モバイル

英JISC Observatory、モバイルウェブの現状を概観する報告書“Delivering Web to Mobile”を公表

英国のJISC Observatoryが“Delivering Web to Mobile”という報告書(2012年5月付け)を公表しました。英国の教育機関職員を対象に書かれたもので、モバイル端末によるウェブの利用がテーマとなっています。モバイルの現状や英国の高等教育機関における状況に始まり、レスポンシブウェブデザイン、モバイルファースト、プログレッシブエンハンスメントといった手法・考え方や、HTML5などの技術的な話題が20ページ程度でまとめられています。

Delivering Web to Mobile(PDF:22ページ)
http://observatory.jisc.ac.uk/docs/delivering-web-to-mobile.pdf

Delivering Web to Mobile(JISC Observatory)
http://blog.observatory.jisc.ac.uk/techwatch-reports/delivering-web-to-mobile/

参考:
E1254 - モバイル機器からのEuropeanaへのアクセス分析レポート
http://current.ndl.go.jp/e1254

英JISCの研究グループがモバイル端末向けの図書館サービスインフラを議論するコミュニティサイトを公開

英JISCの研究グループがモバイル端末向けの図書館サービスインフラを議論するコミュニティサイトを公開

2012年4月17日に、英国のJISCが2011年11月から2012年9月まで実施している、モバイル端末向けの図書館サービスインフラの研究プロジェクト“Mobile Infrastructure for Libraries”が、その研究プロジェクトの一環としてコミュニティサイトを公開しました。このウェブサイトでは、モバイル端末向けの図書館サービスインフラ等について議論するためのもので、現在「コンテンツ」「技術」「サービス」「一般」「ポリシーと戦略」の5つのグループが開設されています。ログインしなくても議論の内容を閲覧できますが、プロジェクトは積極的な登録参加を呼び掛けています。

m-libraries online community
http://www.m-libraries.info/community/

図書館におけるIT・ウェブの活用を扱った“The Tech Set”シリーズの続編10冊が近々刊行

図書館におけるITやウェブの活用をテーマとした書籍シリーズ“The Tech Set”の続編が近々出版されるそうです。今シリーズで刊行されるのは以下の10点で、それぞれ、クラウド、モバイル、位置情報に基づくサービスとQRコード、Drupal、ソーシャルメディア、次世代図書館リデザイン、スクリーンキャスト、ユーザエクスペリエンス(UX)、インスタントメッセンジャーによるレファレンス、セマンティックウェブとソーシャル検索、というトピックスが扱われています。ALA TechSourceによる紹介記事には、まとめ買い用の割引クーポンのコードも掲載されています。なお、2010年に出版された前シリーズは米国図書館協会(ALA)の“ABC-CLIO/Greenwood Award for the Best Book in Library Literature”を受賞しており、また、出版元の米Neal-Schuman社は2011年12月にALA Publishingの傘下に入っています。

・Cloud Computing for Libraries
・Building Mobile Library Applications
・Location-Aware Services and QR Codes for Libraries
・Drupal in Libraries

PubMed・J-STAGE・CiNii・PLoSを同時検索できるiPhone/Androidアプリ「論文検索」に無料版が登場

2011年4月6日に、株式会社アトラスが販売するiPhone・iPad・Android用アプリ「論文検索Pro」(旧名「論文検索」)の無料版である「論文検索Free」がリリースされたそうです。同アプリは、PubMed、J-STAGE、CiNii、PLoSを同時に検索できるもので、無料版では広告表示や文献管理サービスMedeleyへの転送が不可能等の制限があるようです。

スマートフォンから論文を検索できるアプリ - 論文検索
http://apps.ej-labo.jp/

参考:
PubMed、J-STAGE、CiNiiを同時に検索できるiPhoneアプリ「論文検索」がアップデート、Android版もリリースされる
http://current.ndl.go.jp/node/19831

カーリルがNTTドコモの「iコンシェル」と協力して、読みたい本が貸出可能になったらスマートフォンにお知らせしてくれるサービスを開始

カーリルが、NTTドコモ社のスマートフォン向けサービス「iコンシェル」と連携した新サービスを開始したそうです。読みたい本をカーリルのリストに登録しておくと、その本が貸出可能になったときにスマートフォンにお知らせが来るというもののようです。

カーリルはNTTドコモと協力して、「iコンシェル」へのサービス提供を開始しました(カーリルのブログ 2012/4/6付け記事)
http://blog.calil.jp/2012/04/ntti.html

読みたい本が貸出可能になったら、スマートフォンが教えてくれる図書館検索サイト「カーリル」がスマートフォン版「iコンシェル」に対応(NTTドコモ 2012/3/21付けお知らせ)
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/tokai/page/120321_01.html

明治大学がモバイル向けポータルサイトシステム“Blackboard Mobile Central”を日本初導入

2012年3月30日付けの明治大学の記事によると、同大学では、世界中の200を超える教育機関で導入されているモバイル向けポータルサイトシステム“Blackboard Mobile Central”を日本で初めて導入したようです。“iMeiji”と名付けられた同大学のウェブサイトでは、iPhoneやiPad等のモバイル端末から大学のキャンパスマップやキャンパスニュース、スポーツイベントを調べることができるほか、iTunes Uを起動して同大学の動画コンテンツを視聴できるようです。

教育機関向けモバイルポータルシステム『Blackboard Mobile Central』 を日本で初導入 (2012/3/30付けの記事)
http://www.meiji.ac.jp/koho/press/2011/6t5h7p00000awgin.html

九州大学附属図書館の“Cute.Catalog”がレスポンシブウェブデザインによるスマートフォン対応

九州大学附属図書館のディスカバリインタフェース“Cute.Catalog”がスマートフォン表示に対応したそうです。レスポンシブウェブデザイン(responsive web design)という手法を採用しており、URLはPC版と同一ですが、スマートフォンでアクセスした際のように表示画面が小さい場合には自動的に最適化されたデザインで表示されるようになっているようです。スマートフォンやタブレット端末の普及に伴いレスポンシブウェブデザインを採用するウェブサイトは増加しているようで、検索サービスでは例えばYahoo!検索でも採用されています。

Cute.Catalog
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/

Cute.Catalogがスマートフォン表示に対応、他所在一覧の表示順改善(Cute.dev: ディスカバリサービス開発日誌 2012/3/30付け記事)
http://d.hatena.ne.jp/Cute_dev/20120330/1333109610

スマホ対応の新潮流「レスポンシブWebデザイン」とは?(ASCII.jp 2011/6/17付け記事)
http://ascii.jp/elem/000/000/613/613028/

ページ