出版

IFLAのバーン会長、オーストラリア政府の「検閲」法案に反対意見を提出

オーストラリアには、法務省による刊行物等の審査・分類制度(Classification)がありますが、同省が2007年5月、「テロ行為を擁護する刊行物・映画・ゲームを審査の対象から外す(=審査以前のものとして禁止する)」という法改正案を作成し、パブリック・コメントを求めました。これに対し、…

中東の研究図書館事情

著名な科学ジャーナル"Science"を発行するAAAS(American Association for the Advancement of Science)の出版部門コーディネーターが、1ヶ月にわたって中東諸国を廻って各大学・図書館とミーティングを行い、その模様を報告しています。中東諸国は、繁栄を謳歌する地域がある一方で紛争等で政情不安定な地…

NISOのSERU、ドラフト0.9版に

米国情報標準化機構(NISO)のワーキンググループSERU (Shared E-Resource Understanding)が、図書館−出版社間の電子情報資源の契約に用いることができる標準化された利用条件等を記した覚書のドラフト0.9版を作成しました。Draft Recommended Practice for Trial Use Now Available - SERU, NISOhttp://www.niso.org/committees/SERU/NIS

SHERPA/RoMEOプロジェクト、集積した出版社ポリシー300に

リポジトリなどへのセルフアーカイビングに対するジャーナル出版社の方針を集積しているSHERPA/RoMEOプロジェクトが、データが300まで到達したと発表しています。Publisher policies on self-archiving: RoMEO reaches 300http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2007/06/news_romeo.aspxSHERPA/RoMEOhttp://www.sherpa.ac.uk/romeo.phpRoMEO Studies 8: sel…

UKSG、出版社を移るジャーナルの取り扱いについてのガイドラインを公表

電子ジャーナルの発行・提供元がある出版社から別の出版社に移ることがしばしばありますが、そうした際のルールや取り決めがこれまで曖昧であったため、アクセスが保障されなかったり混乱を来たすことがありました。そこで、英国逐次刊行物グループ(UKSG)はこうした出版社間を移動する…

どのように学術情報コンテンツの価値を高めていくのか?−東京、京都で国際セミナー

「学術情報コンテンツの価値を高めるために、図書館、出版社が行うことは?」このようなテーマ設定のもと、エルゼビア・ジャパン社の主催、国立情報学研究所(NII)の後援で7月2日(東京)・3日(京都)に国際セミナーが行われます。NIIの学術コンテンツサービス研究開発センターの展開に…

Penguin Books、ティーンエイジャーのためのオンラインブックコミュニティを9月に創設

英国の出版社Penguin Books社が、ティーンエイジャーのためのオンラインブックコミュニティサイト“Spinebreakers.co.uk”を9月に構築すると発表しています。このサイトは、4週間のインターンシップを経たティーンの主力編集者9名が7月に構築する予定であり、英国全土のティーン自らが編集者となっ…

著作権切れの図書を、ウェブ公開+オンデマンド出版する試み

米国ジョージア州アトランタのエモリー大学(Emory University)が、図書館で所蔵する著作権切れの図書を電子化しウェブ上で公開するとともに、amazon.comを通じてオンデマンド版の販売をおこなうと発表しました。対象となるのは、1923年以前に出版された蔵書約20万点で、得られた利潤は、図書の…

Microsoft、Live Search Booksに著作権保護期間内の書籍データも追加

Microsoft社の書籍検索プロジェクト“Live Search Books”に、出版社の許諾を得てデジタル化した著作権保護期間内にある書籍が加わりました。同社の“Windows Live”にユーザ登録すると、表紙、要約、目次のほか、一部分限定ですが中身を見ることができます。本全体のどの部分に検索語が出てくるか…

オープンアクセスと被引用数の増加とは関係ない?

大手学術出版社で構成する出版研究コンソーシアム(Publishing Research Consortium)が、『オープンアクセス論文はより大きな引用インパクトを持つか?』と題する調査研究レポートを発表しています。このレポートでは、OA化によって論文の被引用数(インパクト)は増大する(している)としてき…

ページ