震災

国立歴史民俗博物館、企画展示「歴史にみる震災」の開催を予定、あわせて、展示にむけて千葉県内の記録写真を公募

国立歴史民俗博物館は、東日本大震災から3年目に当たる2014年3月11日から5月6日まで、企画展示「歴史にみる震災」を開催する予定です。

また、身近なところであった様々な形の被害を風化させず、記憶にとどめ、後世に伝えていくため、2013年12月20日から2月14日までの期間で千葉県内の東日本大震災の記録写真を公募するとのことです。公募された写真は、企画展示の期間中に館内ロビーのパネル等に掲出するとのことです。

歴史にみる震災(国立歴史民俗博物館)
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html

東日本大震災での千葉県内の記録写真公募(国立歴史民俗博物館)
http://www.rekihaku.ac.jp/others/press/p131216.html

東北歴史博物館、東日本大震災復興祈念特別展「神さま仏さまの復興-被災文化財の修復と継承-」他を開催

東北歴史博物館で,2013年11月16日から2014年1月13日まで、東日本大震災復興祈念特別展「神さま仏さまの復興-被災文化財の修復と継承-」が開催されています。この特別展は,宮城県内の文化財で,東日本大震災により被害を受け、修復された神像や仏像などに特に焦点をあてたものとのことです。

また、同館の浮島(うきしま)収蔵庫内の考古資料も東日本大震災により被害を受けており、修復作業を行ってきたとのことです。2013年10月1日から2014年3月16日まで、展示「修復された被災文化財 中ノ内A・B遺跡の縄文土器」を開催し、修復が完了した資料の中から、縄文時代中期の縄文集落である川崎町(かわさきまち)中ノ内A・B遺跡から出土した見応えのある縄文土器を厳選して紹介しているとのことです。

東日本大震災復興祈念特別展「神さま仏さまの復興-被災文化財の修復と継承-」(東北歴史博物館)
http://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/detail.php?data_id=499

【イベント】神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会 第2回講演会「史料保存とレスキュー活動」(1/16・神奈川)

2014年1月16日、平成25年度神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会の第2回講演会「史料保存とレスキュー活動」が開催されます。

国文学研究資料館の西村慎太郎氏による「東日本大震災と歴史資料の保全」、静岡県教育委員会文化財保護課による「静岡県文化財救済ネットワークの活動」、寒川文書館の高木秀彰氏による「自治体における史料保全-地域防災計画と資料ネット-」などの講演が予定されています。

なお、参加にあたっては事前に申込みが必要となっています。

平成25年度 神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会 第2回講演会
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p719634.html

首都大学東京 渡邉英徳研究室の「東日本大震災アーカイブ」、2013年度グッドデザイン賞において「復興デザイン賞」を受賞

2013年11月7日、2013年度のグッドデザイン特別賞が発表されました。このうち、復興デザイン賞(日本デザイン振興会会長賞)においては、首都大学東京 渡邉英徳研究室の「東日本大震災アーカイブ」が受賞しました。

2013年度|特別賞
http://www.g-mark.org/activity/2013/results.html

第40回「日本賞」および2013年度グッドデザイン賞の結果発表
http://labo.wtnv.jp/2013/11/402013.html

参考:
2013年度グッドデザイン賞発表 - 図書館・図書館に関する事業も複数が受賞 Posted 2013年10月1日
http://current.ndl.go.jp/node/24490

宮城県図書館、県内の各産業や地域における復旧復興の様子を紹介する特別展「復興の道標-東日本大震災文庫展III-」を開催

宮城県図書館が、2012年9月7日から11月25日まで、特別展「復興の道標-東日本大震災文庫展III-」を開催しています。

東日本大震災からおよそ一年半が経過する現在の,県内の各産業や地域における復旧,復興の様子を紹介するとともに、宮城県図書館が休館した1カ月間に実施した県内公共図書館に対する支援活動の様子や、社団法人日本図書館協会とsaveMLAK による図書館の支援活動の様子も紹介するとのことです。

