Linked Data

日本図書館協会、「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る国立国会図書館との共同研究」の成果について、NDC-LDの提供等の検討のため、専門委員3名を委嘱

2016年3月1日、日本図書館協会分類委員会は、「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る国立国会図書館との共同研究」について、その成果に基づいたNDC-LDの提供等の検討をおこなうため、専門委員3名を委嘱したことを発表しました。

委嘱された専門委員は次の3名です。

国立情報学研究所・大向一輝氏
筑波大学図書館情報メディア系・杉本重雄氏
筑波大学図書館情報メディア系・永森光晴氏

専門委員は、NDC-LDの技術的な調査・検討、提供に向けた調査・検討、その他NDCの電子的利用に関する調査・検討を、分類委員会と連携しながら行います。任期は2016年2月から2017年3月です。

分類委員会からのお知らせ(日本図書館協会, 2016/3/1)
http://www.jla.or.jp/committees/bunrui//tabid/602/Default.aspx

参考:
国立国会図書館と日本図書館協会による日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る共同研究の中間報告版を試験公開(9/5-13)
Posted 2015年9月7日
http://current.ndl.go.jp/node/29382

国立国会図書館、日本図書館協会と共同で日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る研究を実施

LODチャレンジJapan2015の受賞作品が発表:3月にシンポジウム・作品発表会を開催

2015年2月19日付で、LODチャレンジ実行委員会がLODチャレンジJapan2015の受賞作品を発表しました。5つの部門賞(アプリケーション部門、データセット部門、アイディア部門、ビジュアライゼーション部門、基盤技術部門)に加えて、審査員特別賞、プラチナスポンサー賞、ゴールドスポンサー賞、パートナー賞の受賞作品が発表されました。

5部門の最優秀賞の受賞作は、次のとおりです
●アプリケーション部門:NHK番組LODなどを活用した、NHK大河ドラマの配役に関するアプリ「大河配役」
●データセット部門:放置自転車の台数、場所、時間、要因などの情報を含んだ時系列LOD「放置自転車LOD」
●アイディア部門:「国会会議録検索システム」を活用した「国会ポーカー」
●ビジュアライゼーション部門:候補者の政策と地域の課題を地図上で一目で見られる地図にした「海老名市政策マッピング」
●基盤技術部門:データベースに格納されているLODをRDFを用いた表現に変換するツールD2RQの設定ファイルを編集できる「D2RQ Mapper」

また、インディゴ株式会社のGeoNames.jp賞を受賞した「新編武蔵風土記稿・村名データ」では「国立国会図書館デジタルコレクション」が活用されています。

ラテン語・ギリシア語の古典作品のテキスト(オンライン版)へのリンクを提供するデータベース“the Classical Works Knowledge Base” メタデータもLODとして公開

2016年2月1日、コーネル大学図書館は、ラテン語やギリシャ語の古典の著者名で検索すると、彼らの著作のテキスト(オンライン版)へのリンクを提供するデータベース“the Classical Works Knowledge Base (CWKB)”の提供を開始したと発表しています。

CWKBには、1,500名の古典の著者と、5,200点の著作についてのメタデータが含まれており、古典に関する知識が余りない利用者が、デジタルテキストに容易に繋がるように作られているとのことです。

リンク先には、ギリシア語・ラテン語の原典のほか、英訳のテキストも用意されているとのことです。

また、メタデータも、CC BY-NC 4.0のラインセンスのもと、Linked open data(LOD)として公開されているとのことです。

Database of classical works now freely searchable(Cornell Chronicle,2016/2/1)
http://www.news.cornell.edu/stories/2016/02/database-classical-works-now-freely-searchable

Classical Works Knowledge Base
http://cwkb.org/

Ex Libris、各国の大学等と連携して、Linked Data技術に関するプログラムを構築

2016年1月7日、Ex Librisは、顧客である各国の大学・図書館等と連携して、資源管理やディスカバリーサービスにおいてLinked Data技術を役立てるためのプログラムを構築したと発表しています。

このプログラムには、米国のボストン大学とオクラホマ大学、カナダのマニトバ大学、英国のボードリアン大学、オーストリア図書館ネットワーク、オランダのアムステルダム大学図書館、スウェーデンのカロリンスカ研究所、オーストラリアのクインズランド州立図書館とニューサウスウェルズ図書館が参加しているとのことです。

Ex Librisの製品であるAlmaやPrimoにおける将来のLinked Date対応のため、顧客である大学・図書館等はこのプログラムに参加しているようです。

Ex Libris Launches a Linked Data Collaboration Program(Ex libris,2016/1/7)

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校、特別コレクションのLinked open data化のためアンドリューW.メロン財団から助成金を獲得

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校は、アンドリューW.メロン財団から助成金を得て、デジタル化した図書館の特別コレクションのLinked open data化の利便性調査を実施するとのことです。

プロジェクトでは実験台として、大学図書館の貴重書・手稿類から選ばれた“Motley Collection of Costume and Theatre Design”,“the Portraits of Actors, 1720-1920 Collection”,“Kolb-Proust Archive for Research”の3つのデジタル化された特別コレクションを利用するとのことです。

