図書館サービス

CA1533 - 緊急時に求められる図書館サービスについて / 清水扶美子

身近に緊急事態が発生したときに人々がまず欲するものの1つに「情報」がある。メディアによって伝えられる緊急事態そのものについての情報とともに,自分たちはどう対応すればよいのか,事態に巻き込まれた知人の行方は,といったもっと個人に密着した情報についても必要とされる。とこ…

 

CA1488 - 動向レビュー:デジタルレファレンスサービスの特性と展開 / 齋藤泰則

1.はじめにインターネットを利用したレファレンスサービスは,図書館におけるレファレンスサービスの形態として広く認知されるようになり,試行的にせよ,導入する図書館は年々増加している。米国研究図書館協会(Association of Research Libraries: ARL)に加盟する大学図書館の調査によれば,そ…

CA1457 - 人間の学習機構を踏まえた知的サービスの可能性 / 斎藤泰則

1 はじめに図書館サービス,特にレファレンスサービスをはじめとする利用者サービスは,文献の提供を通じて,利用者の調査研究等の知的活動を支援するサービスである。利用者は提供された文献から得られた知識をもとに,自らの知識状態を再構成し,課題解決や目的達成にあたる。貸出や…

CA1420 - 家族ぐるみのリテラシー向上活動 / 奥田倫子

今日,米国社会は低識字者層の再拡大という深刻な問題に直面している。2000年の大統領選挙戦において,共和党のブッシュ候補は,「小学校3年生までに全員が本を読めるようにする」ということを標語の一つに掲げたが,これは裏返してみれば,本を読めない小学校3年生が少なからずいるとい…

CA1404 - 図書館サービスの質の測定指標LibQUAL+の開発 / 須賀千絵

近年米国の学術図書館界では,これまでの測定指標,すなわち投入,産出,蔵書規模に関わる指標に加えて,利用者にとっての図書館の効果を測定する必要性が認識されている。このような背景のもとで,研究図書館協会(ARL)では,新たな測定指標の開発に力を入れている。特に注目を集めてい…

CA1370 - 米国の大学図書館における24時間開館の実態 / 半澤陽子

巷ではコンビニやファミレス等,24時間利用できる店をよく見かけるようになった。しかし,図書館の24時間開館というのは日本ではそれほど聞かれない。24時間開館にした場合,一部の利用者には資することになるだろうが,そのためのコストが増大することやその他様々な問題が発生するであ…

CA1346 - ミステリーショッピングの手法による図書館サービス改善の試み / 須賀千絵

図書館サービスの評価や測定にあたっては,これまで質問紙,インタビュー,観察など,さまざまな手法が工夫され,用いられてきた。その中でカリフォルニア州のステニスラウス郡図書館(Stanislaus County Free Library,以下SCFL)において,あるユニークな手法を実践していることが報告された。その…

CA1325 - 難民に対する図書館サービス / 阿部泰

ユーゴスラビア連邦セルビア共和国コソボ自治州におけるいわゆるコソボ紛争とそれに起因するNATO軍のユーゴ空爆は,コソボに住む多数のアルバニア系住民の難民化をもたらした。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によれば,空爆開始後にアルバニア本国・マケドニア・ユーゴ連邦モンテネグロ…

CA1322 - 米国公共図書館における成人向け文化行事の実態 / 久保宮恭子

アメリカ図書館協会(ALA)では,公共図書館が成人を対象に行っている文化行事について,1998年に全国的な調査を行った。このテーマでこれだけの規模の調査は,米国でも初めてのことである。調査の対象となったのは,サービス人口が10万人以上のすべての公共図書館(461館)と,サービス人口が5…

CA1300 - 地方分権の流れの中で−第85回全国図書館大会から− / 児玉史子,浅石英誉

1.第1分科会(公共図書館1):「図書館法」の改正をめぐって昨年の秋田大会の同分科会で,今大会のテーマに図書館法改正を取り上げてはという意見が出されたが,法改正はここ1年の図書館界の最大関心事であり,本分科会のテーマは時宜に適ったものといえる。以下その概要を報告する。分…

ページ