ポーランド

FamilySearch、170万以上の系図記録と画像を追加したことを発表

2014年7月23日、系図記録を収集,保存する非営利団体FamilySearchが、カナダ、クロアチア、ペルー、ポーランド及び米国の170万以上の系図記録と画像をコレクションに追加したことを発表しました。

FamilySearch Adds More Than 1.7 Million Indexed Records and Images to Canada, Croatia, Peru, Poland, and the United States(FamilySearch, 2014/7/23)
https://familysearch.org/node/2559

FamilySearch Adds More Than 1.7 Million Indexed Records and Images to Canada, Croatia, Peru, Poland, and the United States(FamilySearch Blog, 2014/7/24)
https://familysearch.org/blog/en/familysearch-adds-17-million-indexed-records-images-canada-croatia-peru-poland-united-states/

FamilySearch

CA1805 - ポーランドとその過去 ―国民記憶院の活動― / 梶さやか

「国民記憶院―ポーランド国民に対する犯罪追及委員会」(Instytut Pamięci Narodowej –Komisja Ścigania Zbrodni przeciwko Narodowi Polskiemu、以下IPN)は、ヨーロッパの旧社会主義国の多くに見られる、社会主義時代の公安・秘密警察組織の文書を保管する国家機関の一つであるが、他国の類似機関と異なる機能も有する。...

2005年から2012年までの世界のOAリポジトリの発展状況についての論文(記事紹介)

2013/10/16に、Stephen Pinfieldほかの論文"Open-access repositories worldwide, 2005-2012: Past growth, current characteristics and future possibilities "が公開されました。この論文は、OpenDOARのデータを使用して、2005年12月から2012年12月までの世界のOAリポジトリについての発展状況を報告したもので、Innovation Diffusion Theoryという手法を使用して、リポジトリの傾向や特徴を分析しているとのことです。

Open-access repositories worldwide, 2005-2012: Past growth, current characteristics and future possibilities (White Rose)
http://eprints.whiterose.ac.uk/76632/

"Open-Access Repositories Worldwide, 2005-2012: Past Growth, Current Characteristics and Future Possibilities" (DigitalKoans)

自転車でクール バイシクールライブラリー(ポーランド)

2013年4月18日のNAPLEのブログで、ポーランドの“バイシクールライブラリー(Bicycool Library)”というプロジェクトが紹介されています。

2010年に始まったこのプロジェクトは、本と自転車を愛する図書館員によって行なわれているもので、読書振興と自転車振興、そして図書館アドヴォカシーを目的に実施されているものです。また、図書館員に対するステレオタイプな見方を打破する狙いもあるようです。

活動マップを見ると、活動はポーランド全域に広がっているようで、ポーランドの様々な都市で図書館や書店近くを自転車で巡ったり、ブッククロッシングや文芸コンテスト、ピクニック等の各種イベントを実施しているようです。

Bicycool Library
http://bicycoollibrary.org/

Bicycool Library (NAPLE 2013/4/18付けの記事)
http://napleblog.wordpress.com/2013/04/18/bicycool-library/

参考:
コペンハーゲンからベルリンへ、“Cycling for Libraries”快走中!
http://current.ndl.go.jp/node/18326

自転車をこよなく愛す図書館員たち、IFLA大会会場を目指す

電話ボックスをミニ図書館に変える“BiblioboXX”プロジェクト フランス・ドイツを中心に拡大中

2012年12月1日付けのBibliofrance.orgの記事によると、フランスとドイツを中心に、使われなくなった電話ボックスをミニ図書館に変える“BiblioboXX”(ドイツ語では“Bu"cherboXX”)というプロジェクトが進行中のようです。フランスのFranceTelecom-Orange社等の企業から電話ボックスの提供を受け、学生等がそれにペイントをする等して図書館に変えて設置しているようです。なお、このプロジェクトは、フランス、ドイツのほかに、デンマーク、ノルウェー、ポーランドでも行われているようです。

BücherboXX
http://www.xn--bcherboxx-q9a.com/

FRANCE TELECOM : les BiblioboXX : des cabines téléphoniques transformées en bibliothèque (Zone Borse 2012/12/1付けの記事)
http://www.zonebourse.com/FRANCE-TELECOM-4649/actualite/FRANCE-TELECOM-les-BiblioboXX-des-cabines-telephoniques-transformees-en-bibliotheque-15558016/

