利用者教育

大阪大学附属図書館、『卒論・研究きちんとスタート!シリーズ』として2種類のe-learning教材を公開

2020年10月28日、大阪大学附属図書館は、論文検索や論文入手の基礎についてe-learningで学ぶことのできる2種類の自習用教材『卒論・研究きちんとスタート!シリーズ』を公開したことを発表しました。

シリーズ①の「学部4回生・大学院生のための日本語論文検索のキソ」は、人文社会科学系の学部4年生・大学院生を対象とした教材です。日本語論文検索データベースCiNii Articlesを事例とした研究テーマに関連する論文の情報を効果的に探す方法や、論文検索の必要性・データベースの使い分けを紹介する内容です。

シリーズ②の「学部4回生・大学院生のためのフルテキスト入手法」は、全分野の学部4年生以上の学生、大学院生、研究者を対象とした教材です。データベース検索結果や参考文献リストから、論文フルテキストを手に入れる効率的な方法や、同大学の環境での操作方法を紹介する内容です。

大阪大学附属図書館のウェブサイト上で、PDFファイル形式の教材のスライド、教材のスライドに基づく音声解説が収録されたmp4ファイル形式の動画、教材の事後課題などが提供されています。

京都大学図書館機構、「留学生学習サポート強化週間」の期間中に大学院生スタッフ「学習サポートデスク」による英語・中国語・韓国語・インドネシア語の講座を開催

2020年10月16日、京都大学図書館機構は、10月26日から11月13日までの期間を「留学生学習サポート強化週間」として、同大学附属図書館の大学院生スタッフ「学習サポートデスク(Learning Support Desk)」による留学生の学習サポートを強化することを発表しました。

「留学生学習サポート強化週間」の期間中、ウェブ会議サービスZoomを利用したオンライン形式で、英語による「電子リソースの利用方法」「文献の調べ方・集め方」「LaTeXの使い方」、中国語による「人文社会系の研究方法」「学術的な日本語の使い方」、韓国語による「実験レポートの書き方」、インドネシア語による「学術的な日本語の使い方」をテーマとした講座が、それぞれ「学習サポートデスク」のスタッフを講師として開催されます。京都大学図書館機構は、開催する各講座の録画を後日学内限定で公開する予定です。

【図書館機構オンライン講習会】留学生学習サポート強化週間のお知らせ(京都大学図書館機構,2020/10/16)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1387437

【イベント】トキャラ × Library NAVI ワークショップ(10/28・オンライン)

2020年10月28日、株式会社ブレインテックが運営する図書館と図書館にかかわる人たちのサイト“Jcross”により「トキャラ × Library NAVI ワークショップ」がオンラインで開催されます。

同ワークショップは、Jcrossのスタッフやマスコットキャラクター「ウパっち」と一緒に、図書館利用者をナビゲートする、手のひらサイズのリーフレット“LibraryNAVI”を作成するものです。

対象は図書館キャラクターのいる図書館の職員であり、事前の申込が必要です。

トキャラ × Library NAVI ワークショップ(Jcross)
https://www.jcross.com/sogoten/2020/event/tocharanavi/

英・ケンブリッジ大学図書館における著作権教育の合理化・効率化の実践(文献紹介)

2020年9月16日付で、英国逐次刊行物グループ(UKSG)が刊行するInsights誌に、英・ケンブリッジ大学図書館の図書館員らによる共著論文“Copyright life hacks for librarians”が掲載されています。

「著作権教育」は、図書館員・利用者の双方に十分な知識の伝達が必要なテーマとされながら、研修等への参加の促進にしばしば困難が伴います。同論文は、著作権リテラシーの学習に消極的な層にも働きかけ図書館員全体のリテラシーを向上させるために実践している同館の手法が、様々な不満をシンプルに賢く解決する「ライフハック」として紹介されています。

大阪電気通信大学図書館、ウェブサイト上でプレイして図書館の使い方を学ぶゲーム「図書館×謎ときゲーム OECUを救出せよ!」を公開

2020年9月21日、大阪電気通信大学図書館(大阪府寝屋川市)は、同館のウェブサイト上でプレイできる謎解きゲーム「図書館×謎ときゲーム OECUを救出せよ!」を公開したことを発表しました。

