利用者教育

【イベント】日比谷図書文化館等、世界の図書館シリーズ第4回「図書館での教育活動とは何か?―これからの公共図書館の課題、マンハイム市立図書館の実例に即して―」を開催(6/18・東京)

2015年6月18日、千代田区立千代田図書館、日比谷図書文化館、ドイツ文化センターは、「世界の図書館シリーズ第4回<ドイツ>」として、「図書館での教育活動とは何か? これからの公共図書館の課題、マンハイム市立図書館の実例に即して」の講演会を実施します。ドイツのマンハイム市立図書館長のベルント・シュミット-ルーエ氏による講演とのことです。

マンハイム市立図書館は、特に市民教育活動、多言語対応、読書支援などに力を入れ、学校と密接に協力して活動していて、かつ子どもや若者向けの向けの多文化プログラムを年間通して実行しているとのことで、同館館長がその取組みと将来の展望を語り、参加者とともに図書館での教育活動について意見交換をする、という内容になるようです。

マンハイム市立図書館長講演会「図書館での教育活動とは何か?」(千代田区立千代田図書館)
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20150512-16331/
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/files/event/germany_library_leaflet.pdf
※2つ目のリンクはイベントに関するパンフレットです。

催し物カレンダー(東京ドイツ文化センター)

「ねこあつめ」に学ぶ(記事紹介)

2015年6月15日付の大学・研究図書館協会(ACRL)のブログで、日本のスマートフォン向けゲームアプリ「ねこあつめ」が一部の米国の図書館員らで流行していることと、その経験から図書館員らが様々な知見を得ている様子が紹介されています。ブログ記事の著者はニューヨーク市立大学クイーンズ校の図書館員であるKelly Blanchat氏です。

「ねこあつめ」はプレイヤーが自身の「家の庭先」に遊びに来たねこを眺める、というコンセプトのゲームです。日本語版のインタフェースしかありませんが、Kelly氏は言語の障壁があるにも関わらず容易に操作を理解でき、楽しめることに着目し、データベースや図書館の情報資源を利用する際に、学生が同じように感じられるようにできないかと考えるようになったとのことです。ブログ記事の中では「ねこあつめ」と図書館のデータベースやチュートリアルが複数の観点から対比されています。

Collecting Cats: Library Lessons from Neko Atsume(ACRLog、2015/6/15付け)
http://acrlog.org/2015/06/15/collecting-cats-library-lessons-from-neko-atsume/

Nekoatume (Phone Cats) and Librarians

九州大学附属図書館が新入生向けスマートフォンアプリ「図書館をめぐる冒険」を公開

九州大学附属図書館が新入生向けのスマートフォンアプリ、「図書館をめぐる冒険~館内に散らばる謎を解け!~」を公開しています。

このアプリは九州大学伊都図書館を舞台に、10種類のアイテム等を集めるゲームアプリです。クリアのためには図書館内を探し回ったり、図書館ウェブサイトや機関リポジトリ等も使わなければいけないほか、スタッフからヒントを聞き出すこともできるとのことです。ゲームクリア者には期間限定で記念品も贈呈されます。

なお、アプリをダウンロードするためには九州大学のe-Learningシステムにログインできる必要があります。

【新入生向け】スマートフォンアプリ「図書館をめぐる冒険」に挑戦!(九州大学附属図書館、2015/4/17付け)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/1658

E1636 - 第62回日本図書館情報学会研究大会シンポジウム<報告>

 2014年11月30日,梅花女子大学において,第62回日本図書館情報学会研究大会シンポジウムが,「学びの空間デザインとファシリテーション~図書館を活用した学習支援を考える~」とのテーマで開催された。このシンポジウムはテーマにあわせて,参加者も巻き込むアクティブで実験的な形式で行われ,参加者には『はい』を意味するピンクと『いいえ』を意味する水色の紙,『WoW!』や『Nice!』等といったコメントが書かれたメッセージカードが各1枚ずつ配布された。参加者は,それらを利用してシンポジウムの内容に対する積極的な意思表示を求められた。

 シンポジウムの冒頭では,Pharrell Williamsの楽曲“Happy”にあわせて,同志社大学のラーニング・コモンズ(LC)での学生によるダンス映像が流れ,パネリストである同志社女子大学の上田信行氏,玉川大学の河西由美子氏,三重大学の長澤多代氏,及びコーディネータである日本大学の小山憲司氏がリズムにのりながら登場した。...

