院の統合が決定

2021年2月1日、ロシア国立図書館(モスクワ)は、同館とロシア書籍院(Rossiiskaia knizhnaia palata)との統合に向けたロードマップが、2021年1月26日付のロシア政府命令によって承認されたことを発表しました。ロシア書籍院がロシア国立図書館(モスクワ)に吸収合併されることになります。

ロシア書籍院は、1917年にペトログラード(現在のサンクト・ペテルブルグ)に創設された「書籍院」を前身とし、2013年からは国営通信社イタル・タス(現在のTASS)傘下の一支局となって、ロシア連邦における義務納本の窓口として、全国書誌の作成やISBN・ISSNの付与等を担っていました。

これまで、書誌作成や納本出版物の保存は、ロシア国立図書館(モスクワ)とロシア書籍院のそれぞれにおいて重複して行われており、業務の非効率や納本を義務づけられている出版者の負担等が問題視されていました。

今回の統合によって、そうした問題が解消されることに加え、総資料点数が2億点を超えることが見込まれ、ロシア国立図書館(モスクワ)によれば、同館は統合によって蔵書面で「世界最大の図書館となる」とされています。

オランダ・ユトレヒト公共図書館、世界各地の図書館事情を紹介した単行書“Living libraries, the House of the community around the world”を刊行:同館ウェブサイト上で電子版を公開

欧州図書館・情報・ドキュメンテーション協会連合(EBLIDA)のニュースレター2021年2月号で、オランダ・ユトレヒト公共図書館(Utrecht Public Library)による単行書“Living libraries, the House of the community around the world”の刊行が紹介されています。なお、ユトレヒト公共図書館のウェブサイト上で、同書のPDF版及びEPUB版が公開されています。

同書は、Ton van Vlimmeren氏(EBLIDA会長)が20年間務めたユトレヒト公共図書館の館長職を退任するに当たり、その記念として編集・刊行されたものです。世界各地の図書館関係者からの寄稿文を収録しており、各国の図書館事情を紹介する内容です。なお、400ページを超える大部の書籍となっています。

EBLIDAのニュースレターでは、ほぼ全ての寄稿者が「サード・プレイス」としての図書館の役割を強調していることに触れており、そのことは“the House of the community around the world”という同書の副題の説明になっている、と記されています。

E2354 - アンフォーレと安城市図書情報館の挑戦

2017年にオープンした「安城市中心市街地拠点施設アンフォーレ(以下「アンフォーレ」)」およびその中核施設である安城市図書情報館(愛知県)は,この度「Library of the Year 2020」のオーディエンス賞を受賞した。本稿では,特に評価されたポイントを中心に,当館の取組みを紹介したい。

E2358 - ロックダウン下の英国公共図書館レポートに見る図書館の貢献

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大により,英国では2020年3月から6月まで最初のロックダウン体制が敷かれ,公共図書館も少なくとも4か月の休館を余儀なくされた。ロックダウン期間中の公共図書館サービスについて,図書館関連慈善団体であるLibraries ConnectedおよびCarnegie UK Trustが調査レポートを公開した。本稿では両レポートについて概要を紹介する。

ページ