震災

宮城県東松島市、東日本大震災を語り継ぐ事業を拡充

2014年2月26日付けの河北新報において、宮城県東松島市が新年度、東日本大震災を語り継ぐ事業を拡充すると報じられています。地域の被害や復興の取り組みを映像化するほか、QRコードを活用し被災状況を伝える試みなどを始め、多様な形で震災を記録・伝承して風化を防ぎ、防災対策や教育に役立てるとのことです。

映像は、市が所有したり住民から提供を受けたりする写真や動画を組み合わせ、全体で1時間程度に編集し、DVDやインターネットで公開する方針とのことです。

QRコードは公共施設や商店などに用意し、携帯電話などで読み取ると、その場所の浸水高や震災時の様子などが見られるようにするとのことです。また、QRコードの設置場所と浸水域などを示す「震災訪ね歩き案内パンフレット」も作成し、地図情報も盛り込み、被災地視察や防災教育などで市内で訪れた人が自由に見て回れるようにするとのことです。

震災を語り継ぐ事業は東松島市図書館が担ってきており、被災者の体験談を動画で記録したり、新聞や書籍などを収集したりしているとのことです。

携帯でピッ震災記録パッと 東松島市、伝承事業を拡充(河北新報社, 2014/2/26付けの記事)
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20140226_05.htm

Google、展示イベント「震災から 3 年、キオクと復興の今」を開催

Googleは、2014年3月5日から3月11日まで、「震災から 3 年、キオクと復興の今」と題し、東日本大震災の災害対応から復興支援に至る 3 年間をたどる展示イベントを六本木ヒルズ 大屋根プラザにて開催すると発表しています。

パーソンファインダーに始まり、被災を記録したストリートビュー、そしてインターネットを通じた復興支援へと3年間で移り変わった東日本大震災とGoogleの関わりが展示で紹介されるとのことです。

また、東北のお酒を片手に、ストリートビュー撮影の舞台裏や津田大介氏による新しい東北との関わり方、東北の明日を変える若者たちの挑戦などを紹介するトークイベントも開催するとのことです。

「震災から 3 年、キオクと復興の今」開催のお知らせ(Google, 2014/2/25付)
http://googlejapan.blogspot.jp/2014_02_01_archive.html

震災から 3 年、キオクと復興の今 ~ 写真とストリートビューでたどる震災と復興の 3 年間。
http://www.miraikioku.com/exhibit2014.html

Google、東日本震災からの3年間をたどる展示イベントを3月5日~11日に開催(INTERNET Watch, 2014/2/25付)

奥州市立胆沢図書館(岩手県)で企画展「3・11-あの日から3年。私たちができること」を開催

岩手日日新聞の記事によると、奥州市胆沢図書館(岩手県)で企画展「3・11-あの日から3年。私たちができること」が開催されているとのことです。東日本大震災の風化防止と防災意識高揚を目的に開催するもので、同館に設置されている「震災コーナー」の図書や雑誌、検証本、報道写真集など約350冊が展示されているとのことです。2014年3月28日まで開催されるとのことです。

3.11風化防止へ 胆沢図書館(岩手日日新聞, 2014/2/25日付)
http://www.iwanichi.co.jp/tankoh/item_38244.html

胆沢図書館企画展『3.11-あの日から3年 私たちができること』開催中(胆沢まるごと案内所, 2014/3/11付)
http://maru510.blog23.fc2.com/blog-entry-1041.html

※2014年4月22日、情報を追記しました。

【イベント】大阪府立中央図書館、第6回府民講座「鎮魂と復興のきずな―東日本大震災と民俗芸能―」を開催(3/1・大阪)

2014年3月1日、大阪府立中央図書館が主催する第6回府民講座「鎮魂と復興のきずな―東日本大震災と民俗芸能―」が開催されるとのことです。

国立民族学博物館准教授の林勲男氏が講師を担当し、民族学の視点から、震災復興に人々の心のつながりがどうかかわるか、なぜ心の復興に伝統芸能が必要なのかについて講演を行うとのことです。

受講にあたっては、事前の申し込み、また、経費として500円が必要とのことです。

【講演会】大阪府立中央図書館主催第6回府民講座 「鎮魂と復興のきずな―東日本大震災と民俗芸能―」(大阪府立図書館, 2014/1/7付)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/central/25kouza6.html
 
 
※E1532 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2014/2/14現在) カレントアウェアネス-E No.254 2014.02.20で、上記の講演会について、誤った記述がありました。訂正してお詫び申し上げます。

【イベント】神奈川県川崎市立幸図書館、講演会「被災地における図書館支援活動(東日本大震災から3年)」を開催(3/26・川崎)