常磐大学の情報メディアセンター、ゲーム形式の図書館利用ガイダンス「Libradry」を開発中

常磐大学の情報メディアセンターが、ゲーム形式の図書館利用ガイダンス「Libradry」を開発中で、2014年9月11日に試行したとのことです。このプログラムは、人間科学部の寺島哲平氏と石田喜美氏を中心とした研究チームで開発を行っている教育プログラムだそうです。

ゲーム形式の図書館利用ガイダンス「Libardry」を開発中です(常磐大学, 2014/9/17付け)
http://www.tokiwa.ac.jp/news/2014/0917/index.html

大学・研究図書館協会(ACRL)、『高等教育のための情報リテラシー能力基準』を改訂中、ドラフトが公開され、意見募集中(米国)

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)は、『高等教育のための情報リテラシー能力基準(Information literacy competency standards for higher education)』の改訂を行っており、2014年4月4日に、最初のドラフトのPart2である“Competecy Standards Revision Task Force Interim Report”が公開され、4月15日まで意見募集を行っています。Part1は、2014年2月20日に公開されています。

ACRLの『高等教育のための情報リテラシー能力基準』は2000年に策定されたもので、2012年6月にACRLの理事会により改訂が決定され、2013年3月から、検討のためのワーキンググループの活動が開始されています。

Framework for Information Literacy for Higher Education Draft 1, Part 2.(ACRL, 2014/4/4付)
http://acrl.ala.org/ilstandards/wp-content/uploads/2014/04/Framework-for-IL-for-HE-Draft-1-Part-2.pdf

教材向きのオンライン動画を管理するツールは?(記事紹介)

2013年12月9日付けのThe Digital Shift(from School Library Journal)で、教材向きのオンライン動画を組織化しておくのに役立つツールを紹介しています。YouTubeやVimeoなどの動画共有サイトにより動画を見つけるのは課題ではなくなっており、生徒に最適なものを記録しておくのが課題だとして、OpenEd、Teachem、Huzzazの3つを紹介しています。OpenEdとHuzzazについては、動画による利用方法の紹介も掲載されています。

米MakerBot社、学校への3Dプリンターの導入を支援するクラウドファンディング活動を開始

3Dプリンタ大手である米国のMakerBot社が、クラウドファンディングのDonorsChoose.org、America Makes等と共同で、米国の学校への3Dプリンターの導入を支援するクラウドファンディング活動を開始しています。個人・企業に資金提供を呼びかけるとともに、3Dプリンターの導入を希望する教師に、サイトに企画を登録するよう案内しています。

この活動の端緒として、MakerBot社のCEOであるBre Pettis氏が個人的に、同社の本拠地であるブルックリンの公立高校に3Dプリンタ等の一式(MakerBot Academy Bundle)を提供するとのことです。

MakerBot and Partners Are Leading the Charge to Crowd Source A MakerBot Desktop 3D Printer in Every School in America(MakerBot, 2013/11/12付け)
http://makerbot-blog.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2013/11/Rls_MakerBot-Academy_Nov2013_FF.pdf

CA1756 - 大学図書館とライティング教育支援 / 赤井規晃

 近年、わが国の大学図書館では学部学生に対するライティング教育支援の取り組みが盛んである。講習会(1)やライティング指導に特化した対面サービスの導入(2)といった形で実施されているほか、ライティング教育に関するセミナーやワークショップが開催されており(3)、大学図書館というコミュニティ内での関心の高さがうかがえる。...

米国・ワシントン州立大学図書館の怪談付き図書館ツアー

2011年10月25日付けのワシントン州立大学のニュースで、同大学図書館の図書館ツアーが紹介されています。記事によると、ワシントン州立大学図書館の職員Lara Cummings氏が行なっている図書館ツアーでは、図書館内部の案内等の他に、例えば1921年にOld College Hallのグラウンドで幽霊が目撃された話や、乳がんで亡くなった図書館員が死後も学生の質問への回答を書き続けていた話など、図書館内部やその近くで起こった不思議な出来事についても紹介しているようです。ツアーはもともとは新入生向けに行なわれていたものですが、現在では一般にも公開されているようです。

'Boo!' It's haunted tour time: Patrons learn to navigate daunting WSU library (Washington State University 2011/10/25付けの記事)
http://wsunews.wsu.edu/pages/publications.asp?Action=Detail&PublicationID=28356&TypeID=1

WSU Librarian Gives Haunted Tours To Show Students Around Library (KLEWTV 2011/10/28付けの記事)

ページ