公開されたゲームはガイダンスのために図書館を訪れたプレイヤーが、同館のスタッフから行方不明になったマスコットキャラクターのOちゃん・Eちゃん・Cちゃん・Uちゃんの捜索を依頼され、捜索の手がかりとなる謎解きを通して図書館の使い方を学ぶ内容です。

ゲームは大学所属者以外でもプレイ可能で所要時間は40分程度です。2021年1月31日までにゲームをクリアした同大学の学部生・院生には先着順で景品が進呈されます。

カナダ・マギル大学図書館、図書館オリエンテーションのゲーム“Raising Spirits: A Timely Diversion”を公開

2020年8月27日、カナダのマギル大学図書館が、図書館オリエンテーションのゲーム“Raising Spirits: A Timely Diversion”を公開したことを発表しました。

発表によると、同ゲームは競争ではなく楽しむことを目的としたものであり、PCを使用することが推奨されています。また、ゲームをプレイする際には、同大学のキャンパスが北米の先住民・モホーク族の伝統的な居住地域に位置していることを意識して欲しいということ等が述べられています。

ゲームを開始するためには、同館の紹介動画を視聴し、動画に隠されたパスワードを探す必要があります。

E2287 - 城西大学水田記念図書館の利用者支援RPG『TOSHOKAN QUEST』

城西大学水田記念図書館のウェブサイト上で2020年5月11日から公開している『TOSHOKAN QUEST』は,新入生オリエンテーションの1コンテンツとして制作した,ブラウザ上でプレイできる図書館紹介ゲームである。

東北大学附属図書館本館、留学生向けに「新しい生活様式」下における同館の現在の内部の様子と蔵書検索システムによる図書の検索方法を英語で解説した動画を公開

2020年8月13日、東北大学附属図書館本館は、留学生向けの動画として“Welcome to New Normal Library”と“How to find books in Tohoku University Library”を公開したことを発表しました。

2本の動画は、2020年8月12日付けでYouTubeにアップロードされており自由に視聴することができます。“Welcome to New Normal Library”は、「新しい生活様式」下における同館の現在の内部の様子を英語で解説した内容です。“How to find books in Tohoku University Library”は蔵書検索システムによる図書の検索方法を英語で解説した内容です。

お知らせ(東北大学附属図書館)
http://www.library.tohoku.ac.jp/news/news.html
※2020/08/13欄に「【本館】留学生向け動画公開のお知らせ」とあります。

防災専門図書館、同館の紹介動画「行ってみよう! 日本唯一!! 防災専門図書館」を公開

2020年8月4日、防災専門図書館が、同館の紹介動画「行ってみよう! 日本唯一!! 防災専門図書館」を公開したことを発表しました。

動画の中では、同館までのアクセス、施設や蔵書の紹介等が行われています。

図書館の紹介動画を制作しました!(全国市有物件災害共済会,2020/8/4)
https://www.city-net.or.jp/library/archives/3937

行ってみよう! 日本唯一!! 防災専門図書館(YouTube, 2020/7/30)
https://www.youtube.com/watch?v=las7fUecuTc

大阪大学附属図書館生命科学図書館、同館の紹介動画「バーチャル図書館クエスト」を公開

2020年7月29日、大阪大学附属図書館はTwitterアカウントの投稿において、同館の生命科学図書館(大阪府吹田市)が図書館の紹介動画を公開したことを発表しました。

大阪大学附属図書館生命科学図書館がウェブサイト上で公開した同館の紹介動画「バーチャル図書館クエスト」は、4階建ての同館フロアの設備・概要・機能などを、医歯薬・看護学分野の雑誌の守護獣「Journaldon」、教科書・専門書等を守るモンスター「Bookrow」、知の探究者「Librarian」などに見立てて紹介し、図書館の活用方法を案内する内容です。

@OsakaUnivLib(Twitter,2020/7/29)
https://twitter.com/OsakaUnivLib/status/1288293685252116481

生命科学図書館の紹介動画(大阪大学附属図書館)
https://www.library.osaka-u.ac.jp/seimei/movie/

ページ