図書館サービス

米国の学術図書館における、物理媒体・電子媒体のリソースの動向(記事紹介)

2021年4月28日、ProQuest社傘下の図書館システムベンダEx Librisは、米国の学術図書館における、物理媒体・電子媒体のリソースの動向に関するブログ記事を公開しました。

Ex Librisが提供するクラウド型図書館システム“Alma”のデータを用いて2020年11月に実施した調査を基に、2010年から2019年にかけての物理媒体・電子媒体のリソースに対する図書館の支出動向が分析されています。調査対象は、“Alma”を導入している米国の図書館の内、無作為に抽出された10館です。

結果として、全ての対象館で物理媒体への支出が減少し、電子媒体への支出が増加する傾向が見られ、以前は物理媒体への支出が電子媒体を上回っていたものの現在は逆転していること等が示されています。なお、同調査には新型コロナウイルス感染症の影響は反映されていないことを指摘しています。

米・イェール大学図書館、同館所蔵の旧式のCD-ROMを利用できるエミュレーションビューワを公開:同大学の学生と研究者が利用可能

2021年4月28日、米・イェール大学図書館が、旧式のCD-ROMを現行のコンピュータシステムで利用できるようにしたエミュレーションビューワの公開を発表しています。同大学の学生と研究者は、当該CD-ROMの目録情報からのリンクをクリックすればコンテンツを利用できます。

同ビューワは、Andrew W. Mellon財団とAlfred P. Sloan財団の助成を受けた、同館のデジタル保存チームおよびソフトウェアへの長期アクセスのための団体Software Preservation Network等によるEaaSI(Emulation-as-a-Service Infrastructure) プログラムが提供しているもので、現在、同館が所蔵する5,000点以上のCD-ROMのうち約150点がアップロードされています。作業は現在も継続中ですが、全てのCD-ROMが利用できるようにするには約3年かかるとしています。

英・Libraries Connected、コロナ禍において公共図書館が児童向けに提供できるサービスのアイデア等をまとめたガイドを公開

図書館の支援を行う慈善団体である英国のLibraries Connectedは、コロナ禍において公共図書館が児童向けに提供できるサービスのアイデア等をまとめたガイド“How libraries can support children's wellbeing: Resource pack”を2021年4月付けで公開しています。

本ガイドの“Introduction”によれば、公共図書館のサービスが児童とその家族の(コロナ禍からの)回復に貢献できると思われる分野に焦点を当てたガイドであり、サービスのアイデアのほか、ケーススタディーや政府の支援に関するもの等、関連資料へのリンクも収録しています。

また、本ガイドは、Libraries Connectedが英・高学年の子ども及び教育図書館員協会(ASCEL)、英国読書協会(Reading Agency)との連携により2020年10月に開催したウェビナー“Children, Wellbeing and Libraries”での議論から着想を得たものとあります。

韓国国立中央図書館(NLK)、VR技術を用いて30年後に実現するだろう図書館の姿を紹介する「未来の図書館特別展」を開催中

韓国国立中央図書館(NLK)が、2021年4月27日から5月31日まで、「未来の図書館特別展 The LIVE Library」を開催中です。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため予約制で行われます。

科学技術の進歩が作る未来の図書館空間とサービスをテーマに企画されたもので、仮想現実(VR)技術を活用した4つのゾーンでの体験を通じて、30年後に実現するだろう図書館の姿を紹介するものです。

最初のゾーン「知恵の風景コーナー」では、図書館のデジタル転換をモチーフに、未来の図書館の姿をメディアアートで表現した「知恵の風景(Wisdom Scenery)」の映像をプロジェクションマッピングの技術を用いて見ることができます。

2つ目のゾーン「VR未来の図書館」は、VRヘッドセットを装着して、未来の図書館空間を「旅行」するもので、図書館中央に位置する巨大なデータセンターや人と対話するロボットといった見慣れない未来の図書館の風景を眺めていると、人工知能(AI)司書が近づいてきて挨拶をし、仮想現実のなかのAI司書とコミュニケーションをとりつつ、ドローンで本を配送したり、ホログラムの本を閲覧できたりします。

鶴見大学図書館、館内に個室型ワークブースを設置

2021年4月23日、鶴見大学図書館が、館内に個室型ワークブースを設置したことを発表しました。

防音構造でインターネット環境が整っており、学会や研究会への出席、ウェブ会議、電話等で利用ができると述べています。

テレキューブを導入しました!(鶴見大学図書館ブログ, 2021/4/23)
http://blog.tsurumi-u.ac.jp/library/2021/04/post-5521.html

個室型ワークブース「テレキューブ」の利用開始について(鶴見大学図書館)
https://www.tsurumi-u.ac.jp/site/library-official/library-news20200423-1.html