2014年3月26日、神奈川県川崎市立幸図書館にて、東日本大震災から3年間に被災地を巡り図書館を支援してきた「Help Tosyokan」の活動を、数多くの写真を中心に報告する講演会が開催されるとのことです。あわせて、2014年3月21日から3月26日にかけて、幸市民館ギャラリーで東日本大震災被災地図書館の写真展を開催するとのことです。

被災地における図書館支援活動(東日本大震災から3年)/幸図書館:3月21日(金)~3月26日(水)(川崎市立幸図書館, 2014/2/8付け)
http://www.library.city.kawasaki.jp/info03_txt/0000001616/news081026-1.html

講演会のチラシ
http://www.library.city.kawasaki.jp/pdf/25_saiwai_0326.pdf

岩手県の大船渡市立博物館、「東日本大震災被災状況写真展 Part1」を開催

岩手県の大船渡市立博物館では、2014年1月28日から5月11日まで「東日本大震災被災状況写真展 Part1」を開催しています。

東日本大震災後3年を迎えるにあたり、大船渡市が収集してきた震災記録写真の一部を公開する展示とのことです。今回の展示は、2011年3月12日、13日、14日の震災直後の3日間の大船渡市の状況を紹介するとのことです。

「東日本大震災被災状況写真展 Part1」を開催します
~3.11 巨大津波襲来。寒い夜が明けて、はじめの3日間。~(大船渡市, 2014/1/21)
http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1390376252917/index.html

【イベント】筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター公開シンポジウム「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承2014 -被災文化遺産の救出と“その後”-」(3/15・筑波)

日本アーカイブズ学会のウェブサイトによると、2014年3月15日、筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターが、「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承2014 -被災文化遺産の救出と“その後”-」をテーマにシンポジウムを開催するとのことです。

筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターは、2013年にシンポジウム「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承―地域コミュニティの再生のために―」を開催し、文化遺産救出・保全活動の現場における現状と課題を共有したとのことです。今回のシンポジウムは、その第2弾として、救出・保全された被災文化遺産の“その後”、すなわち資料の整理、地元への返還、情報発信等をめぐる活動の現状と課題に関する報告を行い、報告者及び参加者による意見交換を通じて、情報及び課題を共有するとのことです。

シンポジウム 大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承 2014 — 被災文化遺産の救出と”その後” —(筑波大学)
http://www.kc.tsukuba.ac.jp/disasterSympo2014/

シンポジウム詳細(筑波大学)
http://www.kc.tsukuba.ac.jp/disasterSympo2014/sympo2014.pdf

NPO法人20世紀アーカイブ仙台が東日本大震災の記録集を全国の都道府県立図書館などへ寄贈

2014年1月24日付の河北新報社の記事によると、NPO法人20世紀アーカイブ仙台が、同法人が2012年3月に出版した東日本大震災の記録写真集「3・11 キヲクのキロク」を全国の公立図書館に寄贈したとのことです。

「3・11 キヲクのキロク」は、A4判190ページの写真集で、価格は2,000円とのことです。Twitterなどを通じて、市民から提供された震災時の写真約1万8,000枚の中から約1,500枚を収録したものとこのとです。

20世紀アーカイブ仙台が、都道府県立の図書館や東京23区立の図書館など計108か所に2冊ずつ発送するのに必要な経費138万円の寄付をインターネットで募ったところ、2013年10月11日から12月9日までの募集期間中に147万円が集まったとのことです。

3・11の記憶、全国の図書館へ 仙台のNPOが写真集寄贈(河北新報社, 2014/1/24付けの記事)
http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140124t15038.htm

全国47都道県立図書館に市民が撮った3.11記録集を届けます(Ready for?)
https://readyfor.jp/projects/311archive

「3.11」市民が撮った震災記録(NPO法人20世紀アーカイブ仙台)

【イベント】千葉県立東部図書館「語り継ぐ震災の記憶と記録」地域づくり支援講座を開催(2/15・千葉)

千葉県立東部図書館が、2014年2月15日、「語り継ぐ震災の記憶と記録 ―いのちを守るまちづくり―」と題し、地域づくり支援講座を開催します。津波被害の記憶を風化させないよう、聞き取りによる記録作りや語り継ぎ、復興観光まちづくりを進めているNPO「光と風」の協力を得て実施するものとのことです。

東部図書館 「語り継ぐ震災の記憶と記録」地域づくり支援講座開催のお知らせ(千葉県立図書館, 2014/1/24)
http://www.library.pref.chiba.lg.jp/information/east/post_36.html

ページ