ポーランド国立図書館の書誌レコード130万件がOCLC WorldCatへ

ポーランド国立図書館(Biblioteka Narodowa)とOCLCの間で、同館のポーランド語の書誌レコード130万件をWorldCatに追加することについて合意に至ったと発表されました。現在WorldCatに収載されたポーランド語のレコードはおよそ140万件ということで、今回の追加によってほぼ倍になることになります。

National Library of Poland to add 1.3 million records to WorldCat(OCLC 2012/11/6付けニュース)
http://www.oclc.org/news/releases/2012/201269.htm

フランスとポーランドの両国立図書館が18世紀末の画家ノルブランの作品のデジタル化で協定を結ぶ

2011年10月7日に、フランス国立図書館(BnF)とポーランド国立図書館との間で、18世紀末から19世紀にかけて活躍した画家のジャン-ピエール・ノルブラン・ド・ラ・グルデーヌ(フランス語名Jean-Pierre Norblin de La Gourdaine/ポーランド語名 Jan Piotr Norblin)の作品をデジタル化することで協力協定が結ばれたようです。これは、フランス生まれのノルブランが、1774年以後30年にわたってポーランドのワルシャワに滞在して作品を生み出し続けていたためで、デジタル化された作品は今後ポータルサイトで提供されることになるようです。

Jean Pierre Norblin
http://norblin.bn.org.pl/

La BnF signe une convention de coopération avec la Pologne autour de l’oeuvre du peintre Norblin (PDF)(BnF 2011/10/7付けのプレスリリース)
http://www.bnf.fr/documents/cp_pologne_norblin.pdf

ポーランド国立図書館、書誌コントロール等の最新動向を紹介するブログを開設

2011年9月12日に、ポーランド国立図書館が3つ目となる公式ブログ“Porządek Rzeczy”を開設したようです。このブログでは、書誌コントロール等に関連したイベントや新規則等の情報、およびそれらに関するポーランド内外の研究動向等について紹介するようです。

Porządek Rzeczy
http://porzadek-rzeczy.bn.org.pl/

Porządek Rzeczy - nowy blog Biblioteki Narodowej (Biblioteka Narodowa 2011/9/12付けの記事)
http://www.bn.org.pl/aktualnosci/276-porzadek-rzeczy---nowy-blog-biblioteki-narodowej.html

ポーランド国立図書館による図書館界・図書館情報学ポータルサイト“BABIN 2.0”

2011年7月25日付けのポーランド国立図書館(Biblioteka Narodowa)のニュースで、同館の提供している“BABIN 2.0”というウェブサイトが紹介されています。“BABIN 2.0”は、特にポーランド国外における図書館界・図書館情報学の最新動向の紹介を目的としたもので、ウェブサイトでは20か国の学術雑誌150誌に掲載されている、図書館情報学に関連した特色ある論文を取り上げて、その内容の紹介を行っているようです。

BABIN 2.0
http://babin.bn.org.pl/

ベルリン国立図書館、オーストリア国立図書館とポーランド国立図書館それぞれと協力協定を結ぶ

ドイツのベルリン国立図書館(Staatsbibliothek zu Berlin)が、オーストリア国立図書館とポーランド国立図書館それぞれとの間で協力協定を結んだようです。2011年6月9日に結ばれたオーストリア国立図書館との協定内容は、職員の人事交流による研修をメインとしたもので、6月21日に結ばれたポーランド国立図書館との協定内容は、コレクションのデジタル化やそれぞれの言語の書誌情報の維持・共有等を目的としているようです。

Österreichische Nationalbibliothek und Staatsbibliothek zu Berlin schließen Kooperationsvereinbarung (Staatsbibliothek zu Berlin 2011/6/9付けのニュース)
http://staatsbibliothek-berlin.de/nc/ueber-uns/presse/detail/article/2011-06-09-4835.html

Österreichische Nationalbibliothek schließt Kooperationsabkommen mit Staatsbibliothek zu Berlin (Österreichische Nationalbibliothekのニュース)

ページ