Linked Data

EBSCO社が、Zepheira社が実施するウェブ上での図書館の認知度向上を目指すプロジェクト“The Libhub Initiative”への出資を発表

EBSCO社でブックガイド・ブックリストなどを集約したデータベース“NoveList”を開発する事業部門が、Zepheira社が実施している図書館のウェブ上での認知度の向上をはかるプロジェクト“The Libhub Initiative”に出資すると発表しています。

“NoveList”の共同創立者で、技術担当の専務、Roger Rohweder氏は、“The Libhub Initiative”に出資し、Zepheira社を支援することは、図書館のコレクションをウェブ上で公開する本質的要素であるBIBFRAMEとLinked Dataへの支援を前進させることだと述べています。

Zepheira社の社長、ミラー(Eric Miller)氏は、ベンダーによる“The Libhub Initiative”への支援は、イニシアチブと図書館にとって極めて重要であると述べています。

EBSCO社の取締役副社長であるStratton Lloyd氏は、オンラインの「会話」を変化させるため、EBSCO社は、BIBFRAMEとLinked Dataを活用し始めたいと述べています。

「Linked Open Data チャレンジ Japan 2015」10月1日から応募開始

今年で5回目の開催となる「LOD(Linked Open Data) チャレンジ」について、「Linked Open Data チャレンジ Japan 2015」の応募が2015年10日1日から開始されます。また、キックオフイベントとして、「参加型オープンデータで日本を元気にするシンポジウム」が2015年9月26日に慶應義塾大学三田キャンパスで開催されました。

前回に引き続き、データセット部門、アイデア部門、アプリケーション部門、基盤技術部門、ビジュアライゼーション部門の5部門が設けられ、応募期限は2016年1月17日までで、受賞作品の表彰は2016年3月19日に発表されるとのことです。

Linked Open Data チャレンジ Japan 2015
http://lodc.jp/2015/concrete5/

参加型オープンデータで日本を元気にするシンポジウム~Linked Open Data チャレンジ 2015 キックオフ~
http://peatix.com/event/113007

「Linked Open DataチャレンジJapan 2015」、開催決定(Linked Open Dataチャレンジ2015実行委員会, 2015/7/27付け)
http://newsrelease.blog.jp/news/o87.html

NDL書誌情報ニュースレター2015年3号が刊行:ししょまろはんのLinked Open Dataに関する取組みや、本号から連載を開始した「世界のRDAの取組みのいま」の記事等を掲載

国立国会図書館(NDL)が、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2015年3号(通号34号)を掲載しました。

京都の図書館司書の自己学習グループ「ししょまろはん」による、Linked Open Dataに関する取組み(「Web NDL Authorities」の利活用事例紹介)や、7月24日にNDL関西館で、8月21日にNDL東京本館で開催された「全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会」の報告記事などを掲載しているほか、本号から「世界のRDAの取組みのいま」の連載を開始しています。

なお、本号に掲載されている「世界のRDAの取組みのいま」は、シンガポールとイスラエルについての記事となっています。

NDL書誌情報ニュースレター2015年3号(通号34号)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2015_3/index.html

ししょまろはんのLOD(Linked Open Data)に関する取組み―Web NDL Authoritiesの利活用事例紹介
(NDL書誌情報ニュースレター2015年3号(通号34号))
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2015_2/article_01.html

Zepheria社、同社が実施する“Libhub Initiative Experimenter Program” に、米国の公共図書館4館が参加したことを発表

2015年9月10日付のZepheira社のブログで、同社が実施する““Libhub Initiative Experimenter Program” に、米国ニューヨーク州のモーホーク・バレー図書館、 the サザン・アディロンダック図書館、ウエストチェスター図書館、アイオワ州のシーダーラピッズ公共図書館が参加したことを発表しました。

Zepheria社の担当者によるLinked DataとBIBFRAMEに関するオンライン講座や10万件のMARCレコードのデータ分析などといった教育、研修を通じて、それぞれの機関のMARCデータを評価し、それぞれに応じ、Linked Dataをウェブに公開するに当たっての試験的なプログラムを開発し、参加機関にLinked Dataに関する認識を確立させるものであるとのことです。

なお、このプログラムは、10月16日までであれば参加が可能で、プログラム自体は2016年6月30日まで行われる予定であるようです。

Zepheira Signs Four New Public Libraries in Experimenter Program(Zepheria, 2015/9/10付け)

OCLC、図書館におけるLinked Dataの影響を探る試行プロジェクトを米国議会図書館(LC)など7つの図書館とともに開始

2015年9月11日、OCLCは米国の図書館などを中心とする7つの図書館とともに、Linked Dataが今後図書館のワークフローにどのような影響を与えるか、ということを探る試行プロジェクトを開始することを発表しました。

プロジェクトにおいて、参加館は、著者や監督、ミュージシャン等の1億900万件の略歴を含むデータのほか、試行版の“Person Entity Lookup”というサービスにおいて、VIAFやISNI、LCNAFといった識別子のデータを用いることで、WorldCatの識別子や同一人物の他の識別子が返されるとのことで、人物識別子と典拠をリンクさせ、重複するデータを削減するのに役立つとのことです。

参加する7つの図書館(機関)は、コーネル大学、ハーバード大学、米国議会図書館(LC)、米国国立医学図書館(NLM)、ポーランド国立図書館、スタンフォード大学、カリフォルニア大学デイビス校で、9月から数か月間にわたって実施される予定のようです。

OCLC to launch linked data pilot with seven leading libraries(OCLC, 2015/9/11)
http://www.oclc.org/en-US/news/releases/2015/201526dublin.html

