震災

京都大学地域研究統合情報センター、スマトラ大津波の復興10年の記録をスマートフォンのアプリで公開

2014年12月26日、京都大学地域研究統合情報センターが、2004年のスマトラ島沖地震・津波の被災と復興の10年を記録したデジタルアーカイブを、防災教育や津波ツーリズムに使える三つのスマートフォン・アプリで公開しました。

「アチェ津波アーカイブ(Android/iOS)」
津波災害を生き延びた被災者の証言をデジタル地球儀上で表現したアプリ。首都大学東京の渡邉英徳研究室との共同開発とのことです。

「アチェ津波モバイル博物館(Android)」
被災と復興の10年にわたる景観の経年変化を示す画像資料を収蔵。AR表示機能により、位置情報をもとに、現在地周辺の過去の景観を現在の街並みと重ねて見ることができるアプリとのことです。

「アチェ津波被災地メモリーハンティング(Android)」
カメラのファインダー上に過去の風景画像を半透明で重ねることで、過去の画像と同じ構図で現在の風景を撮影し、その画像を他のモバイル端末と共有できるアプリで、国立情報学研究所の北本朝展准教授との共同開発とのことです。

アチェ津波アーカイブ、アチェ津波モバイル博物館については、すでにウェブ上のサービスとして公開しているものを、この度、スマートフォンのアプリとして提供したとのことです。

スマトラ大津波の復興10年の記録をスマホ・アプリで公開(京都大学地域研究総合情報センター)

国立国会図書館調査局、「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」を刊行

2014年12月25日、国立国会図書館(NDL)調査及び立法考査局が、「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」を刊行しました。この調査は、震災後3年余を経た時点での復興への取組状況を改めて総括し、被災地の再生の在り方を展望することを目指したものです。東日本大震災の状況を概観した上で、農業、放射能汚染、住宅、教育、雇用など各分野における復興への取組の現状と課題を、福島県を中心とした現地調査等の成果を踏まえ、10本の論文にまとめています。末尾には、調査及び立法考査局が今までに公表した東日本大震災関連の刊行物のリストを掲載しています。調査及び立法考査局は、国政上の重要課題についてプロジェクトチームを編成して分野横断的に調査を行う総合調査を実施しています。

「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」を刊行しました(付・プレスリリース)(国立国会図書館, 2014/12/25)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2014/1208504_1829.html

「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」(『レファレンス』12 月号)を刊行しました

山形国際ドキュメンタリー映画祭の「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」開設シンポジウムの報告が掲載(記事紹介)

2014年11月11日に、NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)が、「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」を設立し、11月29日に、その開設を記念したシンポジウムが開催されたとのことです。同映画祭事務局の畑あゆみ氏による、「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」の紹介と、シンポジウムの報告記事がドキュメンタリーカルチャーマガジン“neoneo”のサイトで2014年12月22日付で公開されています。

東日本大震災の記録映画とその作品資料を蒐集・保存し、作品情報を世界に発信するプロジェクト「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」の特設ウェブサイトも公開されたようです。

【列島通信★山形発】保存と発信、その先へ ~YIDFF「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」開設 text 畑あゆみ(neoneo, 2014/12/22)
http://webneo.org/archives/28288

【列島通信★山形発】保存と発信、その先へ ~YIDFF「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」開設 text 畑あゆみ(neoneo, 2014/12/22)
http://webneo.org/archives/28288/2

311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ

E1640 - これからの福島の図書館を考える<報告>

 2014年11月6日,第16回図書館総合展(パシフィコ横浜)においてフォーラム「これからの福島の図書館を考える」が開催された。第1部「福島県における図書館の今」では,震災直後から今までの状況を振り返ることで,情報拠点としての図書館の役割を改めて考える機会とすることを趣旨に,震災後,図書館はどのような情報を必要とし,あるいは必要とされたのか,また,自治体復興の中で,新たな段階を迎えた住民生活に対し,図書館が取り組むべきことは何であるのか等について筆者が報告を行った。第2部「避難指定区域の住民を受け入れている自治体の図書館について」では,原発事故等による避難住民を多数受け入れている会津若松市といわき市から避難者支援の事例が報告され,図書館サービスの実状や,そこから見えた課題についてシンポジウムが行われた。...

