利用者教育

E827 - 「動くコンピュータ教室」,2008年「学習へのアクセス賞」獲得

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が授与している「学習へのアクセス賞」(E245E374E559E691参 照)に,2008年はメキシコ・ベラクルス州 教育省が進めるコンピュータ・インターネット教育プログラム“Programa Vasconcelos”が選ばれた。このプログラムはベルトラン(Fidel Herrera Beltran)州知事が2005年から5年計画で進めているもので,Vasconcelosとは,現代メキシコの教育の発展に寄与した哲学者,教育大臣 の名にちなんでいる。...

CA1668 - 研究文献レビュー:学習・教育基盤としての図書館 / 米澤誠

はじめに 本稿では、原則として2005年以降を対象とし、「学習・教育基盤としての図書館」に関するわが国の研究文献(実践報告などを含む)のレビューを行う。雑誌論文・記事のほかに、図書や報告書なども取り上げることとする(1)。 近年は「利用者教育」もしくは「情報リテラシー教育」という視点が、図書館のもつ学習・教育支援機能の中心とされていた感がある。…

東北大学附属図書館、 『東北大学生のための情報探索の基礎知識』を今年もオープンソースで刊行

東北大学附属図書館が2008年3月に刊行した 『東北大学生のための情報探索の基礎知識 基本編 2008』および『Guide to Academic Information Search for Students of Tohoku University. Natural Science 2008』(自然科学編英語版)を、同館のウェブサイトで公開しています。公開されているのはPDF形式のファイルですが、授業や講習会用として改変し、利用・再配布が可能なオープンソースのMicrosoft Word形式のファイルも、申し込みにより提供するとしています。

東北大学生のための情報探索の基礎知識シリーズ
http://www.library.tohoku.ac.jp/mylibrary/tutorial/2008/

参考:

米国の公共図書館で「デジタルテレビ周知週間」を実施

米国では2009年2月17日に、テレビのアナログ放送が停止します。米国図書館協会(ALA)はこれまでも、デジタルテレビへの移行に関するチラシを作り、利用者に対し周知するよう各公共図書館に呼びかけてきましたが、2007年12月1〜7日を公共図書館「デジタルテレビ周知週間」と位置付け、さらに…

CA1619 - 米国の公共図書館における成人リテラシー支援プログラムの現状と課題 / 瀬戸口誠

近年,情報通信技術の進展によって,公共図書館においても,地域住民の情報リテラシー習得支援が図書館サービスの重要な柱となると言われている(1)。米国の公共図書館では,その情報リテラシーの基礎となる英語の読み・書き・算の能力であるリテラシー(literacy)の習得支援が重要なサー…

CA1514 - 研究文献レビュー:利用者教育-「情報リテラシー」との関わりを中心に- / 野末俊比古

CA1514研究文献レビュー利用者教育−「情報リテラシー」との関わりを中心に−はじめに本稿では,2001年以降を対象とし,「利用者教育」に関するわが国(日本語)の研究文献(実践報告などを含む)のレビューを行う。雑誌論文・記事のほか,図書や報告書なども取りあげる(1)。利用者教育(use…

CA1445 - 米国における利用者教育の方向-大学・学校図書館の基準を中心に- / 野末俊比古

10月号(No.266)から,図書館をめぐる現代的なテーマについて,近年の動向を概観しつつ,注目すべき話題を掘り下げて紹介する記事を,“Trend Review”シリーズとして掲載しています。第3回の今回は「利用者教育」がテーマです。カレントアウェアネスNo.268 2001.12.20Trend Review (3)CA1445米国における…

10月号(No.266)から,図書館をめぐる現代的なテーマについて,近年の動向を概観しつつ,注目すべき話題を掘り下げて紹介する記事を,“Trend Review”シリーズとして掲載しています。第3回の今回は「利用者教育」がテーマです。

CA1352 - WWWによる利用者教育 / 廣田慈子

インターネット等ネットワーク基盤の普及は,図書館サービスにも多大な影響を与えている。特に図書館資料としてネットワーク情報源が利用される現在,ネットワークを中心とする情報技術(IT)に関する利用者教育,およびそうした技術を用いた利用者教育の必要性も問われている。特に,WWW(Wo…

CA1277 - データベースの検索エラー / 石氏将之

近年,図書館における検索ツールは,従来の冊子体やカードによる検索からオンライン閲覧目録(Online Public Access Catalog: OPAC)やデータベースによる機械検索へと移行しつつある。OPACはその名の通り,利用者が介助なしに検索できる書誌・目録検索システムである。図書館としては当然のことな…

CA1224 - ニューヨーク公共図書館での新しい利用者教育 / 土屋慎一

米国のニューヨーク公共図書館(New York Public Library: NYPL)は研究図書館部門と分館部門とで構成されているが,その研究図書館部門の4番目の図書館として,科学・産業・ビジネスを専門とする公共情報センター(Science, Industry and Business Library: SIBL)が,1996年5月2日にオープンした。この方面の公…

ページ