地域資料

【イベント】地方史研究協議会シンポジウム 「非常時の記録保存と記憶化を考える―コロナ禍の〈いま〉、地域社会をどう伝えるか―」(9/18・オンライン)

2021年9月18日、地方史研究協議会シンポジウム 「非常時の記録保存と記憶化を考える―コロナ禍の〈いま〉、地域社会をどう伝えるか―」がオンラインで開催されます。

同シンポジウムは、世界的規模で新型コロナウイルスに関する記録の保存の声が高まる中、日本の地域博物館・図書館等においても、感染拡大後早い段階から資料の収集に着手した事例もあり、すでに、各地域において独自にコロナ禍の地域資料を継承しようとする活動が始まっていることから、会の発足以来、地域資料保存運動に取り組んできた同会においても、コロナ禍の地域資料保存が喫緊の検討課題だと認識し、企画されたものです。

従来の研究・実践に学びながら、コロナ禍の地域資料継承のあり方を見据えて非常時の記録保存/記憶化をめぐる諸問題を議論したい、としています。

参加費は無料ですが、事前の申込が必要です。内容は以下の通りです。

【報告】
・「福島県双葉町における震災資料の保全について」
吉野高光氏(前福島県双葉町教育委員会)

・「地域に残された戦後社会事業史関係資料の価値」
西村健氏(横浜開港資料館)

・「新型コロナウイルス感染症に関する資料収集について」
小畑茂雄氏(山梨県立博物館)

北海道立図書館、「北海道人物文献目録」に人物情報を追加:オンラインで検索可能

2021年6月11日、北海道立図書館北方資料室は、「北海道人物文献目録」に人物情報を追加したことを発表しました。

今回の追加分は「人物掲載情報 1,056名 出典資料 8冊」であり、「北海道人物文献目録」「北海道立図書館所蔵北海道人名総合目録」の情報を収録したウェブページ「北海道の人物を調べる(人物文献検索)」からの検索が可能です。

「北海道人物文献目録」に人物情報を追加しました。(北海道立図書館, 2021/6/11)
https://www.library.pref.hokkaido.jp/web/hoppo/news/vmlvna0000007v7p.html

米国デジタル公共図書館(DPLA)、サービスハブ“Orbis Cascade Alliance”からのコンテンツの提供を開始

2021年6月10日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、サービスハブである“Orbis Cascade Alliance”からの5万点を超すコンテンツの提供を開始したと発表しています。“Orbis Cascade Alliance”は、太平洋北西岸の37の大学図書館によるコンソーシアムです。

今回提供が開始されたコンテンツは、オレゴン州・ワシントン州・アイダホ州の機関からのものであり、日系アメリカ人の強制収容所内の様子を撮影した写真のコレクション「ジョージ&フランク・ヒラハラコレクション」(ワシントン州立大学)・「クースキア強制収容所スクラップブック」(アイダホ大学)、ワシントン州・アイダホ州に居住するインディアンであるネズ・パース族を撮影した写真のコレクション(ワシントン州立大学)、リード大学アーカイブズにある1960年代・1970年代の学生の抗議活動の写真(リード大学)、女性の季節労働としての梨の梱包作業の様子を撮影した写真(南オレゴン大学)が含まれています。

伊東市立伊東図書館(静岡県)、同市在住のキートン山田氏から著書および「ちびまる子ちゃん」の台本の寄贈を受ける:企画展示を開催中

静岡県の伊東市立伊東図書館が、2021年6月1日から7月29日まで、企画展示は、「ちびまる子ちゃん特集」を行っています。

同館が、2021年3月に引退した同市在住のキートン山田氏から、「ちびまる子ちゃん」の台本5冊と著書の寄贈を受けたことから行われているもので、関連本をふくめて42冊が展示されています。台本は館内閲覧のみです。

地元紙の報道では、台本にはさまざまな書き込みがあると紹介されています。

企画展示「ちびまる子ちゃん特集」(伊東市立伊東図書館)
https://www.ito.library-town.com/cgi/event/topics.cgi#25

ちびまる子ちゃん台本紹介 伊東市立図書館がコーナー 市在住キートン山田さん寄贈(静岡新聞,2021/6/3)
https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/910026.html

京都市伏見区、「未来へ紡ぐ深草の記憶」デジタルアーカイブのため、古写真等を募集中

2021年6月4日、京都市伏見区が、「未来へ紡ぐ深草の記憶」デジタルアーカイブのため、古写真等を募集すると、同区のウェブサイトで発表しました。

発表によると、地域の文化・歴史団体,龍谷大学等で構成する「深草地域の文化『保存・継承・創造』プロジェクト実行委員会」により、深草地域の「暮らしと文化」にまつわる古写真等を収集・デジタル化し、住民の共有財産として次世代に引き継ぐプロジェクトが実施されています。