 

神戸ファッション美術館、特集展示「衣服にできること-阪神・淡路大震災から20年」を開催

2015年1月17日から4月7日まで、神戸ファッション美術館(兵庫県)にて、特集展示「衣服にできること-阪神・淡路大震災から20年」が開催されます。

特別展示「1950-70年代の阪神間スタイル 」、特集展示「衣服にできることー阪神・淡路大震災から20年」(神戸ファッション美術館)
http://fashionmuseum-blog.com/35600

特集展示「衣服にできることー阪神・淡路大震災から20年」(神戸ファッション美術館)
http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/index150117b.html

神戸市による震災写真オープンデータサイト「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」が公開

2014年12月9日、神戸市(兵庫県)による震災写真オープンデータサイト「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」が公開されました。阪神・淡路大震災の発災直後や復旧・復興の様子など約1,000枚の記録写真が閲覧できます。データは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示2.1 日本(CC BY 2.1 JP)で公開されており、この規約に従った二次利用が可能とのことです。

阪神・淡路大震災「1.17の記録」
http://kobe117shinsai.jp/

「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」を公開しました(神戸市, 2014/12/9)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2014/12/20141209070301.html

利用規約(阪神・淡路大震災「1.17の記録」)
http://kobe117shinsai.jp/terms/

参考:
神戸市、阪神・淡路大震災に関連する全公文書を保存・活用へ
Posted 2010年3月2日
http://current.ndl.go.jp/node/15864

阪神・淡路大震災資料の公開に関する課題、経験を伝える語り部への要望の高まり(記事紹介)
Posted 2012年12月25日

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、環境省の動画コンテンツを追加

2014年12月2日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に、環境省動画チャンネル(YouTube)や除染情報プラザのウェブページに掲載されている動画のうち、廃棄物の処理や除染等に関する動画を追加しました。

環境省~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(17)(国立国会図書館東日本大震災アーカイブ,2014/12/02)
http://kn.ndl.go.jp/information/345

環境省動画チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/user/kankyosho

除染情報プラザ(環境省)
http://josen-plaza.env.go.jp/

【イベント】奈良大学、シンポジウム“被災地歌津と奈良を繋ぐ、そしてこれから”(12/7・奈良)

奈良大学保存科学研究室による、東日本大震災の津波被害を受けた宮城県南三陸町の西光寺の文書等およそ1,500点の保存修復作業が間もなく終了するにあたり、2014年12月7日、奈良大学総合研究棟において、復興途上の被災地・歌津との繋がりをどのように継続すればよいのかを、参加者の討論を通じて考えるシンポジウム“被災地歌津と奈良を繋ぐ、そしてこれから”が開催されるとのことです。

西光寺津波被災文書の保存修復に関する講演等があるほか、被災文書の修復・被災地訪問のパネル展示等も行なわれるようです。

シンポジウムの参加費は無料で、事前申し込みは不要とのことです。

シンポジウム“被災地歌津と奈良を繋ぐ、そしてこれから”のご案内(奈良大学,2014/11/25)
http://www.nara-u.ac.jp/news/event/detail.php?id=265

E1629 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2014/11/20現在)

東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,本誌での既報(E1590ほか参照)に続き,2014年8月中旬から11月下旬にかけての主な情報をまとめた。...

【イベント】新潟大学災害・復興科学研究所、シンポジウム「災害史を研究し続けること、史料を保全し続けることー新潟地震50年・中越地震10年ー」開催(12/6・新潟)

2014年12月6日、新潟大学にて、シンポジウム「災害史を研究し続けること、史料を保全し続けることー新潟地震50年・中越地震10年ー」が開催されます。新潟大学災害・復興科学研究所 危機管理・災害復興分野が主催するシンポジウムで、第1部は「史料保全と被災地」、第2部は「災害史研究の意義」として、計6件の報告が予定されており、また、矢田俊文氏(新潟大学災害・復興科学研究所)を司会に、報告者が参加するパネルディスカッションも開催されるとのことです。

申込みは不要とのことです。

【イベント】シンポジウム「災害史を研究し続けること、史料を保全し続けることー新潟地震50年・中越地震10年ー」開催のお知らせ(2014/10/11)
http://www.nhdr.niigata-u.ac.jp/news/3224/

ページ