デジタル人文学

米国議会図書館(LC)、キャプションや描画等で注釈を付与できる“Speculative Annotation”を公開

2021年7月29日、米国議会図書館(LC)が、LC Labsにおいて“Speculative Annotation”を公開したと発表しています。

同館の2021年のイノベーター招聘プログラムInnovator-in-Residenceにおいて、アーティストのマクレラン(Courtney McClellan)氏が学生や教員による利用を念頭において作成した無料のアプリで、LCのコレクションから選定された資料を選択し、キャプションや描画等で注釈を付与する機能があります。

図書館員が付与した注釈例やリンクされた資料を用いて、資料に関するさらなる調査が可能なほか、自身での調査に基づいて同館のオンラインレファレンスサービスAsk a Librarianでレファレンスサービスを受ける事もできます。

マクレラン氏は、教員が、“Speculative Annotation”で作成したものをハッシュタグ#annotateLOCを付与してソーシャルメディア上で共有し、当該資料とその今日との関係についての全国規模での議論に参加することを期待すると述べています。

8月26日には、マクレラン氏や現代芸術の専門家等によるウェビナーも開催されます。

人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)、「edomi - 江戸をみる/みせるデータポータル」を公開

2021年7月29日、人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)が、「edomi - 江戸をみる/みせるデータポータル」を公開しました。

edomiは、江戸をみる/江戸をみせるデータが集まる江戸に関するデータポータルとなることが想定されています。さまざまなデータをカテゴリごとに公開する仕組みとなっており、今回のポータルサイトの公開に合わせて、トラベルとショッピングのカテゴリを中心としたデータが掲載されました。

edomi - 江戸をみる/みせるデータポータルを公開しました。最初の公開として、トラベルとショッピングのカテゴリを中心にデータを掲載しています。(CODH,2021/7/29)
http://codh.rois.ac.jp/news/#20210729

edomi - 江戸をみる/みせるデータポータル(CODH)
http://codh.rois.ac.jp/edomi/

米・ブリガムヤング大学、女性向け新聞に掲載された広告の画像を検索・閲覧できるデータベースを公開

2021年7月20日、米国のブリガムヤング大学(Brigham Young University:BYU)が、女性向け新聞“Woman's Exponent”に掲載された広告のデジタル化画像を検索・閲覧できるデータベース“Exponent Advertisements”の公開を発表しました。

“Woman's Exponent”は、1872年から1914年にかけてユタ州のソルトレークシティで発行された新聞であり、地域や一般のニュース、家事のコツや教育に関する情報を掲載していました。

データベースでは、約4,000の広告画像について、キーワード等による検索、年・広告を出している事業者・産業ごとにまとめられた画像の閲覧、広告画像数の経年変化を示したグラフの表示といった機能が提供されています。画像はパブリックドメイン、グラフや検索結果等の画像以外のコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BYで公開されています。

E2400 - 人文学資料デジタル化の国際的な枠組みが日本語ルビを導入

2021年2月25日,人文学のテキスト資料を構造化するための国際的な取り決めとして30年来欧米諸国のデジタル人文学において基盤となってきたTEI (Text Encoding Initiative)ガイドラインのP5 version 4.2.0 において,日本語のルビが文書構造の一つとして導入された。これにより,国際的な人文学研究データを共有するネットワークにおいて日本語テキスト資料がより適切な形で利活用されることとなった。

東洋文庫、「『大正新脩大蔵経』底本・校本データベース」と「酉蓮社(旧増上寺報恩蔵)蔵嘉興版大蔵経目録データベース」を公開

2021年7月6日、公益財団法人東洋文庫が、「『大正新脩大蔵経』底本・校本データベース」と「酉蓮社(旧増上寺報恩蔵)蔵嘉興版大蔵経目録データベース」の公開を発表しました。

「『大正新脩大蔵経』底本・校本データベース」は、『大正新脩大蔵経勘同目録』と『大正新脩大蔵経』の脚注に記載される第1巻から第55巻の底本・校本に関する情報を対照して一覧するためのデータベースとあります。

「酉蓮社(旧増上寺報恩蔵)蔵嘉興版大蔵経目録データベース」は、酉蓮社が所蔵する『嘉興版大蔵経』のうち、『大正新脩大蔵経』が底本・校本として採用した経典をスキャンし、IIIF化して書誌データとリンクさせたと述べられています。

【リサーチ】『大正新脩大蔵経』底本・校本データベース、酉蓮社(旧増上寺報恩蔵)蔵嘉興版大蔵経目録データベース公開のお知らせ(東洋文庫, 2021/7/6)
http://www.toyo-bunko.or.jp/oshirase/oshirase_showeach_db.php?tgid=226

【イベント】第15回CODHセミナー「IIIFとAIで変わる美術史研究 - 大規模顔貌データの様式分析から読み解く日本中世絵巻」 (7/29・オンライン)

2021年7月29日、第15回CODHセミナー「IIIFとAIで変わる美術史研究 - 大規模顔貌データの様式分析から読み解く日本中世絵巻」がオンラインで開催されます。

