震災

日本原子力研究開発機構、NDL、IAEAと連携し、東京電力福島第一原子力発電所事故関連情報アーカイブ化への取組みを本格化

2014年1月24日、独立行政法人日本原子力研究開発機構は国立国会図書館(NDL)と国際原子力機関(IAEA)と連携し、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故関連情報アーカイブ化への取組みを本格化すると発表しました。

発表のポイントは以下のように示されていました。

・散逸・消失等が懸念される福島第一原発事故関連情報アーカイブ化への取組みを本格化。
・国立国会図書館との連携によるインターネット情報の恒久的なアクセス確保。
・国際原子力機関が作成した分類(タクソノミー)の活用による情報整理。
・国立国会図書館、国際原子力機関との連携による情報発信の拡大。

また、以下のとおり、想定されている具体的な実施内容が示されています。

(1)福島第一原発事故に係る調査研究等に有用なインターネット情報の恒久的なアクセスを確保するため、国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)を活用します。
収集した情報は、(2)IAEAが策定した原子力事故情報に関する分類(タクソノミー)を活用し体系的に整理、メタデータ化します。
そして、(3)国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)やIAEAの国際原子力情報システム(INIS)等の国内外情報データベースと連携させ、情報発信の拡大を図ります。

【イベント】国立民族学博物館・人間文化研究機構、公開シンポジウム「災害と展示」を開催(3/16・大阪)

2014年3月16日、国立民族学博物館、人間文化研究機構が主催し、日本展示学会が共催する公開シンポジウム「災害と展示」が開催されます。

このシンポジウムは、人間文化研究機構連携研究「文化遺産の復興に向けたミュージアムの成長のための基礎的研究-大学共同利用機関の視点から」の研究活動の一環として、博物館における災害展示に着目し、その意義と可能性について検証しようとするものとのことです。

事前の申し込みは不要で、当日先着順の受付とのことです。

公開シンポジウム「災害と展示」(人間文化研究機構 大規模災害と人間文化研究)
http://www.ninjal.ac.jp/shinsai/schedule.html

【イベント】人間文化研究機構、公開シンポジウム「災害に学ぶ-歴史文化情報資源の保全と再生-」を開催(1/25・東京)

2014年1月25日、人間文化研究機構連携研究「大規模災害と人間文化研究」の公開シンポジウム「災害に学ぶ-歴史文化情報資源の保全と再生-」が開催されます。

平成25年度「大規模災害と人間文化研究」公開シンポジウム(人間文化研究機構 大規模災害と人間文化研究)
http://www.ninjal.ac.jp/shinsai/schedule.html

参考:
人間文化研究機構による連携研究「大規模災害と人間文化研究」のウェブサイトが開設
Posted 2012年11月15日
http://current.ndl.go.jp/node/22334

青森県内の東日本大震災の被災地域が『青森震災アーカイブシステム』の構築を計画

東日本大震災の記録と記憶を風化させることなく、災害の恐ろしさと防災対策の重要性を次世代に継承していくため、青森県内の被災した地域(八戸市、三沢市、おいらせ町、階上町)が共同して写真や映像などの震災資料をデジタル化して保存する『青森震災アーカイブシステム』の構築が進められています。

この事業は総務省「震災関連デジタルアーカイブ 構築・運用のためのガイドライン」に沿って、構築・運用する震災アーカイブとのことです。

2014年1月20日に、インフォコム株式会社がこの震災関連資料の収集・デジタル化およびアーカイブシステムの構築を受託したと公表しています。

インフォコム株式会社の発表資料によると、この事業において八戸市、三沢市、おいらせ町、階上町の自治体、民間企業、地元住民から6万件の被災資料・復興資料および体験談を収集・記録し、保存・蓄積するとのことです。収集した震災関連資料はデジタル化・個人情報等のマスキング処理・メタデータ付与を行うとともに、青森震災アーカイブシステムを構築して、2014年4月にインターネット公開される予定とのことです。