プロジェクトは同大学のCenter for Informatics Research in Science and Scholarshipにおいて、学生や職員の参加を得て、2017年6月まで実施されるとのことです。

Mellon Foundation Research Grant(University of Illinois at Urbana-Champaign,2015/12/1)
http://www.library.illinois.edu/news/featured/mellon-cole.html

米国国立医学図書館(NLM)、MeSH RDFベータ版を2016年版に更新

2015年11月20日、米国国立医学図書館(NLM)は同館が提供するMeSH(Medical Subject Headings)RDF(Resource Description Framework)ベータ版を更新したことを発表しました。

今回の更新ではMeSHの語彙を2016年版のMeSHにアップデートするとともに、削除されたURIへの対応等を組みこんだとのことです。

また、NLMによるリリースでは、MeSH RDFについて疑問や要望がある場合には、GitHubに参加するか、Twitterでハッシュタグ「#NLMLD」をつけてつぶやくよう呼びかけています。
NLM Releases 2016 MeSH RDF Beta(NLM Technical Bulletin、2015/11/20付け)
https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/nd15/brief/nd15_mesh_rdf_2016.html

参考:
米国国立医学図書館(NLM)、MeSH RDFのベータ版の第2版を公開
Posted 2015年6月22日
http://current.ndl.go.jp/node/28720

米国国立医学図書館(NLM)が、Zepheira社と契約し、医学件名標目表(MeSH)をLinkded Dataで提供へ

米国議会図書館(LC)、”BIBFRAME 2.0 Draft Specifications”を公開

2015年10月29日、米国議会図書館(LC)が、BIBFRAMEの仕様草案である”BIBFRAME 2.0 Draft Specifications”を公開しました。

BIBFRAMEは、LCによって検討が進められている新しい書誌データモデルです。今回公開された仕様草案は、次の7つです。

Titles
Agents and Roles
Items
Events
Identifiers and Notes
Administrative Metadata
Categories

これらのうち、”Events”は、録音・映像資料をBIBFRAMEで記述するためのモデルを分析した2014年5月のAV Preserveの報告書”BIBFRAME AV Modeling Study: Defining a Flexible Model for Description of Audiovisual Resources”に示された要件に対応するものとのことです。

BIBFRAME Model & Vocabulary(LC)
http://www.loc.gov/bibframe/docs/index.html

BIBFRAME Titles(PDF: 123KB)

【イベント】東アジア地域における書誌コントロールの動向に関する国際フォーラム(1/9・大阪)

2016年1月9日、日本図書館研究会情報組織化研究グループ/書誌コントロール研究会主催により、大阪学院大学において、「東アジア地域における書誌コントロールの動向に関する国際フォーラム」が開催されます。

中国・韓国・日本の各国におけるRDA、BIBFRAME、LODを中心とする書誌コントロールの状況や、それらの目録法・目録規則への応用・影響などについて、ご発表いただくとのことです。

参加費は無料ですが、参加申込が必要とのことです。

2016年1月拡大月例研究会
東アジア地域における書誌コントロールの動向に関する国際フォーラム(日本図書館研究会情報組織化研究グループ)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201601

参考:
米国議会図書館(LC)、BIBFRAMEの語彙変更案3件を公開
Posted 2015年8月25日
http://current.ndl.go.jp/node/29250

NDL書誌情報ニュースレター2015年3号が刊行:ししょまろはんのLinked Open Dataに関する取組みや、本号から連載を開始した「世界のRDAの取組みのいま」の記事等を掲載
Posted 2015年9月25日
http://current.ndl.go.jp/node/29499

Zepheira社、オープンソースのLinked Dataの編集ツールキットを更新

2015年10月16日、Zepheira社は、図書館のウェブ上での認知度の向上をはかるプロジェクトLibhub Initiativeや、カリフォルニア大学デービス校図書館との学術図書館でBIBFRAMEを適用する際にテクニカルサービスの業務フロー全体に及ぼす影響を調査する“BIBFLOW”プロジェクトからのフィードバックにより、オープンソースのLinked Dataの変換・編集ツールを更新したと発表しています。

Zepheira Upgrades Open Source Linked Data Editing Toolkit and Training Software(Zepheira,2015/10/16)
http://zepheira.com/news/zepheira-upgrades-open-source-linked-data-editing-toolkit-and-training-software/

zepheira/bibframe-scribe
https://github.com/zepheira/bibframe-scribe

参考:
CA1837 - ウェブで広がる図書館のメタデータを目指して―RDAとBIBFRAME / 柴田洋子
カレントアウェアネス No.322 2014年12月20日

E1721 - Code4Lib JAPANカンファレンス2015,東京にて開催<報告>

 2015年9月5日から6日にかけて,リクルート本社アカデミーホールにてCode4Lib JAPANカンファレンス2015が開催された。同カンファレンスは,「図書館と技術,Web,ITをむすぶ,図書館員や技術者,その他すべての関係者が集い,アイデアやツールを紹介しあい,先進的な試みを共有し,関係者が出会い,つながるイベント」である(E1486参照)。3度目の開催となる今回は91名が参加し,基調講演1件,通常発表10件,ライトニングトーク21件が行われた。本稿では,今回初めて参加し,発表を行った筆者の視点から,当日の様子および印象に残ったことを中心に報告したい。

ページ