E2371 - 図書館に関する意識:新型コロナウイルス感染症の影響

国立国会図書館(NDL)では,2014年および2019年に「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」を実施した(E1667,E2225参照)。公共図書館に関する意識や情報行動の変化を把握するために,数年に一度程度の頻度でこのような調査を行うことを想定していたが,2020年,新型コロナウイルス感染症の流行により人々の意識や行動に大きな変化が生じたことが推測されたため,2019年に続けて2020年12月11日から15日にかけて調査を実施した。

阿南市(徳島県)、市役所内に常設の図書館カウンターを開設:耐震基準を満たさず、密を避けられない阿南市立阿南図書館は書庫として利用

2021年4月14日、徳島県の阿南市が、市役所2階の市民交流ロビーに、常設の図書館カウンターを開設しました。カウンター開設後、耐震基準を満たさず、また、スペース的に3密回避が難しい阿南市立阿南図書館は、利用者の入館を中止し、書庫として資料の整理や保存を行うとしています。

図書館カウンターには、司書も常駐し、予約本の受け取りや返却、電子図書館のパスワード発行、読書案内(レファレンスサービス)が行われます。また、新聞・雑誌コーナー、展示本コーナー、閲覧スペースも設置されています。

阿南市立図書館
http://anan-lib.jp/
※2021年4月14日欄に「4月14日(水) 9:00~ 市役所2階 市民交流ロビー 図書館カウンター OPEN!」、2021年2月5日欄に「市役所2階 「図書館カウンター」の開設について」とあります。

saveMLAK、「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/04/11)」の結果を発表

2021年4月13日、saveMLAKが、「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/04/11)」の結果を発表しました。

同調査は、2021年3月9日にsaveMLAKが結果を公開した第16回調査に続く、第17回目の調査として、4月9日10時から4月11日24時にかけて実施されました。調査対象は、全国の公共図書館等1721館です。

発表によると、新型コロナウイルス感染症の影響で休館している図書館は11館であり、入館記録を取っているのは303館でした。また、「まん延防止等重点措置」の対象となる6都府県の49館の内、19館で同措置を踏まえた対応の実施を発表しています。その他、「各図書館の状況・取り組み」として、郵送サービスの実施、サービス再開、電子図書館導入を始めとした取り組みが紹介されています。

同調査のデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。また、調査の根拠となったウェブページの中で、可能なものはInternet ArchiveとArchive todayに保存され、調査時点のページを閲覧できます。

韓国国立子ども青少年図書館、人工知能(AI)・仮想現実(VR)・拡張現実(AR)を取り入れた体験型読書サービスの提供を開始

2021年4月1日、韓国国立子ども青少年図書館が、人工知能(AI)・仮想現実(VR)・拡張現実(AR)といった新技術を取り入れた新しい体験型読書サービスの提供を開始したと発表しています。第4次産業革命時代の子ども・青少年に、「読む」読書から「楽しむ」読書へと拡大された体験環境を提供することが目的です。

「こども資料室」等に備えられる「AI音声認識読書ロボット」では、子ども向けの童話・童謡・映像等約800種類の様々なコンテンツとAI・図書を融合させた面白い読書を提供します。

また、同館のメイカースペース「未夢所(未来の夢・希望創作所)」では、AI・VRといった技術を用いて読書活動を支援するとし、絵本を直接見て読んでくれる「AI読書ロボット」を備えて、文字を読めない子どもが読書を体験して興味を持ってくれるよう支援するとしています。

その他、韓国国立中央図書館(NLK)が製作した保護者を対象としたVR図書館や、コロナ禍で来館できない利用者が、図書館のウェブサイトを通じARを用いた読書体験ができるサービス等も提供されます。

米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)、舞台芸術家が作品を記録・公開するためのツールキットの貸出を開始

米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)の舞台芸術図書館(Library for Performing Arts)は、2021年3月24日付けのfacebookでの投稿において、舞台芸術家(Performing Artists)が作品を記録・公開するためのツールキット“Tech Kits for Performing Artists”の貸出開始を発表しています。

同ツールキットは、iPad Pro、キーボード付きのiPad用ケース、マウス、USBマイク、ワイヤレスヘッドフォン、USBハブ、スマートフォン用三脚付きLEDライト、ケーブル及び充電器、MIDIキーボードからなります。18歳以上でNYPLの利用者カードを持っていれば誰でも利用可能であり、貸出期間は1か月から3か月の間とあります。

発表では、同ツールキット貸出開始の背景として、新型コロナウイルス感染症の流行によって舞台芸術家の収入機会が大幅に減少したことや、パフォーマンスやオーディション、授業のオンライン化が進んだことにより在宅で利用できる技術リソースがますます重要となっていることを挙げています。

ページ