また、2014年4月には国立国会図書館東日本大震災アーカイブとのデータ交換を予定しているとのことです。

大阪府立中央図書館、企画展示「歴史地震に学ぶ『震災と復興』展」を開催中

2014年1月10日から3月12日まで、大阪府立中央図書館で、企画展示「歴史地震に学ぶ『震災と復興』展」が開催されます。

大坂の歴史地震の記録、児童書にみる関東大震災、過去の地震を知る資料、阪神大震災からの復興、東日本大震災、震災の記録と復興、復興と絆という7つのテーマで資料を紹介しています。なお、この展示の開催にあたっては、兵庫県立図書館、福島県立図書館をはじめ、他機関からの資料提供も受けているとのことです。

歴史地震に学ぶ「震災と復興」展(大阪府立中央図書館, 2014/1/10付け)
http://www.library.pref.osaka.jp/site/central/rekishijishin.html

E1515 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2013/12/24現在)

 2013年12月4日で,東日本大震災発生から1,000日を迎えた。東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,本誌での既報(E1490ほか参照)に続き,2013年10月下旬から12月中旬にかけての主な情報をまとめた。...

岩手県立図書館、東日本大震災関連の展示“「1097歩」~3年目の市町村~”を開催

2013年12月28日から2014年3月24日まで、岩手県立図書館が、展示“「1097歩」~3年目の市町村~”を開催する予定とのことです。

この展示は、東日本大震災発生から3年目を迎えるにあたり、東海新報で連載されていた「定点観測」の写真と、沿岸各市町村に関連する資料を展示し、3年目の「今」を紹介するものとのことです。

「「1097歩」~3年目の市町村~」のお知らせ(岩手県立図書館, 2013/12/17付け)
http://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/event/20131228_1097step.html

国立歴史民俗博物館、企画展示「歴史にみる震災」の開催を予定、あわせて、展示にむけて千葉県内の記録写真を公募

国立歴史民俗博物館は、東日本大震災から3年目に当たる2014年3月11日から5月6日まで、企画展示「歴史にみる震災」を開催する予定です。

また、身近なところであった様々な形の被害を風化させず、記憶にとどめ、後世に伝えていくため、2013年12月20日から2月14日までの期間で千葉県内の東日本大震災の記録写真を公募するとのことです。公募された写真は、企画展示の期間中に館内ロビーのパネル等に掲出するとのことです。

歴史にみる震災(国立歴史民俗博物館)
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html

東日本大震災での千葉県内の記録写真公募(国立歴史民俗博物館)
http://www.rekihaku.ac.jp/others/press/p131216.html

東北歴史博物館、東日本大震災復興祈念特別展「神さま仏さまの復興-被災文化財の修復と継承-」他を開催

東北歴史博物館で,2013年11月16日から2014年1月13日まで、東日本大震災復興祈念特別展「神さま仏さまの復興-被災文化財の修復と継承-」が開催されています。この特別展は,宮城県内の文化財で,東日本大震災により被害を受け、修復された神像や仏像などに特に焦点をあてたものとのことです。

また、同館の浮島(うきしま)収蔵庫内の考古資料も東日本大震災により被害を受けており、修復作業を行ってきたとのことです。2013年10月1日から2014年3月16日まで、展示「修復された被災文化財 中ノ内A・B遺跡の縄文土器」を開催し、修復が完了した資料の中から、縄文時代中期の縄文集落である川崎町(かわさきまち)中ノ内A・B遺跡から出土した見応えのある縄文土器を厳選して紹介しているとのことです。

東日本大震災復興祈念特別展「神さま仏さまの復興-被災文化財の修復と継承-」(東北歴史博物館)
http://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/detail.php?data_id=499

【イベント】神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会 第2回講演会「史料保存とレスキュー活動」(1/16・神奈川)

2014年1月16日、平成25年度神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会の第2回講演会「史料保存とレスキュー活動」が開催されます。

国文学研究資料館の西村慎太郎氏による「東日本大震災と歴史資料の保全」、静岡県教育委員会文化財保護課による「静岡県文化財救済ネットワークの活動」、寒川文書館の高木秀彰氏による「自治体における史料保全-地域防災計画と資料ネット-」などの講演が予定されています。

なお、参加にあたっては事前に申込みが必要となっています。

平成25年度 神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会 第2回講演会
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p719634.html

ページ