美術史における基本的な研究手法である顔貌表現の比較による様式分析は、IIIFの普及・「顔貌コレクション(顔コレ)」といったオープンデータの公開・人工知能(AI)の活用により、近年、大規模化のための環境が整ってきていることから、それらを活用して「遊行上人縁起絵巻」(清浄光寺甲本、遊行寺宝物館蔵)の研究を行っているCODHと東京大学のチームが、活用した手法やツールを紹介するとともに、美術史をはじめとする画像を活用した人文学研究を大規模化するための知見を共有することを目的に開催されます。

主な内容は以下の通りで、参加費は無料ですが事前の申し込みが必要です。

・美術史におけるデータ駆動型人文学研究の展開 - IIIFやAIでどう変わるか?
北本朝展氏(ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所)

・「顔貌コレクション」 IIIF Curation Platformを活用した研究基盤の構築と展開
鈴木親彦氏(ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所)

人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)、「武鑑全集」の「差読プラットフォーム」と画像比較ツール「vdiff.js」を公開

2021年6月25日、人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)が、「武鑑全集」の「差読プラットフォーム」と、画像比較ツール「vdiff.js」の公開を発表しました。

「武鑑全集」は、『武鑑』を網羅的に解析し、江戸時代の大名家や幕府役人に関する人物・地理情報などの中核的情報プラットフォームを構築するプロジェクトです。「差読プラットフォーム」は、異なる版の差分を可視化するためのものであり、現在試験公開されています。

画像比較ツール「vdiff.js」は、同プラットフォームでも活用されており、2枚の画像を重ね合わせる射影変換行列の外部指定および自動推定機能を備えた比較表示ビューアと、比較表示結果を修正する比較表示エディタを含んでいるとあります。

ニュース(CODH)
http://codh.rois.ac.jp/news/
※2021年6月25日付で、「差読プラットフォーム」と「画像比較ツールvdiff.js」の公開についてのお知らせが掲載されています。

イタリア・ボローニャ大学図書館、故ウンベルト・エーコ氏の書斎での排架通りに旧蔵書を排架するスペースを館内に設置へ:バーチャルなデジタルライブラリーも計画

2021年6月17日付けのイタリア・ボローニャ大学の機関紙(オンライン)UniboMagazineが、同大学の元教授で作家・哲学者・記号学者の故ウンベルト・エーコ氏の書斎(Library)の雰囲気を再現したスペースを同大学の図書館に設置するプロジェクトが発表されたと報じています。

同館の「20世紀翼棟(20th-century wing)」内に、張り出し通路(walkaway)で2層に分けられた白い書架を設置し、同氏のミラノの自宅の白い高書架での排架場所を参照して図書を排架するとしており、閲覧室を設け、専門職員も配置されます。加えて、情報可視化システムにより新たな分析手法の構築を促すデジタルライブラリー“ECO'S DIGITAL MODERN LIBRARY”も計画されており、物理的な構成(書架)と意味的な構成(図書の排架場所から想起される概念のネットワーク)双方で3Dビューアーのアプリを通じてアクセスできるとしており、ウンベルト・エーコの思想を物理的にもデジタル的にも探究できると説明されています。

米国議会図書館(LC)、同館のコレクションを活用したデジタル人文学研究を支援する“Computing Cultural Heritage in the Cloud”プロジェクトの開始を発表

2021年6月17日、米国議会図書館(LC)が、“Computing Cultural Heritage in the Cloud”プロジェクトの開始を発表しています。

同プロジェクトは、LCのコレクションと最先端の技術を組み合わせた大規模なデジタル人文学研究を支援するものです。アンドリュー W.メロン財団からの100万ドルの助成を受けて、デジタル人文学・コンピュータ科学の3人の研究者と同館の主題専門家・技術専門家が協力して以下の取組を行います。

・Lincoln Mullen氏(ジョージ・メイソン大学美学美術史学部准教授)
同館のコレクション全体から聖書の引用箇所を検出する“America’s Public Bible: Machine-Learning Detection of Biblical Quotations Across LOC Collections via Cloud Computing”

人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)、「ARC浮世絵顔データセット」を公開

2021年6月7日、人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)が、「ARC浮世絵顔データセット」を公開したと発表しました。

Google Brain TokyoのYingtao Tian氏らの共同研究グループにより、機械学習を用いて浮世絵から顔領域を自動抽出して作成されたデータセットです。立命館大学アート・リサーチセンター(ARC)が国立情報学研究所(NII)の情報学研究データリポジトリ(IDR)で公開している「立命館ARC所蔵浮世絵データベース」が対象であり、2021年6月時点のデータ件数は9,203件の浮世絵画像から抽出された1万6,653件です。

データセットは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC BYで提供されています。また、データセットの他、データをダウンロードし分析するスクリプトも提供されています。

デジタル浮世絵研究(CODH)
http://codh.rois.ac.jp/ukiyo-e/
※「更新情報」に2021年6月7日付で「ARC浮世絵顔データセットを公開しました。」とあります。

ページ