デジタル化した古写真等は、特設ウェブサイトやシンポジウム等での発表を行う予定とあります。

「未来へ紡ぐ深草の記憶」デジタルアーカイブ 古写真等の募集について(京都市伏見区, 2021/6/4)
https://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/page/0000284979.html

米・スタンフォード大学図書館、東アジアの印刷・通信技術等に関するコレクションを受け入れ

2021年5月26日、米国のスタンフォード大学図書館が、東アジアの印刷・通信技術等に関するコレクション“The Thomas S. Mullaney East Asian Information Technology History Collection”を受け入れたと発表しました。

寄贈されたのは、同大学の歴史学教授Thomas S. Mullaney氏が収集したコレクションです。中国を中心とした東アジアの、20世紀初頭から現在に至るまでのタイプライター、謄写版、ワープロ、コンピュータ等に関する機器や紙媒体の資料2,000点以上と、目録・高解像度のスキャン画像が含まれています。

発表の中では、今後、日本・韓国のコレクションの拡大・構築のため選択的に投資を行う予定であると述べられています。

Stanford Libraries receives a remarkable East Asian information technology collection(Stanford Libraries , 2021/5/26)
https://library.stanford.edu/node/172367

米国デジタル公共図書館(DPLA)、太平洋岸北西部(ワシントン州・オレゴン州)のサービス・ハブからのコンテンツの提供を開始

2021年5月25日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、新たなサービス・ハブ(複数機関のデータを集約する連携先)である“Northwest Digital Heritage”からのコンテンツの提供を開始したと発表しています。

“Northwest Digital Heritage”は、太平洋岸北西部の図書館や文化遺産機関にサービスを提供するための、ワシントン州立図書館・オレゴン州立図書館・オレゴン遺産委員会による連携組織です。

今回、マルトノマ郡図書館・オレゴン歴史協会・日系アメリカ人の歴史に関するポータルサイトDensho ・シアトル公共図書館・スポーケン公共図書館・ ヤキマバレー図書館・オレゴン州立図書館・ワシントン州立図書館といった70以上の機関の8万点以上のコンテンツが“Northwest Digital Heritage”を通じてDPLAに提供されました。これらコンテンツには、太平洋岸北西部におけるアジア系アメリカ人・先住民・アフリカ系アメリカ人の体験を記録したものが含まれています。

郡山市(福島県)と横浜市立大学の連携事業「こおりやま文学の森資料館所蔵フィルム修復」の調査結果:田山花袋らの映像を確認

2021年5月19日、横浜市立大学が、福島県の郡山市との連携事業「こおりやま文学の森資料館所蔵フィルム修復」の調査結果の報告に関して、プレスリリースを掲載しました。

2020年4月15日に同大学と同市の間で締結された協定に基づき、「こおりやま文学の森資料館」が所蔵する2本のフィルムについて、試験的な修復と調査が実施されました。プレスリリースでは、修復されたフィルムに、作家の久米正雄、里見弴、田山花袋の姿が確認できたと述べられています。

今後の事業展開として、修復が完了したフィルムのより詳細な調査、「こおりやま文学の森資料館」での映像の展示・公開等の活用の検討、今回対象外であった10本のフィルムの修復・調査の検討が挙げられています。

また、2021年5月26日に、庄司達也氏(横浜市立大学国際教養学部教授)から郡山市長への同事業の結果報告が、横浜市立大学金沢八景キャンパスと郡山市役所で、ウェブ会議システムを用いて行われます。

地元の著者の作品を蔵書の対象とし利用者にとって発見しやすくするための課題:カナダの公共図書館を対象とした調査(文献紹介)

2021年5月4日付で刊行された、“Pathfinder: A Canadian Journal for Information Science Students and Early Career Professionals”2巻2号に、カナダ・アルバータ大学図書館情報学大学院のRynnelle Wiebe氏による論文“Inclusion and Identification of Locally-Authored Items in Library Collections”が掲載されています。

本文献では、地元の著者(作家)の支援の一環として、公共図書館が、そのような著者の作品を、蔵書に含めているか/利用者に発見しやすくするようにしているか、を把握するため、ブリティッシュコロンビア州・アルバータ州・サスカチュワン州の12館を対象に、蔵書構築方針とメタデータの分析を行ったものです。

岩手県立図書館、特殊文庫「浦田敬三文庫」の利用が可能になったと発表:岩手の近代文学の研究者の旧蔵書の一部

2021年5月6日、岩手県立図書館が、特殊文庫として受け入れた「浦田敬三文庫」の整理作業が終わり、利用が可能になったと発表しています。

高校教諭の傍ら、岩手の近代文学を研究した故・浦田敬三氏の蔵書の一部(約2,900冊)です。

岩手県立図書館 お知らせ
https://www.library.pref.iwate.jp/
※「浦田敬三文庫が利用可能になりました[令和3年5月6日]」とあります。

浦田敬三文庫について(岩手県立図書館)
https://www.library.pref.iwate.jp/info/announce/20210506_urata.html

ページ