出版

著作者に権利を保持する内容の契約書を作成できるサイト“Science Commons”

SPARCが、“Science Commons”の名称で、著作者が著作物の権利を保持する内容での出版契約書を作成できるウェブサイトを立ち上げました。論文のタイトル、雑誌名、著作者の情報、出版社名、契約内容(いつウェブサイトで公開するか、等)を入力すると、PDF版の契約書ができあがります。これはCreative Commonsの1プロジェクトとしても位置づけられているようで、他のウェブサイトからも利用できるようようになっています。ただし、5月21日現在、日本語には対応していないようです。

Science Commons: Scholar's Copyright Agreement
http://scholars.sciencecommons.org/

SCIENCE COMMONS, SPARC ANNOUNCE NEW TOOLS FOR SCHOLARLY PUBLISHING - SPARC
http://www.arl.org/sparc/media/07-0517SC.html

ショーン・コネリー、スコットランド国立図書館のファンドレイジングに協力表明

スコットランド国立図書館(NLS)では、“John Murray Archive”を購入し、広く国民に利用することができるようにするため、これに要する資金の不足分650万ポンドのファンドレイジングを行っています。このファンドレイジング・キャンペーンに、俳優のショーン・コネリーが参加するとのメディア…

E648 - 米国における電子ブックの出版点数<文献紹介>

米国における電子ブック−出版点数,発展状況およびドイツとの比較 Just, Peter. Electronic books in the USA ? their numbers and development and a comparison to Germany. Library Hi Tech. 25(1), 2007, 157-164. 電子ブックの販売統計は,業界団体である国際デジタル出版フォーラム(IDPF: International Digital Publishing Forum)から定期…

Thomson、Reuterを買収しThomson Learningを売却

Thomsonが通信社Reuterを買収し、学習・高等教育部門のThomson Learningを売却すると発表しています。後者の売却先は、Apax PartnersおよびOMERS Capital Partnersとのことで、図書館向けレファレンスツール出版を行っていたGaleブランドも売却されます。The Thomson Corporation and Reuters Group PLC Recommended Transaction http://…

同人誌の整理に伴う困難とは?(米国)

米国では近年、自費出版される同人誌(fanzine, zine)を積極的に収集・提供する公共図書館・大学図書館が出てきています。ところが、これらの同人誌には書誌記述に必要な情報が欠けていることが多いばかりか、そもそも図書なのか雑誌なのかわからない、どのような件名を付与してよいかわか…

3出版団体、学術雑誌掲載論文の利用と著作権に関する白書を発表

国際STM出版社協会、米国出版社協会専門・学術出版部会(AAP/PSP)、学会・専門協会出版協会(ALPSP)の3団体が5月8日、連名で、学術雑誌掲載論文の利用と著作権に関する白書(意見書)を発表しました。・現在の学術出版が基本としている著作権の譲渡、独占出版権の付与によって、出版社は著…

Bnf、欧州デジタル図書館向けプロトタイプシステムを構築

フランス国立図書館(BnF)が、欧州デジタル図書館向けの電子図書館システム“Europeana”を試作し、公開しています。Europeanaのウェブサイトによると、BnFが提供する電子図書館Gallicaから約10,000点の資料を収録しているほか、ハンガリー国立図書館、ポルトガル国立図書館が所蔵する、電子化済み…

ドイツでOpen-access.netオープン

ドイツでオープンアクセスに関する総合情報サイトOpen-access.netがオープンしました。これは、ドイツ研究協会(DFG)の助成を受けて、ビーレフェルト大学、ゲッティンゲン大学、コンスタンス大学、ベルリン自由大学の各図書館が共同で運営するもので、オープンアクセスに関するニュース、コ…

研究者はどの程度、embargoを守っているのか?

2005年10月に創刊された雑誌“Nature Physics”創刊号の記事を素材に、研究者がどの程度、出版社が定める公開猶予期間(embargo)を遵守しているかを、英国サザンプトン大学の研究者がまとめています。刊行直後にウェブを検索したところ、掲載されていた8本の論文のうち、7本の著者最終版を発見…

SHERPAがSPARC Europeの賞を受賞

英国ノッティンガム大学を中心とするリポジトリ・プロジェクトSHERPAがSPARC Europeが主催する2007年度の「学術コミュニケーションにおける際だった功績に対する賞」を受賞しました。これは、リポジトリのディレクトリOpenDOAR、OAに対する出版社のポリシーを調査したデータベースRoMEO、研究助成団…

ページ