参考:

国立国会図書館と日本図書館協会による日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る共同研究の中間報告版を試験公開(9/5-13)

国立国会図書館と日本図書館協会による日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る共同研究の中間報告版として、ユーザーからのフィードバックを得ることを目的として、期間(2015年9月5日から13日)、範囲(NDC新訂9版第1次~第3区分表、0~4および9類細目表)、利用条件を限定してSPARQLエンドポイントを提供しています。

エンドポイントはブラウザなどで対話的にSPARQL 1.1クエリによる照会ができるほか、query、formatを指定してRESTによる問い合わせも可能です。

日本図書館協会分類委員会お知らせ(日本図書館協会,2015/9/7)
http://www.jla.or.jp/committees/bunrui/tabid/187/Default.aspx
※「共同研究による「NDC-LD中間報告版」を試験公開(2015年9月5日~13日)しました。(9/7)」とあります。

日本十進分類法のLinked Data形式化に係る国立国会図書館との共同研究について(日本図書館協会,2015/6/18)
http://www.jla.or.jp/committees/bunrui/tabid/578/Default.aspx

NDC-LD中間報告版

福井県、「福井県オープンデータライブラリ」のデータを活用したアプリケーション、オープンデータの推進につながるアイデアについての「オープンデータコンテスト」開催を発表 応募受付中

2015年7月27日、福井県は同県が所有する、同県及び県下の市町などの各種オープンデータを収録した「福井県オープンデータライブラリ」を活用した、アプリおよびオープンデータの推進につながるアイデアのコンテスト・「オープンデータコンテスト」を開催することを発表しました。

募集は、(1)アプリ部門と(2)アイデア部門があり、(1)は「食・観光」(=県内の食・観光の魅力を発信し、誘客につなげるもの)「統計」「フリー」(=その他)の3テーマについて、(2)は、使用するデータ(実際に公開されていないものでも、行政の保有するデータであれば可能)とそのデータの活用案を募集するものです。

応募資格に制限はなく、9月7日まで応募可能で、(1)は最優秀賞(賞金:10万円)、優秀賞(賞金:5万円)がそれぞれ1点ずつ、(2)は最優秀賞(賞金:3万円)が1点、優秀賞(賞金:1万円)が2点選ばれるとのことです。

オープンデータコンテストを開催します!(福井県, 2015/7/27)
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/toukei-jouhou/opendata/opendatacontest.html

福井県オープンデータライブラリ 公開データ一覧

W3Cのワーキンググループ、“Linked Data Platform Paging 1.0”を公開

2015年6月30日、W3Cのワーキンググループである、 Linked Data Platform (LDP) Working Groupが“Linked Data Platform Paging 1.0”を公開しました。

このドキュメントでは、クライアントとサーバのためのHTTP基盤のプロトコルが述べられており、それは、個別のURLアドレス指定ページのリソースへの応答を分割することにより、多数のLinked Dataプラットホームのリソースの表現を効率的に検索することができるもののようです。

Linked Data Platform Paging 1.0 Note Published(W3C,2015/6/30)
http://www.w3.org/blog/news/archives/4787?pk_campaign=feed&pk_kwd=linked-data-platform-paging-1-0-note-published

Linked Data Platform Paging 1.0(W3C)
http://www.w3.org/TR/2015/NOTE-ldp-paging-20150630/

参考:
“Linked Data Platform 1.0”がW3C勧告に
Posted 2015年2月27日

NDL書誌情報ニュースレター2015年2号が刊行:欧米国立図書館および当館のLinked Open Dataの取組みや、当館の典拠データ拡充のこれまでの取組みについての記事等を掲載

国立国会図書館が、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2015年2号(通号33号)を掲載しました。欧米国立図書館および当館のLinked Open Dataの取組みや、当館の典拠データ拡充のこれまでの取組みについての記事等を掲載しています。

NDL書誌情報ニュースレター2015年2号(通号33号)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2015_2/index.html

Linked Open Data―欧米国立図書館の動向と国立国会図書館の取組み
(NDL書誌情報ニュースレター2015年2号(通号33号))
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2015_2/article_01.html

典拠データの拡充を進めています―新展開2013に基づく取組みから
(NDL書誌情報ニュースレター2015年2号(通号33号))
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2015_2/article_02.html

参考:
E1618 - 図書館におけるLinked Data:実現させよう!<報告>
カレントアウェアネス-E No.268 2014.10.09

米国国立医学図書館(NLM)、MeSH RDFのベータ版の第2版を公開

米国国立医学図書館は、2015年6月18日頃に、MeSH RDFのベータ版の第2版を公開したと発表しています。

この第2版の公開では、いくつかの利用者の要望や製品の改良の処理のために加えて、MeSH RDFの内容を2015年版のMeSHにアップデート、多言語対応の概念の証明を含む計画がされているとのことです。

この第2版は関心がある関係者に開かれており、NLMはこの版を使ってもらい、コメント等のフィードバックを求めているようです。

このプロジェクトには

・正式のMeSH RDFを提供し、メンテナンスと保存を保証する
・NLMのリンクトデータを公開するためのインフラの構築
・人々と組織が如何にMeSHを使っているかについての知識を増やす

という目的があるようです。

NLM Releases Beta Phase of MeSH RDF(NLM,2015/6/19)
http://www.nlm.nih.gov/news/mesh_rdf_beta_2015.html

MeSH RDF 2015 (beta) Release Notes(NLM)
http://hhs.github.io/meshrdf/release-notes.html

参考:

ページ