Ref.
特別展「復興の道標-東日本大震災文庫展III-」を開催します。
http://www.library.pref.miyagi.jp/oshirase/index.html#6

ポスター
http://www.library.pref.miyagi.jp/oshirase/img/hukkounomichishirube.pdf

宮城県図書館、宮城県庁でパネル展「図書館の復旧と復興支援~県図書館の役割~」を開催

宮城県立図書館が、宮城県庁2階壁面でパネル展「図書館の復旧と復興支援~県図書館の役割~」を開催しています。展示パネルは、2012年2月~5月に開催した特別展「絆の証し-東日本大震災文庫展-」で展示したもので、東日本大震災で大きな被害を受けた名取市図書館と南三陸町図書館に対する支援活動等についてのものとなっているとのことです。

開催期間は8月17日から8月31日までとなっています。

Ref.
宮城県庁2階壁面でパネル展「図書館の復旧と復興支援~県図書館の役割~」を開催しています。
http://www.library.pref.miyagi.jp/oshirase/index.html#16

参考:
宮城県図書館が1か月の災害復旧工事を終え再開、特別展「3.11漫画家の祈りと激励展―東日本大震災文庫展II―」を開催 Posted 2012年7月11日
http://current.ndl.go.jp/node/21332

私立大学図書館協会が座談会「大学図書館と危機管理 - ふたつの大震災に学ぶ」の記録を公開

私立大学図書館協会が、2012年4月23日に立教大学で行われた座談会「大学図書館と危機管理 - ふたつの大震災に学ぶ」の記録を公開しています。

Ref.
座談会「大学図書館と危機管理 - ふたつの大震災に学ぶ」 (私立大学図書館協会2012/8/23付けお知らせ)
http://www.jaspul.org/sinsai/zadankai/index.html

筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター、「ワークショップ ~Digital Archive Networkの構築に向けて~」を開催(7/24・札幌)

総務省の「知のデジタルアーカイブに関する研究会」の提言を受け、筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターと総務省がデジタルアーカイブ支援ネットワーク(Digital Archive Network ; DAN)(仮称)の構築を目指した知識の共有、意見交換のためのワークショップを開催するとのことです。7月24日、札幌市中央図書館において開催予定となっています。

東日本大震災以降、デジタルアーカイブの役割も見直されているとの認識から、震災アーカイブの方向性、DANの役割等についてもの議論も行われるようです。

Ref.
ワークショップ ~Digital Archive Networkの構築に向けて~
http://www.kc.tsukuba.ac.jp/dan20120724.htm
ホーム

イタリア北部地震、被災した公共図書館のため図書館バスを求む(イタリア)

2012年5月20日、29日に発生したイタリア北部地震によりイタリアの公共図書館が被害を受けているところですが、イタリア近隣の諸国に対し、図書館バスの提供を求めるブログポストがIFLAの資料保存分科会のブログに掲載されています。図書館バスを、読者へのサービスとして、また書籍の一時保管場所あるいは搬送手段としても利用したい状況があり、情報や解決策を求めています。

Ref.
Italy: looking for bibliobuses(IFLA P&C Blog 2012/6/19付け)
http://blogs.ifla.org/preservation-and-conservation/2012/06/19/italy-looking-for-bibliobuses/

「全国歴史民俗系博物館協議会」、6月14日に設立集会開催、正式発足へ

全国12館の歴史民俗系博物館長が発起人となり、「全国歴史民俗系博物館協議会」が発足するとのプレスリリースが国立歴史民俗博物館よりでています。

この「全国歴史民俗系博物館協議会」は、歴史民俗系の博物館はこれまで館種別の組織がなく、東日本大震災の際に相互連携による速やかな救援活動を行えなかったとの反省を踏まえ発足するものとのことです。

Ref.
「全国歴史民俗系博物館協議会」の発足および設立集会の開催のご案内(国立歴史民俗博物館プレスリリース)
http://www.rekihaku.ac.jp/others/press/p120614.html

全国歴史民俗系博物館協議会(仮称)の立ち上げにあたって(2012/4/26付け)
http://www.rekimin.com/about.html

ページ